常翔学園 大阪工業大学 最新の科学技術を追求する大阪工業大学の基本理念、入試情報、学部学科、研究施設のご紹介や大宮・枚方キャンパスのご案内。 http://www.oit.ac.jp/ 常翔学園 大阪工業大学 2017-10-22T17:08:34+09:00 台風接近に伴う交通機関の運行停止および気象警報発令時の授業措置について http://www.oit.ac.jp/japanese/news/index.php?i=4536 2017-10-20T12:31:00+09:00 2017-10-20T12:43:51+09:00 台風接近に伴う交通機関の運行停止および気象警報発令時の授業措置について 交通機関の運行停止、暴風警報および特別警報発令に伴う授業措置については、本学で定める「交通機関の運行停止・気象警報発令に伴う授業措置」のとおり取り扱いますのでご留意ください。 詳細は以下のリンク先でご確認ください。 ※注:大雨警報では休講にはなりませんのでご注意ください。 10月23日(月)インターンシッププログラム総括報告会・情報交換会ご参加予定の企業様へ開催中止のお知らせ http://www.oit.ac.jp/japanese/news/index.php?i=4537 2017-10-20T12:30:00+09:00 2017-10-20T12:50:16+09:00  10月23日(月)に大型で強い勢力の台風が近畿地方に接近することが予想されるため、学生の安全配慮の観点から、現時点でインターンシップ総括報告会・情報交換会の開催を中止とさせていただきます。ご理解の程何卒よろしくお願いいたします。 ロボティクス&デザイン工学部が台湾・台北科技大学と国際PBLを実施~農作業支援ロボットの開発~ http://www.oit.ac.jp/japanese/news/index.php?i=4521 2017-10-13T20:55:00+09:00 2017-10-19T15:11:06+09:00 ロボティクス&デザイン工学部は、協定校の台湾・台北科技大学と約2カ月間にわたり国際PBL(Project-Based Learning)を実施しました。本プロジェクトは新しい取り組みとして、梅田キャンパスに隣接するヤンマーから提案のあったテーマを受け、台北科技大生6人(機械工学科とデザインカレッジ)と本学学生6人(ロボット工学科と空間デザイン学科)の12人で課題解決に向けて取り組みました。  6月30日~7月28日にかけて台北科技大の学生を梅田キャンパスに迎え、テーマを共有することから始まりました。多くの農作業機器を製造、販売しているヤンマーから与えられた課題は、今後の高齢農作業者の増加に伴い、小規模農業での安価で効果的な革新的小型農業支援機器の開発でした。  この課題に対してプロジェクトメンバーは、小規模農家を訪問し、ヒアリングを行いました。また、ヤンマー長浜工場でトラクターなどの農機具を見学し、さらにアイデアを膨らませ、デザイン系と機械系のグループに分かれて作業がスタートしました。デザイングループは、ペルソナ設定、デザインスケッチなどの作成を担当。機械系グループは、クローラーを用いた運搬車の模型製作、農作業者の追従方式などを検討し、試作装置の製作に取り掛かりました。  8月6日~30日にかけては場所を台北科技大に移し、同じメンバーで引き続きプロジェクトを実施しました。運動場での走行実験などを行い、それぞれの機能が動作することを確認し、8月30日の修了式で参加学生に修了証が手渡されました。  そして、9月28日には台湾と日本でネットを介して最終報告会を実施し、参加学生たちはヤンマーおよび両大学の関係者に対してプロジェクトの成果を英語で報告しました。同社の担当者からは、「短期間で多くのアイデアを出し、試作が完成できたことは大きく期待を超えるものだった」と労いの言葉をいただきました。また、参加した学生からは、「2カ月間で国際的な交流を深められた」、「非常に大きな経験と自信につながった」という声が上がりました。今後も、このような企業からの課題にグローバルチームで取り組むI²PBL(Industry theme-based International PBL)を推進し、効果的なエンジニア教育を実践します。 「大阪サイエンスデイ」を開催します http://www.oit.ac.jp/japanese/news/index.php?i=4520 2017-10-13T15:14:00+09:00 2017-10-13T15:18:42+09:00 地域の理工系人材育成を支援する活動の一つとして、10月21日(土)~22日(日)、「大阪サイエンスデイ~若き科学者たちの挑戦~」を開催します。 