――――――
2012年度の記事
――――――

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月30日up!!

宇宙推進工学研究室の追い出しコンパを開催しました。
ご卒業ご修了される学部4年生と大学院生2年生を囲み、さらに研究でお世話になった渡辺陽介先生(大阪大学)と、
今年度も修士論文・卒業論文のチェックを念入りにして頂いた宮原千春さんをお招きし、研究室全員で盛り上がりました。
2013324日、居酒屋 ふきてい)



社会人になっても、ちょくちょく遊びに来てくださいね。集合写真、とてもシャイな(美人の(?))宮原さんは写らず、
傍でみなを笑わせてくれていました!幹事の3年生・上村君、川村君、ご苦労様でした。)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月30日up!!

大阪工業大学 卒業式と大学院修了式が開催され、その後、機械工学科謝恩会が開かれました。
宇宙推進工学研究室からは学部4年生
10名と大学院修士課程2年生5名が無事、卒業、修了しました。
皆さん、本当におめでとうございます。(
2013323日、大阪工業大学・ホテルモントレ グラスミア大阪)



謝恩会は、井原学科長先生や来賓の方々に祝辞を頂き、みな晴れやかな笑顔。
田原先生は次期学科長として最後に中締めの挨拶と一本締め!相変わらず田原先生らしい、ユニークな挨拶で盛り上がったそうです。
卒業学生から宇宙戦艦ヤマトのプラモデルもらった、超うれしい!(田原先生談))
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月30日up!!

日本機械学会関西支部 88 研究発表講演会関西学生会 学生員卒業研究発表講演会にて、
大学院生2名、杉本・戸川君、学部4年生6名、井端・加藤・村岡・杉村・坂本・山本君が研究成果を口頭発表しました。
大阪工業大学が幹事校なので、田原先生は講演会実行委員として活躍されました。
なんとなんと、山本君が
「小型衛星用低電力シリンドリカルホール型イオンエンジンの作動特性」と題して発表し、
Best Presentation Award ベストプレゼンテーション賞)を受賞しました。さすがです、おめでとう!
2013315-17日、大阪工業大学)










修士論文・卒業論文の成果をみなカッコよく発表しました。ご苦労様!
懇親会は、機械学会関西支部の平尾支部長(大阪大学)のご挨拶、本学機械科の井原学科長の乾杯の音頭で始まり、みな大いに盛り上がりました。
本学学生クラブ・ウインドアンサンブル演奏をみなで楽しみ、
宇宙戦艦ヤマトの主題歌が流れると田原先生大感激、興奮していました!相変わらずの田原先生!)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月30日up!!

プラズマ応用科学会20回年会・第6回国際ワークショップにて、
田原先生がプロイテレス衛星1号機の打ち上げ・運用状況を発表しました。
実行委員長のマレー大学・
Wong教授のご尽力により国際ワークショップが実現し、
日本、韓国、中国、台湾、アメリカ、ヨーロッパ諸国から100名以上の新進気鋭の研究者が集まりました。
201337-12日、PARKROYAL Hotel Kuala Lumpur(クアラルンプール・マレーシア))









関西国際空港からマレーシア航空でひとっ飛び、約6時間でクアラルンプールに到着しました。
時差は1時間ですが、気温は
30度以上、田原先生はバテ気味でしたが、ビールパワーで復活、会議講演を楽しみました。
発表はインド
PSLVロケット打ち上げの動画を流し、大盛況、
学生主体のプロジェクトでここまでできるのかと大喝さいを浴びました!
バンケットでは外国の友人と歓談、有名な
Tigerビアに舌鼓!満足!会議3日目は会議主催の遠足で、
マレー半島最古の街・マラッカを観光、マラッカ海峡をバックに、植民地時代の面影を残す風光明美な港湾都市を散策しました。
帰りにモスク、ツインタワーにも寄りました。体力的に厳しかったようですが楽しく過ごされたようです。)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月30日up!!

日本航空宇宙学会 53回航空原動機・宇宙推進講演会にて、松本君、湖山君、松岡君が研究成果を口頭発表しました。
それぞれ宇宙航空研究開発機構(
JAXA)との共同研究である直流アークジェットエンジンの開発、
火星有人探査用電磁加速プラズマロケットエンジンの開発研究、
電気ロケットエンジン搭載プロイテレス衛星の打ち上げ・運用の状況を発表しました。(
201334, 5日、倉敷市芸文館)





3名とも学会の研究発表は慣れており、緊張することも無く、言いたいことはちゃんとアピールして終了、質問にも丁寧に答えました。
発表の合間には倉敷観光。きれいなところが多いねと3名とも満足して帰阪!お疲れ様!!!)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013年3月7日up!!

4月入学予定の1年生60名を集め、機械工学科入学準備プログラムが開催されました。
来年度学科長、本年度教務委員として田原先生が参加されました。(
2013
32日、大阪工業大学)

井原学科長の機械工学科紹介の後、ものづくりセンターの見学、3年次PBL授業「エンジニアリングプラクティス」の製作物である
電気自動車、フォバークラフトなどの説明・運転、先輩学生との懇談会が開催されました。初々しい1年生、みな少し緊張気味!
でも最後は先輩とも打ち解け、会話を楽しんでいました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月7日up!!

