機械工学科の近況
人工衛星プロジェクト
工学部機械工学科・教授  田原 弘一
図1 プロイテレス衛星の飛翔シーン大阪工業大学・電気推進ロケットエンジン搭載小型スペースシッププロジェクト(Project of OIT Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship(PROITERES:プロイテレス:図1)では、電気推進ロケットエンジンを搭載した小型人工衛星の2010年春の打ち上げを目指し、衛星設計・開発を行なっている。本学学部学科の教員・学生の横断的な参加による、広範な工学技術の開発・実践を通して、高度な研究・教育活動を目指している。2007年4月に開始された本プロジェクトには工学部・機械工学科、電気電子システム工学科、電子情報通信工学科などの学生、延べ40名が参加してきた。特に2008年度は学生主体で「宇宙は夢ではない!努力すれば誰でも手が届く!」を合言葉に衛星エンジニアリングモデルの設計製作が行われ、完成機体は十分な性能を有していることが確かめられた。
プロイテレス公式ホームページ:http://www.oit.ac.jp/elc/scl/oitsat/index.html

衛星ミッションは、1)電気推進ロケットエンジンによる小型衛星では世界初の動力飛行(地球低軌道から軌道上昇をロケット連続噴射により達成(宇宙動力飛行の実現))(補足:ほとんどの人工衛星・探査機は、地上打ち上げの反動で飛行しているようなもの。自由に宇宙を飛翔することはほとんどできない。)
2)高解像度カメラによる地球観測、特に関西地区、淀川域の環境観察(現代GP「淀川学(環境教育)の構築と実践」の支援)、である。人工衛星のスペックは、質量10kg(大きさ:一辺30cm程度の立方体)、電力10W、高度600〜800km(極軌道)、衛星寿命1年以上である。打ち上げロケットとして、インドのPSLVの使用が決定した。

今後2009年10月には衛星フライトモデルを完成させ、その最終総合試験が予定されており、教員・学生一致団結してプロジェクトを成功させたいと意気込んでいる。同窓会の皆様からの応援、ご支援、よろしくお願いいたします。
ページのTOPへ