歯科用コンポジットレジンの疲労強度に関する研究


【コンポジットレジンって何?】
コンポジットレジンとはセラミック(ガラス)とモノマー(プラスチック)の 複合材料のことです.使用目的は,虫歯を歯医者さんで削ってもらった後の 歯の詰め物として使用されます.昔は金属が使用されていましたが, 現在はこのコンポジットレジンやセラミックスによる修復が主流になっています.



【コンポジットレジンの特徴】
☆コンポジットレジンの長所
  1.修復跡が目立たない
  2.機械的性質が歯に近い
  3.きれいな歯を削らずに治療できる
  4.操作が簡単なので1回で治療が完了する
  5.熱による膨張が比較的低い
  6.腐食などの化学変化に強い
  7.修理が簡単にできる

★コンポジットレジンの短所
   1.重合させる時に収縮する
   2.金属に比べ強度が低い
   3.セラミックの方がきれいに修復できる

【研究目的】
コンポジットレジンは歯科修復材料であるため,口の中で使用されます.そのため,飲食物や咀嚼の影響を受け疲労破壊する可能性があります. しかし,疲労破壊についてはほとんど研究されていないというのが現状であります. このため,わたしたちは歯科充填用コンポジットレジンの疲労強度を調査し, より疲労強度の高いコンポジットレジンの作製を目指しています





バナースペース

材料実験力学研究室

〒525-8585
大阪府大阪市旭区大宮5丁目16-1