1. トップページ
  2. トピックス

トピックス

「ありがとう4号館 感謝と交流の会」を開催

2018年3月8日

  • 当時を懐かしみ4号館を見上げる同窓生ら 当時を懐かしみ4号館を見上げる同窓生ら
  • 4号館の構造設計や当時の苦労話を語る伊藤氏 4号館の構造設計や当時の苦労話を語る伊藤氏
  • 都市デザイン工学科(旧土木工学科)と建築学科の卒業生一同 都市デザイン工学科(旧土木工学科)と建築学科の卒業生一同

 1964年4月から今日に至るまで、主に都市デザイン工学科(旧土木工学科)と建築学科の教育・研究の拠点として54年間、多くの学生たちを見守ってきた大宮キャンパス4号館が老朽化と耐震基準の変更により、4月から取り壊されることに伴い3月3日、両学科主催の「ありがとう4号館 感謝と交流の会」を開催しました。
 当日は、学生時代に同施設を利用した約90人の卒業生や元教員が駆け付けました。施設見学の後の思い出を語る会では、4号館の構造設計を担当した伊藤孝氏(1962年建築学科卒)、元都市デザイン工学科教授の長谷川昌弘氏(1969年土木工学科卒)、西村泰志学長(1972年建築学専攻修士課程修了)の3人と現役学生が順番に登壇し、当時の写真とともに4号館で過ごした思い出や仲間とのエピソードを紹介。ユーモア溢れる会となり、多世代の参加者が笑顔で当時を懐かしみました。

トピックス(一覧)

ページの上部へ

大阪工業大学