宇宙推進工学研究室の博士課程2年生・池田君と学部4年生・松岡君が2012年度学長表彰を受賞しました。在学中、
顕著な活躍をした学生に贈られる賞で、宇宙推進工学研究室からは第1回再生可能エネルギー研究と応用に関する国際会議にて
Outstanding Paper Awardを頂いた池田君と日本航空宇宙学会 中部・関西支部合同秋期大会にて関西支部 支部長賞を頂いた
松岡君が表彰されました。(2013年3月1日、大阪工業大学)

緊張気味の池田君と松岡君!表彰の後、井上学長から益々精進するようにとのお言葉を頂戴し感激していました。
研究室の前で、田原先生と記念写真!先生も喜んでくれました。番外!田原先生とツーショットの美女は、
いつも研究室を応援頂いている、入試部の平沼さんです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月7日up!!

高知県教育委員会主催の第24回教育羅針盤にて、「前人未到の宇宙の開発、大学生が挑む!」と題して、
田原先生が特別講演をしました。小中高の教員の研究発表・研修の場として毎年行われている教育羅針盤。
夢の実現に邁進する大学生の姿を紹介し、大学の高度な実践教育を説明しました。
2013
226日、高知県教育センター)

大阪伊丹空港から高知竜馬空港までひとっ飛び!講演では、プロイテレスプロジェクトの立ち上げ時の苦労の連続から
大感動のインドロケット
PSLVによる衛星打ち上げまで、丁寧に写真や動画を織り交ぜ紹介しました。

聴講頂いた方はここまで学生にできるのかとビックリ!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月7日up!!

本学大学院機械工学専攻の第2回入試試験により、村岡力夫君と西田万里君を宇宙推進研究室に迎えることになりました。
2013
223日、大阪工業大学)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月7日up!!

本学大学院機械工学専攻の修士論文公聴会にて、研究室修士課程学生5名、杉本、戸川、藤田、田中、井上君が
研究成果を口頭発表しました。(2013年2月22日、大阪工業大学)

修士の最終試験です。皆頑張って!結果は?何とか全員合格。よかったよかった!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月7日up!!

大阪大学接合科学研究所の研究集会「プラズマ応用による高機能材料とその評価」にて、
「電磁加速プラズマジェットによる高機能材料の作製」と題して、田原先生が特別講演をしました。
2013
219日、大阪大学接合科学研究所)

親しい先生方が集まりました。講演会の後はみなで一杯、盛り上がりました。
田原先生、いつものように大爆発!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月7日up!!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)主催の第4回大型In-Space Propulsion(電気推進)ワークショップにて、
4年生の湖山君が、
JAXA
との共同研究課題である、大電力電磁加速プラズマジェットエンジンに関する研究成果を
口頭発表しました。池田君と仮配属3年生の鈴木君も参加し応援しました。(
2013
218日、JAXA筑波宇宙センター)

JAXA筑波宇宙センターは日本の宇宙開発の中心。鈴木君は初めてで感激していました。
湖山君の発表にはたくさんの質問を頂き、田原先生がいないので援護射撃も無く、ちょっと苦戦気味!
でも堂々とわかる範囲内で答えました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年3月7日up!!

本学機械工学科の卒業研究審査会にて、研究室4年生10名が研究成果を口頭発表しました。
自動車工学研究室(指導教員:中川邦夫教授)、航空工学研究室(指導教員:小池勝教授)、宇宙推進工学研究室の
3研究室合同で行われました。
30
名の4年生が1年間の卒業研究の成果を発表し、会場からたくさんの質問を受けました。
司会は宇宙推進工学研究室の修士課程1年生です。(
2013
214日、大阪工業大学)

全日はみな徹夜で発表練習。宇宙推進工学研究室の4年生10名は日頃から多くの学会発表をこなしているので
緊張することなく成果を十分にアピールできました。みな合格!おめでとう!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年1月29日up!!

日本機械学会宇宙工学部門 21回スペース・エンジニアリング・コンファレンスにて、
池田君がプロイテレス衛星1号機の打ち上げ報告、その運用に関する状況を口頭発表しました。
2013
125, 26日、国営飛鳥歴史公園内 祝戸荘)

飛鳥の里で開かれた会議、今回は摂南大学・岸本直子先生のご紹介により参加させていただきました。
近くに石舞台古墳があり、長い歴史と深い文化を感じさせてくれます。古代遺跡と宇宙、何か神秘的!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年1月29日up!!

人工衛星プロジェクトメンバー全員総勢30名が集まり、プロイテレス衛星打上げ成功祝賀会と新年会を開催しました。
また、衛星の輸出入、大変面倒な業務をお引き受けいただいた、近鉄エクスプレスの坂井有香さん、谷口沙織さんにも
お越しいただきました。(
2013
123日、大阪工業大学)

西川先生、上田先生、小林先生、熊本先生にもご参加いただき、プロイテレス衛星1号機の打ち上げの裏話と
衛星2号機、3号機の開発の話でみな盛り上がりました。近鉄エクスプレスから頂いた、記念の一升瓶に皆感激!
更なる夢の実現に向けて皆で頑張りましょうね!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年1月29日up!!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)主催の宇宙輸送シンポジウムにて、大学院生2名、池田・三藤君、
学部4年生5名、湖山・松本・松岡・村岡・陳君が研究成果を口頭発表しました。
また学部3年生の鈴木君、藤田君も応援に駆けつけてくれました。
小惑星探査機「はやぶさ」の開発・運用の中心であった、宇宙科学研究所を訪問するとあってみなワクワク!
「はやぶさ2」のプロジェクトマネージャーになった
JAXA
国中先生から直接お話しを頂戴しみな感激しました。
2013
117,18日、JAXA宇宙科学研究所)

新年まずはこの大事なシンポジウムから始まります。田原先生と学生全員、夜行バスで初日早朝、八王子に到着。
淵野辺駅から徒歩で宇宙科学研究所へ。そばの“すき家”で朝食です。
みなまだ寝むそう!

