動作確認:InternetExplorer 6.0,Firefox 2.0
推奨画面領域:1024×768

トップページ方針について研究室の様子研究内容について研究室のメンバー設備について論文リンクイベント情報 電気推進ロケットエンジン搭載小型スペースシッププロジェクト 電気推進ロケットエンジン搭載小型スペースシッププロジェクト
HOME 方針 研究室 テーマ メンバー 設備 論文・報道 リンク イベント&見学 人工衛星プロジェクト 化学ロケットプロジェクト


  ■設備
 大型スペースチャンバー、大排気高真空ポンプなどの実験装置をたくさん所有しており、
世界有数の宇宙工学研究室です!


宇宙環境試験装置と宇宙プラズマ環境試験装置を設置しています!!
(↓)宇宙環境試験装置
(↓)宇宙プラズマ環境試験装置
(↓)スペースシャトル耐熱材料試験用高エンタルピープラズマ発生装置

(↑)ホール型イオンロケットエンジン噴射実験の様子

同装置(他角度から)(↓)


(↓)プロイテレス衛星搭載用プラズマロケットエンジン実験装置
 

DC-AK1.JPG - 115,300BYTES
直流アークジェットロケットエンジン実験装置((↑)大型スペースチャンバー,(↓)大容量真空ポンプ)


人工衛星プロジェクト室にはプロイテレス衛星の製作・環境試験用に、クリーンルーム、恒温槽があり、
さらに衛星との通信用アマチュア無線バンド地上局が設置されています。
また、大宮キャンパス5号館屋上には、衛星を自動追尾できるアマチュア無線バンド・アンテナシステムが
構築されています。

C-ROOM1.JPG - 86,981BYTES 
                   クリーンルーム内での作業の様子

KOUON-SOU1.JPG - 93,100BYTES 
恒温槽では、宇宙における衛星の温度サイクル(-50℃から+80℃まで)を模擬できます。

              
             プロイテレス衛星テレメトリ用のアマチュア無線バンド地上局とアンテナシステム






















Copyright © 2006 Tahara Advanced Rocket Lab. all right reserved.