1. トップページ
  2. 大学紹介
  3. 大学概要:学長からのメッセージ

大学紹介

学長からのメッセージ

「選ばれる大学」として、教育、研究の充実と意識改革を推進 学長/工学博士 西村 泰志

 2018年度は、教育・研究改革や教職員の意識改革をさらに確実に進める年といたします。目前に迫った2022年の学園創立100周年、さらにその20年後、30年後を見据えて「選ばれる大学」であり続けるために、教育の質の向上や研究ブランディングの推進、キャンパス整備に取り組んでまいります。
  2016年度には、本学の卒業時における質保証の取り組みが国の支援事業である「平成28年度 大学教育再生加速プログラム(AP)「高大接続改革推進事業」-テーマⅤ 卒業時における質保証の取組の強化-」に関西の私立大で唯一選定されました。今年度も引き続きこの活動を推進し、ミニマム・リクワイアメント(学ぶべき最低基準)の明示や適正な基準に基づく成績評価の厳正化により、教育の質の保証を確実なものにしてまいります。研究ブランディングにおいては、地域企業の新製品や新サービスの開発をサポートする「地域産業支援プラットフォーム(OIT-P)」が昨年11月に文部科学省の「平成29年度私立大学研究ブランディング事業(タイプA【社会展開型】)に採択されました。これを機に「ものづくりを支える大学」というブランドの確立をさらに図ってまいります。キャンパス整備においては、大宮キャンパスの新校舎の建設や既存校舎の耐震補強を進めてまいります。
  本学の特色の一つに「就職の良さ」があります。実就職率96.9%という数字の背景には多くのことが隠されています。熱心な就職指導はもちろんですが、専門職業人を育成するための実践的な教育、協調性を身につけるためのさまざまなPBL(課題解決型学習)やプロジェクト活動、卒業研究や修士研究等の適切な指導といった教育の努力、さらには、10万5000人を超える卒業生がこれまでに社会で築き上げてきた実績も寄与しています。今後もこうした積み重ねを継承し、鍛えられた学生を社会に送り出してまいりますので、関係各位の皆様におかれましては、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

(2018年4月)

ページの上部へ

大阪工業大学