機械工学科の近況
ACMFMS2014 in Nara

大阪工業大学機械工学科 上田 整

ACMFMS2014 in Nara"のご紹介

大阪工業大学機械工学科同窓会の皆様
このたび、同窓会HPにて私共が企画しております国際会議をご紹介する機会を頂きました。会議の概略は以下の通りですが、若手研究者への渡航費支援など資金面で苦慮しております。同窓会の皆様からのご支援をよろしくお願い申し上げます。

会議名 The Fourth Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures(ACMFMS2014)
開催日 2014年10月10日(金)〜10月13日(月)
開催地 奈良県新公会堂(奈良県奈良市)
主 催 大阪工業大学
URL http://www.oit.ac.jp/med/~acmfms2014/
問合せ先 acmfem@med.oit.ac.jp

近年、固体力学に関する研究分野において中国やインドの研究者の躍進が目覚しく、国際学術雑誌に多数の論文が掲載されています。このような状況から、日本機械学会材料力学部門下の「弾性数理解析の発展と普及、利用に関する調査研究会」の若手研究者が中心となり、「東・南アジア地域の若手研究者が集い、最新の研究成果を発表し、互いに交流を拡げ深められるような機会を設け、我々の研究分野のさらなる発展を期そう」という趣旨で、2008年に島根大学の芦田教授により第1回ACMFMS2008が松江市で初めて開催されました。引き続き、2010年に中国・南京で第2回が、2012年にはインド・ニューデリーで第3回が開催されております。今回ご紹介させて頂いているACMFMS2014はその第4回となります。大阪工業大学に主催をお引き受け頂き、機械工学科の教員および学生から全面的なご協力を頂いております。

主な研究題目は、機能性及び知的材料や構造物の力学、弾性力学(弾性理論、熱弾性、電気弾性など)、塑性力学(塑性理論、マルチスケール解析、熱塑性など)、破壊及び損傷力学、衝撃力学及び動的材料挙動、接触力学です。本国際会議論文集の中から選ばれ、審査を通った論文はACTA MECHANICA に掲載される予定です。 口頭発表への申込みは4月30日に締切りましたが、170件程の申込みを頂いております。また、大阪工業大学の学生はもちろん、日本各地の学部学生や修士学生を対象としたポスターセッションを企画し、5月30日まで申込みを受け付けております。

会場の奈良県公会堂は、奈良公園内にあり、東大寺や春日大社なども散策頂けるロケーションとなっております。また、特別講演では、東京大学大学院の藤田先生をお迎えし、伝統的木造建築の特徴についてのお話を頂くことを予定しており、東・南アジアの若手研究者との学術的な交流はもちろん、日本の歴史・文化を再発見頂ける良い機会となると考えております。

ページのTOPへ