21日(土)および22日(日)は「第7回科学の甲子園大阪府大会」を開催します。21日は梅田キャンパスで筆記競技、22日は大宮キャンパスで実技競技を行います(共催:大阪府教育委員会)。 21日(土)は梅田キャンパスで「第10回大阪府生徒研究発表会」を開催します(共催:大阪府教育委員会、大阪府立天王寺高等学校)。科学・技術に関する課題研究に取り組む大阪府下のスーパーサイエンスハイスクール指定校などの生徒らがオーラルセッションやポスターセッションなどを行うほか、大阪府立天王寺高等学校が企画する講演会やワークショップなどに本学教員が協力します。 【基調講演】  「人の心を読む」~生理心理学からAIまで~   ロボティクス&デザイン工学部長 大須賀美恵子 教授 【ウルトラレッスン】 ・「3Dプリンタで作る人工の手」   ロボティクス&デザイン工学部システムデザイン工学科 吉川雅博 准教授 ・「想像力と創造力」~家具、インテリアデザイン、建築設計から都市計画まで~   ロボティクス&デザイン工学部空間デザイン学科 郡 裕美 教授 ・「生物の電気現象と計測」   工学部生命工学科 宇戸禎仁 教授 【ミニ講演&ワークショップ】  「宇宙開発の現状と今後について」   工学部機械工学科 田原弘一 教授 「フランク・ロイド・ライト生誕150年記念シンポジウム」を開催 http://www.oit.ac.jp/japanese/topics/index.php?i=4515 2017-10-12T14:22:00+09:00 2017-10-12T14:23:31+09:00 【知的財産研究科 連続企画】中小企業の知財戦略セミナー in MOBIO(第4回)開催しました http://www.oit.ac.jp/japanese/news/index.php?i=4514 2017-10-12T14:15:00+09:00 2017-10-19T15:15:29+09:00  10月11日、クリエイション・コア東大阪にて『知的財産と情報検索 ~無料データベース利用を中心とした知財情報の活用について~』をテーマに、知的財産学科の杉山典正准教授によるセミナーを開催しました。  今回は、50人を超える参加者を対象に、INPIT(独立行政法人工業所有権情報・研修館)が提供する無料の特許検索サービスである「J-PlatPat」を中心に、知財情報検索の紹介から、パテントマップ作成までの流れについて解説しました。特に、パテントマップでは、得た情報を単にグラフ化するだけでなく、有意性の高い情報獲得を目的とした可視化を実現できるよう、実際の調査・分析事例を交えた講義を行いました。  今年度の本セミナーは合計4回の開催で、今回が最終となります。地元企業の方を初め、多くの方にご参加いただき、盛況のうちに終了しました。ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。 ※本セミナーは、このたび大阪工大が立ち上げた地域産業技術プラットフォームの活動にも関連する内容であり、今後も継続してセミナーを開催する予定です。 ロボティクス&デザイン工学部教員対象「デザイン思考ワークショップ」を開催 http://www.oit.ac.jp/japanese/news/index.php?i=4504 2017-10-05T16:23:00+09:00 2017-10-10T16:46:52+09:00 9月15日、16日の2日間にわたり、梅田キャンパスにて「デザイン思考ワークショップ」を開催しました。ロボティクス&デザイン工学部システムデザイン工学科客員教授のWilliam Cockayne博士(アメリカ・スタンフォード大学講師)と同客員教授のTamara Carleton 博士(CEO & founder, Innovation Leadership Board LLC)が講師として来学し、同学部教員のべ41人が参加しました。 ワークショップでは、スタンフォード大学の大学院で行われている『ME310』というデザイン思考を用いた産学連携演習での指導方法を体験。特に、課題の設定、チーム編成、課題のキーワード抽出、ベンチマーキングなどの各段階での具体的な手法や、チームの中で相手のアイデアを否定せず、さらに膨らませる手法など、各教員が学生を指導する上での重要なポイントを多く習得することができました。 このワークショップで学んだスタンフォード大学流の「デザイン思考」を同学部の学生指導に落とし込み、1年次後期からスタートする科目である『デザイン思考実践演習』や、RDクラブの中で実践していくとともに、今後は、企業向けのワークショップも開催していく予定です。