1. トップページ
  2. ニュースリリース(2020年度)
  3. 【X-port】「企業等が有する様々な「データ」を活用する新規事業・業務効率化提案」をテーマにした「ビジネスミートアップ」の実施について

ニュースリリースnews release

【X-port】「企業等が有する様々な「データ」を活用する新規事業・業務効率化提案」をテーマにした「ビジネスミートアップ」の実施について

2021.02.08

 大阪工業大学と大阪商工会議所が設置・運営する都心型オープンイノベーション拠点Xport(呼び名=クロスポート、事務局=大阪商工会議所)は、社会課題やビジネス課題の解決に向けたテーマを提示して提案を募り、企業とマッチングすることで新たなビジネスの創出を支援するプログラム「ビジネスミートアップ」のプレゼンテーション・マッチング会を3月19日に実施する。本日から3月5日まで、「企業等が有する様々な「データ」を活用する新規事業・業務効率化提案」を募集する。


内容

○今回のビジネスミートアップでは、人や車両等の移動データや、小売店・飲食店等での顧客・販売データ、製造・建設現場や施設・住宅等における、センシング・映像等により得られるデータ、人のバイタルデータ、「大阪コロナ追跡システム」等の行政データ、既存のシステムで取得されているデータなどを活用した課題解決や新たな付加価値の創造につながる新規事業・業務効率化提案を募集する。

○募集する新規事業・業務効率化提案のキーワードは、「ITサービス・アプリ」「MaaS(Mobility as a Service)」「IoT」「RPA」「健康・ヘルスケア」「安心・安全」等で、データについては「既に存在するデータ」だけでなく、「今後取得できると考えられる(現時点では存在していない)データ」も対象としており、より自由かつ未来志向の提案を幅広く受け付ける。

○なお、2月19日には各テーマの概要について説明する「事前説明会」を開催し、3月5日まで提案を受け付ける。その後、Xportメンターで、ヤマトホールディングス株式会社 オープンイノベーション推進機能 シニアマネージャーの足立崇彰氏が書類審査、メンタリング(プレゼンテーションに向けた提案内容のブラッシュアップ)を行う。
○Xportでは、これまで「ビジネスミートアップ」を6回実施し、計53件のエントリーがあった中から、書類審査を通過した35件がプレゼンテーション・マッチングを行い、そのうち6件が具体化に向けた検討に進んでいる。
 
応募方法・詳細


以下、WEBサイトをご参照ください。
https://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/202102/D22210319017.html
 
お問い合わせ先

都心型オープンイノベーション拠点Xport(竹久・土居)
TEL 080-8927-6383  06-6944-6300 

【№19】

添付ファイル

ページの上部へ

大阪工業大学