機械工学科の近況
社会人基礎力育成グランプリ 2013

工学部 機械工学科 教授 羽賀 俊雄

「大賞(経済産業大臣賞)」を受賞!
参加92大学109チームの頂点に輝く!

2013年3月4日、日本経済新聞社東京本社で「社会人基礎力育成グランプリ2013 決勝大会」(日本経済新聞社主催、経済産業省共催)が開催され、本学のチームが見事「大賞(経済産業大臣賞)」を受賞し、参加92大学109チームの頂点に輝きました。

 これは、大学のゼミ・研究・授業等を通じて経済産業省が提唱する「社会人基礎力」がどれだけ成長したかを審査・評価するもので、各地区予選大会を通過した8チームが決勝大会に出場します。

 本学からは、『なにわの町工場で鍛えられた社会人基礎力?ものづくりに青春をかける学生エンジニアの挑戦?』と題して、工学部チームが地元の中小企業と取り組んだ共同研究活動について発表を行いました。本学は、2009年にも同大会において大賞を受賞し、2度目の快挙を成し遂げましたが、M科同窓会主催の壮行会が今回の成果に繋がったことは卒業生として嬉しい限りです。

■社会人基礎力とは

「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成され、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年から提唱しています。企業や若者を取り巻く環境変化により、「基礎学力」「専門知識」に加え、それらをうまく活用していくための「社会人基礎力」を意識的に育成していくことが今まで以上に重要となってきています。

出場メンバー

【学 生】
鎌倉 圭佑君(大学院博士前期 機械工学専攻 2年次)
山敷 拓也君(大学院博士前期 機械工学専攻 2年次)
三間 優樹君(工学部 機械工学科 4年次)

【担当教員】
羽賀 俊雄(工学部 機械工学科 教授)

ページのTOPへ