初日午前は湖山君、松本君の発表、午後にプレナリーセッションでJAXA国中先生、沖田さん、引き続き田原先生が
JAXA
計画の軌道間輸送(In-space propulsion)用大電力電気推進ロケットエンジンの開発に関する講演、その後、
池田君、三藤君、共同研究者のアーストラックコーポレーション・野川さんの発表が続きました。
最後に大電力ホール型イオンエンジン開発に関するパネルディスカッションが開かれ、
ここでも田原先生がパネラーとして、世界に負けない日本開発のホール型エンジンのスペック・キャッチフレーズについて発表されました。
引っ張りだこの田原先生です。

初日の講演終了後はJAXA食堂で懇親会&新年会。JAXA研究者の皆さん、大学の先生、学生が集まり、
総勢
50人以上で、交流を深めました。大阪工大のメンバーもみな、他大学の学生メンバーと研究や日常生活のことなどで
楽しく盛り上がりました。悪酔いした田原先生の面倒を見てくださっている女性は、国中研の秘書、船田美和子さんです。
いつもすみませんと平謝りの池田君。二日目午前は、みなで研究所内の見学、小惑星探査機「はやぶさ」や
-Vロケット実物大をバックに集合写真。余りの大きさにみなビックリ!

二日目午後はプロイテレス衛星チームの発表です。松岡君、村岡君、陳君と発表が続き、
プロイテレス衛星1号機のインドでの打ち上げ報告と運用状況、衛星2号機搭載用パルスプラズマエンジンの開発状況などが
発表されました。聴講者は興味津津で多くの質問を受けました。
応答もバッチリ!シンポジウム終了後は脇園さんご夫妻と打ち上げ飲み会、再び夜行バスで大阪へ。みな本当にお疲れ様!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年1月8日up!!

宇宙推進工学研究室の3年生研究計画発表会と忘年会を開催しました。
仮配属3年生
10
名が来年度の研究計画と抱負を発表しました。先輩方から厳しい質問がなされましたが、何とか応答。
発表会の後は忘年会、いつもの焼き焼きパーティー。
お世話になっている、渡辺陽介
先生(大阪大)、OBの井口君にお越しいただき、さらに宮原千春さんからも
応援のメッセージを頂戴しました。(
2012
1227日、大阪工業大学)

発表会で緊張する3年生、でも大丈夫、しっかり応答、自己主張できていましたよ!
忘年会後半には流体機械研・修士課程1年生の森田君も参加し、ますます盛り上がりました。
(以下、田原先生より)「今年はプロイテレス衛星の打ち上げがあり、研究室にとって節目の年でした。この一年、本当に大変だった!
みな本当によく頑張った!来年はさらに飛躍の年。我々が日本の、いや世界の宇宙開発をリードする大事な立場になる。
我々の前にレールはない!「決まった未来はない、未来は創るものである。挑戦しなければ、未来は開かない。」
JAXA国中均先生のお言葉)まさにこの通りである。みな来年もますますチャレンジングに行こう!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月26日up!!

サイエンス・キャッスル in KANSAIにて、中高校生の科学研究成果発表の中、松岡君が
「学生による宇宙開発−プロイテレス衛星の開発・打ち上げと有人火星探査用電気ロケットの開発−」と題して、
ポスター展示とプロイテレス衛星模型、イオンエンジンなど電気ロケットエンジンの展示を行いました。
2012
1223日、追手門学院 大阪城スクエア

200人を超える中高校生が集まりました。彼らが独自に調査・研究したテーマに関する報告があり、
なかには大学生顔負けの優れた成果発表もありました。大学における高度な研究紹介を依頼された、
本学の人工衛星プロジェクトと電気ロケットエンジン開発プロジェクト、多くの中高校生の興味を引き、
ポスターとイオンエンジンの前は人だかり!松岡君が丁寧に説明していました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月26日up!!

機械工学科学部3年生ものづくりPBL授業「エンジニアリング・プラクティス」、
田原先生
担当課題「電気自動車」のコンペを開催しました。3班がそれぞれのアイデアで一年間かけて、
電気自動車を設計・製作しました。平地走行、坂道走行、ブレーキのそれぞれの性能を測定しました。
2012
1218, 20日、大阪工業大学)

平地走行テストでは、10号館前のトラックを20分間で何周できるか競いました。
寒空の下、みな応援で熱気に溢れ楽しみました。
結構よく走る、ビックリ!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月26日up!!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と宇宙推進工学研究室との共同研究「グリーン推進剤を用いた
アークジェットロケットエンジンの開発」の打ち合わせ会議を開きました。

JAXA
筑波宇宙センター研究開発本部から長田泰一さん他2名の研究者の方にお越しいただき、
アークジェットエンジン班の藤田・松本・杉村・井上・岩階君、田原先生が参加しました。
2012
1219日、大阪工業大学)

毒性の高いヒドラジンに替わるクリーンな推進剤として、世界的に注目されているHAN系推進剤の使用に関して、
アークジェットエンジンへの適応性が議論、実験的に評価されました。実用化まであと一歩のところに来ました。
みなで頑張りましょう!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月26日up!!

