1. トップページ
  2. ニュースリリース(2020年度)
  3. 【空間デザイン学科】未来のショッピングセンターは?デザイン×ビジネス」で産学連携 1月15日に講評会

ニュースリリースnews release

【空間デザイン学科】未来のショッピングセンターは?デザイン×ビジネス」で産学連携 1月15日に講評会

2021.01.13

  • スペースが手掛けたSCプロジェクトの説明を受ける学生ら スペースが手掛けたSCプロジェクトの説明を受ける学生ら

 大阪工業大学(学長:益山新樹)ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科は、スペース(代表取締役社長:佐々木靖浩)と連携し、インテリア分野のPBL(課題解決型学習)授業を実施。1月15日に同社から提示された課題「これからのSC(ショッピングセンター)空間を考える」を解決するために、学生らが自ら考えたプロジェクト案の最終プレゼンテーションおよび講評会を開催します。同授業を履修する3年生30人が「将来のSC空間がどうあったらいいか」について提案します。


 
本件のポイント

● 産学連携による実社会の課題解決に向けた実践的なPBL授業
● 地域密着の賑わい空間である大型商業施設を実例に、空間づくりの視点を実践的に学ぶ
● 空間デザイン、インテリアデザインなどを行う高度プロフェッショナル人材を養成
 
内容

 本授業は、産学連携に基づき現実的で具体的な設計課題を提示し、学生自らが空間デザイン案などを提案することでプランニング力や設計力、表現力、課題解決力を養成することを目的としています。今年度は、商業施設をはじめとした多様な空間づくりを行う企業であり、豊富なアワード実績を有しているスペースと連携。履修学生らはこれまでに飲食店などの店舗空間や住居空間、梅田の地下街「Whityうめだ」(大阪市北区)のプチシャン通りのフルリノベーションなど、空間デザインに関する課題の解決に向けた提案を行ってきました。
今回は、これまでの提案を踏まえて最終課題「これからのSC空間を考える」に対する提案を全履修学生がそれぞれプレゼンテーション。スペース社員が講評し、最優秀賞などを決定します。受賞作品は本学梅田キャンパス1階ギャラリーで展示する予定です。
 
1.開催日時:2021年1月15日(金)13:30〜17:00
2.場  所:大阪工業大学 梅田キャンパス OIT梅田タワー(大阪市北区茶屋町1-45)
3.発表方法:資料、図面、写真、パースなどをレイアウトしたA1サイズのパネルとパワーポイントを用いて発表(発表時間は1人5分)

〔取材にあたってのお願い〕
来学にあたっては、検温、マスク着用、手指消毒など感染防止策の徹底にご協力をお願いします。
大阪府下に緊急事態宣言が発出された場合、入構制限を行うことがあります。その際は、電話などでの取材にも対応させていただきますので、詳しくは本件発信部署にお問い合わせください。
 
内容に関するお問い合わせ

大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科 教授 西應浩司
TEL: 06-6147-8713 (不在の場合は広報室へ)

本件発信部署・取材のお申し込み先

学校法人常翔学園 広報室(担当:田中、上田)
TEL:06-6167-6208 携帯:090-3038-9887
 
【№17】

ページの上部へ

大阪工業大学