本文へスキップ

3.発展コース・実践コースのコースわけについて(2014年度以降入学生)

            2010~2013年度の入学生は,こちらのページへ移動してください.
            2009年度以前の入学生は,こちらのページへ移動してください.

》3.1 コースによる履修科目の違いについて

 学生便覧・履修申請要領には各コースに必要な科目が記載されていなくてわかりづらいため,表3.1の専門科目表にどの科目がどのコースで必修・選択・履修不要となるかを示した.

》3.2 卒業に必要な単位数

  • 発展コース
    • キャリア形成の基礎科目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20単位
      • 人文社会科学---------------------------------------------------10単位
      • 外国語(英語6単位を含む)----------------------------------------8単位
      • 体育--------------------------------------------------------------2単位
      工学の基礎科目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26単位
      • 必修科目(選択必修科目5単位を含む)--------------------------11単位
      • 選択科目--------------------------------------------------------15単位
    • 専門科目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・70単位
      • 必修科目--------------------------------------------------------42単位
      • 選択科目--------------------------------------------------------28単位
    • その他科目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8単位
      • (キャリア形成の基礎科目,工学の基礎科目,専門科目,数理科学と教育の科目,               その他連携科目,他学科の専門科目および他学部の科目)
      •                                 計 124単位
    実践コース
    • キャリア形成の基礎科目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20単位
      • 人文社会科学---------------------------------------------------10単位
      • 外国語(英語6単位を含む)----------------------------------------8単位
      • 体育--------------------------------------------------------------2単位
      工学の基礎科目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26単位
    • 専門科目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・70単位
      • 必修科目--------------------------------------------------------40単位
      • 選択科目--------------------------------------------------------30単位
    • その他科目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8単位
      • (キャリア形成の基礎科目,工学の基礎科目,専門科目,数理科学と教育の科目,               その他連携科目,他学科の専門科目および他学部の科目)
      •                                 計 124単位

》3.3 卒業研究着手要件(専門科目のみ)

 1年次および2年次配当の必修科目(選択必修含む)すべて,かつ以下の3年次配当の必修・選択必修科目のうち
「発展コース」・・・エンジニアリングプラクティスを修得していること.また,実験計画法,
          機械工学実験a,機械工学実験b,工学コミュニケーション英語応用,工学倫理
          計5科目のうち最低4単位
「実践コース」・・・機械工学演習U,機械工学演習W,設計演習a,
          設計演習b,機械工学実験a,機械工学実験b,3次元CAD演習
          計7科目のうち最低4単位
(注意事項):その他にも,総修得単位数が100単位以上であることなどの要件があるので,学生便覧を参照のこと

》3.4 2年次でのコース選択

 1年次後期の成績配布時に,どちらのコースを希望するかを記入する希望調査用紙を配布するので,定められた期日までに機械工学科事務室まで提出すること.
 希望調査用紙を期日までに提出しなかった者は自動的に「実践コース」を選択することになる.
 また,1年次配当科目で「発展コース」において必修・選択必修となる以下の科目を修得していない者は,2年次以降の履修計画をたてるのが非常に困難になるので原則として実践コースを選択すること.

解析学U または 解析学V
解析学U演習 または 解析学V演習
線形代数学T または 線形代数学U
基礎情報処理T
基礎情報処理U
物理実験
材料力学T

 発展コースの定員は、80名(ただし、2014年度以前入学生までは100名)とする。定員を大幅に越える希望者があった場合は、上の必修科目・選択必修科目を修得していない者をまず除外し、その上でT-GPAの上位者より優先的に振り分ける。

》3.5 コース変更

 3・4年次への進級時には,「発展コース」から「実践コース」への転コースのみ認められ,その逆への転コースは認められない. 

JABEEへ戻る