重力の法則の探求

一般教育科 
講師 野澤 真人

野澤 真人
2022.11.10
  • Einstein方程式。1行で書けるシンプルな法則ですが、この数式にさまざまな宇宙の神秘が宿っています。

    Einstein方程式。1行で書けるシンプルな法則ですが、この数式にさまざまな宇宙の神秘が宿っています。

物理学の研究者というと、白衣を着て実験をしているというイメージを持つ方も多いと思いますが、私は物理学の理論的な側面について研究しています。理論屋にとって、実験道具は紙とペン、そしてコンピュータであり、実験室は頭の中です。ここでは、私の研究している重力の理論についてご紹介します。

Einstein の提唱した一般相対性理論は、Newtonの万有引力では謎であった多くの現象を説明することに成功し、最も予言能力の高い重力の理論としての地位を確立しています。さらに宇宙自身の膨張やブラックホールといった天体など、私たちの宇宙観に大きなパラダイムシフトをもたらしました。

このように大きな成功を収めた一般相対性理論ですが、私がこの理論に惹かれる理由は、何と言ってもその数理的な美しさにあります。時空の安定性を保証する正質量定理やブラックホールの唯一性定理の見事な証明は、その端的な例でしょう。これらを一般化して、より汎用的な形式にするための研究を進めています。

また超重力理論と呼ばれる、ボゾンとフェルミオンの間の超対称性を取り入れた重力理論にも興味を持っています。超弦理論の低エネルギー極限である超重力理論ですが、何故こんなに神秘的にできているのか常々不思議に感じるほど、さらに豊富で有機的な数理構造を兼ね備えています。高次元の超弦理論から整合的に我々の4次元宇宙を構築できるのか、その真空構造の分類に取り組んでいます。


ページの上部へ

大阪工業大学