1. トップページ
  2. セミナー・イベント等

大学紹介

Japan Robot Week 2014に工学部ロボット工学科が出展

2014年10月15日 ~ 2014年10月17日

本イベントは終了しました。

  • ロボット活動時の絵図と写真 ロボット活動時の絵図と写真

 10月15日(水)~17日(金)に東京ビッグサイトで開催される「Japan Robot Week 2014」に、工学部ロボット工学科廣井准教授が指導する生活支援ロボットシステム研究室が開発したロボットを出展します。
 このイベントは、「国際ロボット展」の隔年に開催するサービスロボットやロボット関連技術の専門展として開催されています。
 出展作品は、「手すり上を移動する道案内・リハビリ支援ロボット」です。このロボットの特徴は、
①手すりの上に設置可能な小型(廊下等の道案内の際人間大のロボットでの誘導に比べ邪魔にならない)
 サイズ:幅350mm×奥行き320mm×高さ777mm 重量9㎏
②ロボットの左手が伸び縮みする(人間とロボットの距離が離れても人の手を離さず誘導が可能)
③音声とジェスチャー(ロボットの右手)により誘導する(地図・携帯を読めない方でも目的地に到着可能)
④最高移動速度2m/sで人の平均歩行速度よりも速く移動可能(人を誘導するためには適当な速度)
 これらの特徴を持つ生活支援ロボットは、大規模な病院や福祉施設、ショッピングモールなどで、道案内、リハビリ支援などに活躍するものと思われます。
 会場にお越しの際はぜひご覧ください。

セミナー・イベント等(一覧)

ページの上部へ

大阪工業大学