1. トップページ
  2. ニュースリリース(2020年度)
  3. 【研究支援・社会連携センター】イノベーション・ジャパン2020~大学見本市Online_研究シーズ採択件数31件で全国1位

ニュースリリースnews release

【研究支援・社会連携センター】イノベーション・ジャパン2020~大学見本市Online_研究シーズ採択件数31件で全国1位

2020.07.29

 大阪工業大学(学長:益山新樹)は、9月28日から11月30日にオンラインで開催される「イノベーション・ジャパン2020~大学見本市Online」(主催:科学技術振興機構[以下、JST])の「大学等シーズ展示」で31件の研究シーズが採択されました。
本展示会はJSTの事前選考により厳選された400件を超える大学等の研究シーズの出展と、産業界の技術ニーズとの結びつきを図るイベントで、本学の採択数は出展する118機関の内、1位となります。1位になるのは2018年に続き、2回目です。

 
本件のポイント


● JSTの選考を通過した研究シーズの採択件数が日本一
● 技術移転や産学連携を通じて、研究シーズの社会還元を促進
● 共同研究などのパートナーを募り、技術の実用化を目指す

 1位 大阪工業大学 31件  5位 山梨大学   11件 
 2位 工学院大学  27件  7位 岡山大学   10件 
 3位 兵庫県立大学 23件  7位 立命館大学  10件 
 4位 鳥取大学   14件  9位 九州工業大学  9件 
 5位 大阪府立大学 11件  9位 静岡大学    9位 
イノベーション・ジャパン2020 大学等シーズ展示採択数上位10大学

 
内容


 本展示会は今年で17回目の開催となり、本学は2005年から出展しています。今年、選考を通過した研究シーズは、アクリル樹脂の分子構造が変化する様子を見ることができる「優れた生体分子認識能を有する新規リガンド樹脂の開発」(応用化学科・平井智康特任准教授)や捜索活動での不可視情報(所持している携帯電話の電波など)の活用を提案する「消防防災で活躍〜無人航空機で不可視情報による人捜索」(ネットワークデザイン学科・樫原茂准教授)、地震被災建物の被災度区分判定方法を提示する「震災後,私の家はまだ安全なのか?」(建築学科・権淳日特任講師)などで、産業界の技術ニーズに応える研究内容を展示。企業関係者を対象に研究シーズのPRを行い、共同研究などパートナーを募ります。
 
1.開催日時:9月28日(月)~11月30日(月)
2.主  催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
3.共  催:文部科学省
 ※イノベーション・ジャパン2020~大学見本市Online ウェブサイト
 https://www.jst.go.jp/tt/fair/
 
本件発信部署・取材のお申し込み先

学校法人常翔学園 広報室(担当:田中、上田)
TEL:06-6167-6208 携帯:090-3038-9887
 
【№9】

ページの上部へ

大阪工業大学