1. トップページ
  2. トピックス

トピックス

梅田キャンパス「OIT梅田タワー」が完成 関係者ら約100人が集い竣工式

2016年10月27日

  • 関係者12人によるテープカット 関係者12人によるテープカット
  • 西村学長らの玉串奉納 西村学長らの玉串奉納
  • メディアの取材を受ける久禮理事長 メディアの取材を受ける久禮理事長

 大阪市北区茶屋町に来春開設する梅田キャンパス「OIT梅田タワー」が完成し10月27日、学園関係者や工事関係者、地元の関係者約100人を集めて竣工式典を行いました。
 午前11時、久禮哲郎理事長のほか、西村泰志学長ら設置各学校の学長と校長、上野信子・大阪市北区長、工事関係者ら12人のテープカットで式典が始まりました。続く定礎式では、建物の安泰と繁栄を祈願し設計図や本年度の行事予定表、学園広報誌FLOW、今朝の朝刊などを建物に収納し定礎板で蓋をしました。
 1階OITギャラリーに場所を移して玉串奉奠など一連の神事を行った後、関係者による直会を開きました。久禮理事長が「歴史的な素晴らしい建築物が予定通りに完成したのは建設にかかわった企業の皆さん、近隣の地元の方々のお蔭で感謝いたします。ここにできる新学部のロボティクス&デザイン工学部では、国家に貢献できる人材を輩出していきます。このキャンパスを設置各学校のサテライトとして活用するだけでなく、産・官・学、さらには市民の方々と交流してイノベーションを生み出していきます」とお礼を述べました。また、西村学長は「近くの大阪駅周辺地域は1日の乗降客数が250万人といいます。梅田キャンパスはそんな地域にある利点を生かした知の交流拠点、知のショーケースを目指して進化いたします」と最後にあいさつしました。
 式は多くのメディアも取材し注目の高さをうかがわせました。関西地区の大学で最高層となる地上22階のキャンパス内を学園関係者の説明を受けながら熱心に取材・撮影していました。

トピックス(一覧)

ページの上部へ

大阪工業大学