動作確認:InternetExplorer 6.0,Firefox 2.0
推奨画面領域:1024×768
トップページ方針について研究室の様子研究内容について研究室のメンバー設備について論文リンクイベント情報 電気推進ロケットエンジン搭載小型スペースシッププロジェクト 電気推進ロケットエンジン搭載小型スペースシッププロジェクト
HOME 方針 研究室   テーマ メンバー 設備 論文・報道 リンク イベント&見学 人工衛星プロジェクト 化学ロケットプロジェクト


  ■研究の方針



 日本の「はやぶさ」スペースクラフトに代表される、惑星・深宇宙探査ミッションが世界中で遂行、ある
いは計画される今日、宇宙大航海時代の到来と言っても過言ではありません。航海の成功は、宇宙航行用高
性能電気推進ロケットの開発にかかっています。本研究グループは、先進宇宙推進工学に関する研究を中心
に、各種の電気推進ロケットエンジンの開発研究、宇宙飛翔体環境シミュレーション、ユニークな小型人工
衛星の設計製作・打ち上げ計画立案などを行い、近未来の宇宙開発に貢献します。
 また、誰もが持つ、子供のころの飛行機やロケットへの憧れを決して夢だけにはさせないように、親しみ
ある、誰もが気楽に楽しむことができる、市民の航空宇宙を目指します。具体的には、航空宇宙工学に関す
る講演・市民講座、中学・高校に出向いて小型ジェットエンジンの運転や宇宙航行用イオンロケットエンジ
ンの噴射などのデモを行ったり、ペットボトルロケットの製作・打ち上げ教室を開催し、活発な啓蒙活動を
行っています。
 宇宙空間では地上で予想もしないことが起こります。過酷な宇宙環境で稼動するロケットや人工衛星の開
発研究を通して、常識にとらわれない新しい機械システムを開発する素養(ガッツ(?))を身につけさせ
たい。自由な発想でユニークなアイデアを出し実践してほしいと思います。
         
               文責:大阪工業大学 工学部 機械工学科 教授  
                  JAXA 宇宙科学研究所 元客員教授
                   田原 弘一








Copyright © 2006 Tahara Advanced Rocket Lab. all right reserved.