1. トップページ
  2. トピックス

トピックス

「基礎からわかるスマートエネルギー技術講座」を開催しました

2014年3月14日

  • 多くの方々にご参加いただきました 多くの方々にご参加いただきました
  • 野村氏にはグローバルな視点で講演いただきました 野村氏にはグローバルな視点で講演いただきました
  • 井上学長(中央)と野村氏(左から2番目)、主催・共催関係者 井上学長(中央)と野村氏(左から2番目)、主催・共催関係者

 3月11日、12日、大阪工業大学うめきたナレッジセンターで「基礎からわかるスマートエネルギー技術講座」を開催しました。これは新しい時代に対応できるシステム技術者の育成を目的に実施したもので、エネルギー関連企業の技術者や技術マネジャーなど、各日100人を超える方々にご参加いただきました。
 初日はIEC(International Electrotechnical Commission/国際電気標準会議)会長の野村淳二氏(パナソニック顧問、常翔学園理事)から「IECにおける国際標準化動向」について基調講演がありました。同氏は165カ国からなるIECの活動の歴史などを説明した上で「開発途上国の電力需要は先進国の倍の速さで増加しており、世界規模で再生可能エネルギーの導入を進めていく必要があります」とIECの役割を強調しました。
 次に、福岡スマートハウスコンソーシアム代表の中村良道氏から「エネルギー事情の背景と分散エネルギーシステム普及に向けて」と題してお話しいただきました。同氏は「分散型エネルギーシステムが普及すれば、エネルギー供給が絶たれにくく災害に強い街づくりが可能です。また、クラウド等のICT技術を活用すれば、需要家側でピークカットやピークシフトが行われ、電力インフラの負荷をスムーズに軽減できる社会が実現できます」と展望を語りました。
 このほか、スマートエネルギーシステム技術の基礎や開発手法、翌日にはスマートエネルギーシステムの潮流や普及に向けた信頼性確保をテーマにした約10講座が展開され、各テーマ終了後の質疑応答では、参加者から質問や問題提議が飛び交うなど、白熱した議論が繰り広げられました。
 本学は今後も最先端技術をテーマにした講座を開講し、「ナレッジキャピタル」から「知」を発信していきます。

トピックス(一覧)

ページの上部へ

大阪工業大学