プロイテレス衛星3号機の開発及び打ち上げ計画
(電気推進ロケットエンジン動力飛行月探査小型衛星)




担当メンバー:
 池田 知行(
Tomoyuki Ikeda
 尾崎 淳一(
Jun-ichi Ozaki
 荒木 俊輔(
Shunsuke Araki
 西澤 雅也(
Masaya Nishizawa
 三藤 陽平(
Yohei Mitoh


キーワード:
 超小型衛星
 月探査
 動力飛行
 電気推進
 ホール型イオンエンジン

    

 (提供:JAXA)

 



研究内容紹介:

201011月より、「電気推進ロケットエンジン動力飛行月探査小型衛星」であるプロイテレス衛星3号機(想定質量50kg) の研究開発がスタートした。プロイテレス衛星1号機の開発技術と経験を活かして、超小型衛星では世界初の月探査を目指す。新開発の電気推進ロケットエンジ ンを用いて、スパイラル軌道遷移により地球低高度軌道から月軌道まで動力飛行する。電気推進にはホール型イオンエンジン(電力20-30Wクラス;推進剤キセノン;比推力2000秒;推進効率30%)を採用する。

 本研究グループでは、プロイテレス衛星3号機のシステム設計、ミッション設定、打ち上げ・運用計画立案など一連の初期開発作業の後、実際のミッション機器の研究開発を進めている。