日本航空宇宙学会 関西支部主催 ライト祭2012にて、ポスター展示とプロイテレス衛星模型、電気ロケットエンジンなどの
展示を行いました。特別講演では、
JAXA
宇宙科学研究所 教授、月・惑星プログラムディレクタ 国中 先生に
「はやぶさ1号2号小惑星探査の全貌」と題して御講演頂き、今後の世界の電気推進ロケットエンジン計画を
参加研究室学生は勉強しました。(
2012
1215日、島津製作所関西支社 マルチホール)

ライト祭の会場は梅田・阪急百貨店のそば、新装した百貨店のShow Windowには恒例のクリスマス人形物語があり、
メルヘンチックで可愛いい!プロイテレス衛星1号機の開発・打ち上げ・運用、電気推進ロケットエンジン開発に関する
ポスター展示・機器展示は大人気で、多くに一般の方々が見られ、池田君他、研究室の学生が対応しました。
JAXA国中均先生は田原先生の学生時代からの友人であり、御講演は「小惑星探査機はやぶさ」、その挑戦的で魅力的な宇宙開発物語は
いつも聴衆を魅了します。特に、参加者は学生が多かったので、感動したのではないでしょうか!
未来は創るもの、挑戦しなければ未来は開かない!という最後のフレーズは最高!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月26日up!!

大阪工大学生によるMock International ConferenceMICTrial 2012にて、会議委員長の湖山君が活躍すると共に、
惠上君がプロイテレス衛星開発・打ち上げに関する研究成果を口頭発表しました。
本会議は英語
PBL教育の一環として開催され、多くの学生が日頃の実践英語の成果を披露しました。
2012
1215日、大阪工業大学)

100名を超す学生、教職員が集まり、口頭発表・ポスター発表を行い、質疑応答しました。
参加要請された恵上君はいつもの流暢な英語で対応しさすがです。
湖山君の
Closing Ceremonyもよかった!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月26日up!!

大阪工大 一般教育科研究談話会にて、田原先生が「学生による宇宙開発−プロイテレス衛星の開発、
打ち上げ・運用から新たなる大挑戦へ−」と題して特別講演を行いました。
インド
PSLVロケットC-21号機打ち上げの動画から最近インド側から入手した写真など初データをたくさん公開しました。
20121214日、大阪工業大学)

田原先生しか知らない、プロイテレス衛星1号機開発・打ち上げの秘話、
インドでの作業生活などを交えて講演され、
聴衆の皆さんは普段聞けない内容にビックリされていました。
さらに、プロイテレス計画の今後の大展開をお聞きし、これもビックリ!!!
ますますチャレンジングな田原先生に感服です!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月26日up!!

大阪工大 体育会親睦会に航空部顧問として田原先生が出席しました。
体育会クラブの学生と顧問・副顧問の教職員が集まり、日頃の活動状況、その苦労話など歓談し親交を深めました。

2012
1211日、大阪工業大学)

2013年度の体育会学生役員の紹介に始まり、最後は応援団のエール、大学校歌をみなで合唱しました。
初々しい航空部学生から最近のグライダー大会の成果を聞き、田原先生喜んでいました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月26日up!!

11大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)ワークショップ2012にて、恵上君、松岡君が、
プロイテレス衛星1号機開発・打ち上げ、運用について、それぞれ口頭発表とポスター発表をしました。
超小型衛星、カンサット、小型ロケットの開発研究をしている学生が日本全国から大雪の中、北海道大学に集まりました。
研究発表、討論は熱気ムンムン!今年9月打ち上げに成功したプロイテレス衛星は注目の的で多くの質問を受けました。
2012128-10日、北海道大学)

大阪・関西国際空港からピーチ航空でひとっ飛び、2時間弱でもう北海道・新千歳空港に着きました。
大雪の中、北大・クラーク博士の胸像、ライトアップされた大通り公園など見て周りました。
寒い!!!でも新雪が気持ちいい!とてもきれい!

30大学から投票で口頭発表の大学が10校選ばれるルールで、もちろん我々、宇宙推進工学研究室は選出され、
プロイテレス衛星打ち上げの興味の高さを示しています。
ポスター発表の松岡君、口頭発表の恵上君共に、インド宇宙研究機関とのやり取り、サティシュ・ダワン宇宙センターでの
作業内容など、他の大学の方々からたくさんの質問を受け、丁寧に答えました。

会議の合間に、札幌ラーメンに舌鼓。小樽観光では、名物の海鮮丼を食べ、小樽オルゴール館や運河を見て楽しみました。
大阪ではお目にかかれない大雪、短い期間でしたが北海道を堪能したようです。よかったね!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月07日up!!

日本機械学会 20 機械材料・材料加工部門大会にて、羽賀俊雄 実行委員長のご指示のもと、
研究室大学院生、宮原さん、田原先生が参加、お手伝いしました。
田原先生司会の特別講演には宇宙開発協同組合・専務理事の棚橋秀行
氏をお招きし、
人工衛星「まいど1号」開発の苦労話などをご披露して頂きました。(
2012
121, 2日、大阪工業大学)

大学正門での誘導係から、受付、休憩室、講演会場でのお手伝いから、特別講演の準備、
いつもお世話になっている羽賀先生を助けました。
大人気!特別講演、棚橋さんの話はとても面白く、「ものづくりはひとづくり」のキャッチフレーズがとても印象的で
参加者みな感動しました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月07日up!!

49 日本航空宇宙学会 中部・関西支部合同秋期大会にて、4年生の井端、山本、加藤、杉村、陳、松岡君の6名が
研究成果を口頭発表しました。有人火星探査用大電力イオンエンジンや電磁加速プラズマエンジンの開発研究、
プロイテレス衛星1号機の開発・打ち上げ・運用状況、プロイテレス衛星2号機、3号機用機器の開発状況と
搭載用電気推進エンジンの研究など盛りだくさんで発表しました。
祝!なんと、夏に打ち上げたプロイテレス1号機に関する最新の状況を発表した、松岡君が
関西支部
支部長賞を頂きました。20121130日、名城大学 天白キャンパス タワー75

早朝、近鉄アーバンライナーや新幹線でみな名城大学に集合。
大阪工大と違って、広くきれいなキャンパスにうらやましそう(?)!!!

