1. トップページ
  2. ニュース

ニュース

「おおさかものづくりコレクション2016」に参加しました

2016年11月14日

  • 「鋳型でつくるオリジナルペンダント」の体験の様子 「鋳型でつくるオリジナルペンダント」の体験の様子
  • 世界に1つだけのペンダントを作製 世界に1つだけのペンダントを作製

 11月13日、ハービスHALL(大阪市北区)で開催された「おおさかものづくりコレクション2016」にものづくりセンターの岩田英樹技師と学生3人が参加しました。このイベントは子どもたちにものづくりを体験してもらい、将来の技術者を目指す人材を育成することを目的に大阪府職業能力開発協会が主催するものです。本学は「鋳物でつくるオリジナルペンダント教室」を実施し、小学生20人が体験しました。
 子どもたちには事前にペンダントのデザインを考えてもらい、型の原型となる3㎝四方の木材に彫刻刀でデザインを彫ってもらいました。出来上がった木材を型枠に入れ、特殊な砂を敷き詰めて固め、そこから慎重に木材を取り除くと空洞ができ、これが鋳型になります。木材を取り除いた空洞部分に138℃で溶ける特殊な合金を流し込み、冷やし固めた後、研磨してオリジナルのペンダントを作製しました。
 普段体験することができない鋳物で、オリジナルペンダントを作製した子どもたちから「自分の考えたデザインが形になるのがうれしかった」などの感想が寄せられました。

一覧はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学