1. トップページ
  2. 大学紹介
  3. 大学教育再生加速プログラム(AP)
  4. 大学教育再生加速プログラムに関する大阪工業大学の取り組み

文部科学省採択教育プログラム

大学教育再生加速プログラムに関する大阪工業大学の取り組み

これまで本学が推進してきた大学教育の「質的転換」の取り組みをより精密かつ実効的に、また社会全般からの信頼性も高い形で実行するため、今後、以下の改革に取り組みます。

  • 社会のニーズを踏まえた3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)改定と、全教職員への認識共有による体系的・組織的な教育活動
  • 学修成果の客観的評価方針策定と、ミニマム・リクワイアメント明示による厳正な進級・卒業認定
  • ディプロマ・サプリメント及び運用システムの開発と、修学指導や就職活動・採用選考での活用
  • 学外人材からの助言評価や、卒業生・企業等への調査を通じた教育改善への活用手法の確立

3ポリシーに基づく教育活動の実施

(1)ディプロマ・ポリシーの具体化・明確化と体系的・組織的な教育

  • 卒業生調査により、学生が身に付けるべき力(OIT学士力)を具体化、実効力評価委員会の検証に基づきディプロマ・ポリシー改定
  • カリキュラム・マトリクスを作成し、各教員の役割を明確化
  • 4年間で段階的に力を身に付けられる履修モデルを開発
  • 分野別質保証を有効にする教育課程改編など、総合的な学部教育改革

(2)ディプロマ・ポリシーと社会との関係の明確化と、学生のキャリア形成の取組

  • OIT学士力強化のためのキャリア形成支援手帳の制作
  • ディプロマ・サプリメント・システムの開発と、教員による学生の個別履修指導
  • 学生の主体的行動と成長を促すキャリア開発講座
【達成目標】
  • 授業外にも主体的に学ぶ学生を育成する。
  • 全教職員が学生のOIT学士力の獲得に主体的に関わる。
  • 全ての学生が、「大学教育で成長を実感できる」。
  • 全ての学生が、「自己の成長が記録されたシステム」を活用する。

卒業段階で身に付けた力の客観的評価の仕組みの構築

(1)アセスメント・ポリシー策定と、全教職員による教育改善活動

  • 認知的能力・汎用的能力、一般教養、専門知識についてアセスメント・ポリシーを策定、到達度確認テストや教員評価の実施
  • 授業アンケートの抜本的改革と教育改善への活用
  • 評価データIR( Institutional Research)分析、教育推進委員会へ報告と改善実行

(2)各科目の成績評価基準の明確化と、厳正な進級・卒業認定

  • 成績評価基準の明確化、ミニマム・リクワイアメントの導入・提示
  • 各学生のディプロマ・ポリシー達成度の可視化、ミニマム・リクワイアメントの達成を進級・卒業認定要件とするなどの抜本的改革
【達成目標】
  • 学生の累積GPの底上げを図る。
  • 全学生のディプロマ・ポリシー達成度を把握し、教育改善策を検討・実行する。

学修成果を社会に提示する手法の開発

(1)卒業時の学修成果の客観的提示方法の開発

  • 実効力評価委員企業等とのディプロマ・サプリメントの共同開発
  • ディプロマ・サプリメント・システムとディプロマ・サプリメントの連動
  • 就職活動やOB在籍企業の採用選考でのディプロマ・サプリメント活用
【達成目標】
  • ほぼ全学生の進路決定、より多くの学生が中堅・大企業へ就職
  • 採用選考でディプロマ・サプリメントを利用する企業等を拡大する。

学外人材との協働による助言・評価の仕組みの構築

(1)学外の多様な人材との協働による外部評価委員会の設置

  • 企業、自治体、教育委員会等で構成する「実効力評価委員会」を設置、 本学の教育改善への助言評価を受ける。

(2)卒業後の学修成果活用状況の把握・分析と、教育改善への活用システムの開発

  • 企業満足度調査により、教育成果と課題を把握・分析
  • 卒業生インタビュー調査により、就職後の学修成果活用状況を把握、課題発見、教育改善策を抽出
  • 卒業生アンケート調査により、教育改善策を絞り込む
  • 在校生アンケート調査により、現状把握と課題発見
  • 学修成果や学生データを一括集約する教育IRシステム開発
  • 教育IR統括委員会の設置とプラン策定、進捗管理
【達成目標】
  • 厳正な成績評価や個別修学指導等のFD研修へ全教員参加。
  • より多くの卒業生の活躍状況を追跡し、評価・改善提案を受ける。
  • 全学部・全学科で教育改善を実行する。

ページの上部へ

大阪工業大学