みな初めての学会発表です。発表開始まで緊張しましたが、話し出すと練習の甲斐あってすらすら流暢に発表できました。
質疑応答には少し苦労しましたが、まずまずの出来で、満足満足!

せっかくの名古屋なので講演の合間に、みなで名古屋市科学館に出かけました。
宇宙関連の展示がたくさんあり楽しみました。

夕方の懇親会、緊張の糸が切れてみな大爆発!、大いに楽しみました。
学会賞の発表があり、なんと松岡君が関西支部
支部長賞を頂きました。さすが、人工衛星プロジェクトの学生リーダーです!
松岡君を囲んで、湯村
関西支部支部長、大久保博志 先生(府立大)、田原先生の4人で記念写真!
日帰り出張で忙しい一日でしたが、みな本当によく頑張りました。お疲れ様!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月07日up!!

宇宙推進工学研究室にて研究成果中間報告会と親睦会を開催しました。研究室3年生も含め全員参加しました。
1130日(金)の日本航空宇宙学会 中部・関西支部合同秋期大会を目指し、各研究グループが研究成果を報告し、
発表学生は多くの質問に答え今後の方針について全員で検討しました。
その後の親睦会は、たこ焼き、焼きそば、チャーハン、餃子何でもありの焼き焼きパーティー、みなで盛り上がりました。
20121127日、大阪工業大学)

研究成果は主に4年生が発表し、大学院生が厳しい質問をしました。
初々しい3年生の質問もあり!普段みな仲良しですが、研究に関しては厳しく自由に自分の意見を発言するところが研究室の良い所です。
その後はわだかまりなく皆で焼き焼きパーティー、お腹いっぱい、心も体も暖かくなりました。最高!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月07日up!!

56回宇宙科学技術連合講演会にて、戸川、藤田、杉本、木咲、惠上、湖山君の6名が研究成果を口頭発表しました。
それぞれが、9月に打ち上げに成功したプロイテレス衛星1号機の開発・打ち上げ・運用状況(恵上君)、
プロイテレス衛星2号機の開発状況と搭載用大電力パルスプラズマエンジンの性能特性(木咲君)、
プロイテレス衛星3号機搭載用低電力ホール型イオンエンジンの性能特性(戸川君)、
軌道間輸送用(
In-space propulsion)大電力イオンエンジンと電磁加速プラズマエンジンの開発状況(杉本君と湖山君)、
低毒性推進剤用アークジェットエンジンの性能特性(藤田君)などを発表し、
それら興味深い内容に
JAXAや他の大学の方々から多くの質問を頂きました。
もちろん完璧に返答!
20121119-23日、別府国際コンベンションセンター(ビーコンプラザ))

1119日夕刻、大阪南港からフェリーさんふらわあに乗り込み、20日早朝、別府港に到着。
船内では修学旅行気分で、いつものようにトランプ、田原先生は飲みまくり、一人、湖山君のみが発表練習!

講演会会場到着、早速、共同研究をしているJAXA研究開発本部の長田泰一さんの講演、宇宙飛行士・野口聡一さんの特別講演を聴講。
午後から湖山君、杉本君の出番です。
In-space propulsion(軌道間輸送)に関するオーガナイズドセッションで、
それぞれ大電力電磁加速プラズマエンジンと大電力ホール型イオンエンジンの開発研究の成果を発表しました。
また、別室で、恵上君がプロイテレス衛星1号機の開発、打ち上げ、運用状況を発表しました。
発表時間が重なり田原先生は恵上君の応援に行けませんでしたが、今夏衛星打ち上げたとあって、
多くの聴衆の中でたくさんの質問を受けたそうです。でも、ちゃんと答えた(本人談)と聞いて一応安心!

夕方は、いつもお世話になっているハイサーブの脇園ご夫妻と夕食。
大分名物の関サバととり天、とても美味しく、みな感激!
最後にお店の方と記念写真、木咲君は相変わらずです???

講演会2日目(1121日)は午前中、田原先生の司会業務と戸川君の発表のみ。
戸川君は場馴れしているので緊張することもなく無事発表・質疑応答を終えました。

午後から講演会を抜け出し、脇園ご夫妻と一緒に別府観光。別府と言えば地獄めぐりでしょ!
血の池地獄、龍巻地獄、海地獄などみなで周り楽しみました。

講演会最終日(1122日)午前は、アークジェットエンジン関連の講演があり、
共同研究者のアーストラックコーポレーション・野川雄一郎さん、それに引き続き藤田君の講演が無事終わりました。
そして木咲君の講演が午前最後に終了し、全員の講演がなんとか終わり田原先生、ほっとした様子でした。
連休になるので、午後から自由行動、帰阪は各自になりました。ほんとみな良く頑張りました。お疲れ様!

田原先生は夕方、亀の井ホテルに移動し、第1回大電力ホールスラスタ開発に関する検討会議に
出席されました(
http://art.aees.kyushu-u.ac.jp/research/Hall/inspace/index.html)。
友人の鷹尾良行先生(西日本工業大)ほか、小紫公也先生(東大)、国中均先生(
JAXA宇宙科学研究所)、多くの先生方が参加され、
In-space propulsion(軌道間輸送)用大電力ホール型イオンエンジンシステムを日本で開発しようとするものです。
今後の日本の宇宙開発にとって無くてはならない大電力の電気推進開発にオールジャパン体制で臨もうとしています。
しかも世界情勢を鑑みると短期決戦だそうです。懇親会でも白熱した議論が行われたそうです。田原先生頑張って!

