テクミのブログとは

  • その他
  • 2016年07月26日(火)

空間デザイン学科の「建築課題作品展」に行ってきました!


会場設営に取り組む学生たち
会場設営に取り組む学生たち
  1. 
  
会場設営に取り組む学生たち
  2. 
  
セカンドハウスとしての「軽井沢山荘」をテーマにした2年生の作品
  3. 
  
3年生のテーマは幅広い年齢層が共に心地よく暮らせる「大宮3丁目の集合住宅」
  4. 
  
敷地面積や構造にとらわれない自由な発想が求められた4年生のテーマ「建築博物館」

こんにちは。

最近、キャンパスのあちこちで前期試験の勉強に励む学生さんを見かけることが多くなってきました。夏休みを気持ちよく迎えるためにも、学生のみなさん、頑張ってくださいね!

先日、711日~17日まで開催していた空間デザイン学科の「建築課題作品展」を見学してきました☆

この作品展は、来年4月に梅田キャンパスに移転する同学科の学生の作品を一足先に多くの方々に見ていただく機会を、と梅田・NU茶屋町B1階ギャラリーを会場に開催し、2年生から4年生の学生の計22点の作品を展示しました。

建築設計演習では、学年が上がるごとに設計条件が高度化し、建築への高い知識が求められます。今回、4年生に課せられたテーマは「建築博物館」。建築の技術と文化の拠点となるような施設の提案に取り組みました。

作品展示は、学内でも頻繁に実施しており、後期にも大宮キャンパスの図書館ラーニングコモンズや2号館5階の工学部予備室前に展示を予定しているそうなので、お楽しみに♪

TOPヘもどる