田原先生は、西日本最大規模の近鉄・別府ロープウエイ(鶴見岳)から見た別府市内・別府湾、雄大な湯布岳を最後に観光し、
楽しい別府温泉を去り小倉経由で大阪へ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月07日up!!

第1回再生可能エネルギー研究と応用に関する国際会議(International Conference on Renewable Energy
Research and Application
)にて、池田、三藤、木咲君の3名が研究成果を口頭発表しました。
3人共に、如何に効率良い電気推進ロケットエンジンシステムや小型人工衛星を開発するかについて最新の研究成果を
報告しました。さらにさらに、その内容が斬新であった、池田君が
Outstanding Paper Awardを受賞しました。
20121111-14日、ベストウェスタンプレミアホテル長崎)

神戸空港よりスカイマーク航空でひとっ飛び、長崎到着。
国際会議に少し出席した後、せっかくの長崎、平和公園、原爆資料館などを見学し、戦争の痛ましい歴史を皆で改めて熟考しました。
夜は地元の方にも人気の店にて、長崎ちゃんぽん、皿うどんを堪能しました。
商店街は踊りやダンスで賑やか!みな満足満足!

二日目、研究発表です。池田君はプロイテレス衛星3号機搭載用ホール型イオンエンジンの高効率化に関する研究、
木咲君はパルスプラズマエンジンを搭載した超小型人工衛星の開発に関する研究、
三藤君は将来の有人火星探査の大電力イオンエンジンの高効率化に関する研究の成果を発表しました。
博士課程2年生の池田君はもう慣れたものです。流暢な英語で質問にも的確に応えていました。
木咲君は
Native English Speakerのお母さんから教わった流暢な英語で対応!三藤君も自力でまずまずの頑張り!

夜は楽しいバンケット!長崎大学教授の黒川不二雄 会議委員長、田上富久 長崎市長の御挨拶から始まり、
芸者さんの華やかな踊り、長崎くんちの派手な龍(りゅう)の舞いに圧倒され最高に楽しみました。
学会賞の発表があり、池田君の名前が読み上げられた時にはみなビックリ!黒川委員長から表彰状を頂き大喜びに池田君!
さすがです、ほんとよかったよかった!

三日目最終日は午前中、会議に出席した後、出島とグラバー園を観光しました。
鎖国時代に唯一世界に開かれていた長崎、キリシタン、幕末のころなど、多くを学び感動!豚の角煮まんじゅうで一服!
最後に、長崎ちゃんぽん発祥のレストラン「四海楼(しかいろう)」で、もちろんちゃんぽんを舌鼓!夕方神戸に到着。
タイトなスケジュールでしたが、充実した国際会議出張でした。みなお疲れ様!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年12月07日up!!

プロイテレス衛星の開発・打ち上げに成功した人工衛星プロジェクトチームに学長賞が授与されました。
大阪工大大宮キャンパス・ルラーシュ(6号館
15階)にて授賞式が開かれ、プロジェクト学生代表して
松岡君が井上学長より表彰状を受け取りました。
20121110日、大阪工業大学)

緊張の表彰式。松岡君が立派に表彰状を受け取りました。感激!ほんとよく頑張りました!
これからも衛星1号機の運用から、2号機、3号機の開発に邁進してほしいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年11月06日up!!

インドよりプロイテレス衛星のマスダミーが帰ってきました。2012116日、大阪工業大学)

マスダミーはプロイテレス衛星の相棒です。
これから大阪工大で宇宙を飛んでいる衛星を一緒に応援しましょうね。
ほんとお疲れ様!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年11月06日up!!

アーストラック・コーポレーションとの共同研究である、国際宇宙ステーション廃棄水を用いた
電気推進ロケットシステム(アークジェットロケットエンジン)の開発に関する打ち合わせ会議を開きました。
アーストラック・コーポレーションの野川雄一郎さん、宇宙推進工学研究室アークジェットエンジン研究班の
藤田、松本、杉村君、3年生の井上・岩階君、田原先生が現状の研究結果と今後の計画について検討しました。
3年後を目処にロケットエンジンシステムを完成させ宇宙実験を行う方針を全員で確認しました。
大忙しですが、世界初を目指して頑張ります!!!
2012115日、大阪工業大学)

野川さんによる月基地建造物資輸送ミッションにおける軌道解析や学生による
アークジェットエンジンの構造・性能特性について説明がなされ、
ロケットエンジン噴射実験室で実際の装置について議論が行われました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年11月06日up!!

宇宙推進工学研究室ゼミ旅行でマキノ高原に行きました。
2泊3日の日程、天候に恵まれ、スポーツ三昧、飲めや歌えの大騒ぎ、大いに楽しみました。
20121029-31日、マキノ高原(滋賀県マキノ町))

大宮キャンパス西門にみな集合、車2台に分乗しLet’s Go!マキノ高原!お昼に到着、高原でお弁当。

早速みなでグランドゴルフを楽しみました。優勝は3年生の鈴木君、情けない先輩たちです!

近くの「マキノ高原温泉さらさ」でゆったりと汗を流し、食べまくり飲みまくり、みな爆睡モードへ!翌日の朝食はきつかった!

二日目の午前中は自由行動。昼食は定番、カレーライス、すっかり昨晩のアルコールが抜け美味しい。
ひとり田原先生だけ再びアルコール補給、さすがです???午後からは、マキノ高原体育館でバスケットボールとドッジビー。
2チームに分かれ、ここでも全員奮闘!皆の性格がよく出てました!夕食はバーベキュー。
肉も野菜も美味しく、食べまくり飲みまくり!食事の後は全員集まり、人生ゲーム!
富豪になったり極貧になったりで夜遅くまで盛り上がりました。

最終日は、お世話になった、民宿「一二三館」の前と高原の直線並木で記念撮影!

帰りに京都三千院を観光。2泊3日の短い旅行でしたが、みな大学を忘れ研究を忘れ、大いに楽しみました。
記念に残る旅行になりました。

番外編!大阪工大Language Learning Center (LLC)でのアルバイトのため一日前に帰った湖山君は、
LLCHalloween Partyで仮装大賞を受賞したそうです。ムービーマンがバカ受け!!!副賞はUSJのチケット3枚。
やったね、湖山君おめでとう!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年11月06日up!!

大阪工大・工学部主催・工学実感フェア2012にて、宇宙推進工学研究室は「身近な宇宙!」をアピールしました。
宇宙推進工学研究室が中心になって、今年
99日、プロイテレス衛星の打ち上げに成功、現在運用中、
この大イベントのこれまでの軌跡を紹介しました。小惑星探査機「はやぶさ」の主推進ロケットエンジンである
イオンエンジンの展示、航空宇宙に関するビデオ上映、電気推進ロケットエンジンや小型ジェットエンジンの噴射実験、
風船パワー模型ロケットの製作・打上げ大会、宇宙関連の塗り絵やペーパークラフト製作、コイン落としなどが行われ、
集まったたくさんの親子連れに宇宙を身近に感じていただけたのではないでしょうか?

2012
1027, 28日、大阪工業大学)

プロイテレス衛星の打ち上げ・運用状況の紹介、大スクリーンでのロケットの打ち上げシーン、感度のシーンを上映しました。
電気ロケットエンジンやジェットエンジンの噴射実験も興味津々に楽しんでくれていました。
また、キッズルームで新しく始めたコイン落としにちびっ子は夢中!はやぶさのペーパークラフトも大人気!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年11月06日up!!

金沢市で開催された大阪工大・教育懇談会に田原先生が出席されました。
なんと!研究室の4年生・松岡君のご両親にお会いされたそうです。
人工衛星を作りたくて大阪工大に進学したことなどをお聞きし、田原先生は感激したそうです。
今は松岡君が人工衛星プロジェクトの中心学生、要ですとお伝えするととても喜んでおられました。
素晴らしいご両親でした。(
2012
1020, 21日、金沢都ホテル)

サンダーバードであっと言う間に金沢到着。兼六園や花街を観光、久しぶりの金沢を楽しまれたようです。
UFO
の町、羽咋(はくい)市の宇宙科学博物館コスモアイル羽咋にも行かれたそうです。さすが、宇宙好き!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年11月06日up!!

機械工学科仮配属3年生10名を研究室に迎えました。元気な3年生が来ました。
先輩学生による研究テーマの説明の後、歓迎会が開かれ、皆で宇宙を目指そうと盛り上がりました。
20121018日、大阪工業大学)

研究テーマの説明を真剣に聞き入る3年生たち、今日から研究室の一員です。
みな爆発!賑やかな歓迎会の様子、もう先輩ともめちゃ親しくなりました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年10月16日up!!

号外!!!インドPSLVロケットC21号機に搭載されたプロイテレス衛星、宇宙に飛び立つ直前の勇姿が手に入りました!
ロケット最上段・衛星格納部での最終作業終了後の写真です。
2012
824日、インド宇宙研究機関・サティシュダワン宇宙センター

インド宇宙研究機関(ISRO)提供

池田君と田原先生が打ち上げの成功祈願!パンパンと手を叩くとインド技術者もびっくり!これが日本式です。
主衛星フランス・
SPOT6と共にカコイイ!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年10月16日up!!

25回国際計量計測展(INTERMEASURE 2012)にて、井上君がプロイテレス衛星の打ち上げ・運用状況、
今後のミッション計画を紹介(ポスター発表・展示と口頭発表)しました。
この展示会には世界最先端の計測に関する研究・技術が集まり、多くの企業技術者の方がお見えになりました。

20121010-12日、東京ビックサイト 西34ホール)

東京の大展示場、たくさんの方がお見えになり大盛況でした。
井上君はプロイテレス衛星の内部構造に関して宇宙用計測機器を中心に説明するとともに、
軌道上の衛星の最新状況を報告しました。一人で大変でしたね。ほんと、お疲れ様でした。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年10月16日up!!

アメリカ電気学会主催 第8回輸送機パワー・推進国際会議(8th IEEE Vehicle Power and Propulsion Conference
(IEEE-VPPC)
)にて、田中君と惠上君が研究成果を口頭発表しました。
それぞれが、打ち上げに成功したプロイテレス衛星を中心に、搭載されているパルスプラズマロケットエンジンの
開発・試験状況・今後の宇宙運用、衛星打ち上げの過程・それまでの総合試験・その後の運用状況を発表しました。
聴講者はみな興味津々で聴いていました。
2012109-12日、Olympic Parktel(ソウル・韓国))


関西国際空港から一飛び、1時間10分でソウル国際空港に到着。
国際会議会場のオリンピックパークホテルは有名なソウルオリンピックの中心にあります。
オリンピック公園を西日本工業大学の鷹尾先生、みなで散策しました。

田中君も惠上君も英語が得意なので、流暢な英語で発表を楽しんでいました。もちろん質問にも適確に答えていました。
一日中、司会を担当された田原先生はお疲れ気味!でもビールを飲んで復活???

発表を終え、みなでソウルの繁華街、ミョンドンにくり出し、名物の焼肉に舌づつみ。
翌日(
911日)は韓国の歴史の勉強で、法宮(王が住む第一の宮廷)の景福宮と昌徳宮を観光しました。
朝食は屋台のチーズサンド。これが安くて、とても美味しい!

国際会議のバンケットはロッテホテルワールドで盛大に開かれ、みなその接待に感激しました。
夢心地のまま、翌日、関空に到着。短い出張でしたが充実した内容でした。みなご苦労様!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年10月16日up!!

滋賀県立河瀬中学校にて、田原先生が「先進航空宇宙工学」と題して特別集中授業を行いました。
滋賀県教育委員会の支援のもと、河瀬中学校は、「スタープログラム」と題して、
宇宙に関係する最先端の技術研究の特別授業を行っています。
田原先生は8時間担当し、「飛行機とロケットの原理」、「人工衛星と惑星探査」、「先進航空宇宙工学の世界」の講演、
ジェットエンジン噴射実験、ロケット・人工衛星の模型展示など
を行いました。

2012926,27日、滋賀県立河瀬中学校)

田原先生は今年で2年目の担当ですが、中学1年生には少し難しい授業だったかな?でも非常に熱心に興味深く聞いてくれました。
飛行機・ロケットの原理とその開発の歴史、ジェットエンジンの噴射実験、小惑星探査機はやぶさの話題・開発裏話、
ついでに映画「
HAYABUSA」予告編の観賞、本学プロイテレス衛星の打ち上げ・運用の状況、ミッション計画など、
宇宙を身近に感じてくれたのではないでしょうか。そうです、宇宙は決して夢ではなく、努力すれば誰でも手が届くのですよ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年10月16日up!!

大阪工大機械工学科3年生を対象とした、研究室仮配属説明会とオープンラボが開催されました。4年生の山本君が
宇宙推進工学研究室を紹介しました。5分間の短い発表でしたが研究室の魅力を十分に伝えてくれましたと思います。
また、
9
25, 28日には実験室を解放し、大型スペースチャンバーや電気ロケットエンジン実験装置、
世界有数の宇宙工学実験装置を見学してもらいました。
2012925, 26, 28日、大阪工業大学

山本君による発表と実験室見学の様子。宇宙推進工学研究室の魅力は何と言っても自由に世界最先端の宇宙工学研究ができるところです。
失敗も多いですが、みなでよく考え、2回目3回目には必ず成果が出るように努めています。
田原先生は、宇宙では何が起こるかわからない、常識にとらわれずに自由な発想でユニークなアイデアを出せと、
また宇宙開発は我々がリードしなければならないとおっしゃられます。
とにかく、スケールが大きく、楽しく充実した研究室だと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年10月16日up!!

大阪工大・学生プロジェクト報告会にて、衛星プロジェクトを代表して、松岡君、惠上君がプロイテレス衛星の
打ち上げ・運用の状況、軌道上の衛星の状態を報告しました。井上学長、川田工学部長にもご参加いただき、
ソーラーカー、フォーミュラーカー、ロボット、人工衛星プロジェクトの代表者が順番に今年の成果を発表しました。
人工衛星プロジェクトの目玉は何と言ってもプロイテレス衛星1号機の打ち上げ成功です。
もちろん一番光っていました!(
2012925日、大阪工業大学 ルラーシュ

松岡君、惠上君の発表は、インド宇宙研究機関・サティシュダワン宇宙センターでのプロイテレス衛星の最終チェックの様子、
衛星打ち上げの見学、その後の運用状況、今後のミッション計画など盛りだくさんでした。
全プロジェクト発表終了後は、懇親会が開かれ、プロジェクト学生間の交流、苦労話で盛り上がりました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年9月11日up!!

インド宇宙研究機関は、サティシュ・ダワン宇宙センターにて、インド現地時間99953分(日本時間1323分)、
プロイテレス衛星1号機を搭載した
PSLVロケットC21号機の打ち上げに成功しました。
その夕刻、予定軌道に投入されたプロイテレス衛星から発せられたモールス信号が地上で受信されました。
衛星は元気に宇宙を飛びまわっています!
201299日、インド宇宙研究機関・サティシュダワン宇宙センター









ロケットの打ち上げを見るために、インド宇宙研究機関サティシュ・ダワン宇宙センターに、
小林裕之先生、田原先生、池田・井上・恵上・酒見・塚本君の学生
5名が出かけました。
大きな炎と轟音を発して
PSLVロケットC-21号機が地上を飛び立ち、皆その大迫力にびっくり、大感動しました!
誰もがプロイテレス衛星1号機を無事、宇宙に運んでくれることを願いました。



インド現地、宇宙センターの学生が撮影した動画を、日本の大阪工大にUstreamで配信、同時中継を試みました。
大阪工大・多目的室(1号館2階)には、多くの学生・教職員、プロイテレス衛星開発にお世話になった企業の方々が集まり、
応援しました。ロケット打ち上げの臨場感は最高!全員で打ち上げの成功を祈りました。
ロケット打ち上げ・衛星放出成功後、大阪工大地上局にて夕刻、モールス信号の受信に成功!プロイテレス衛星は生きています!
自由に宇宙を飛び廻っていることでしょう!プロイテレス頑張れ!


インド宇宙研究機関(ISRO)提供

インド宇宙研究機関・PSLVロケットC-21号機の雄姿、打ち上げです。とにかく大迫力!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年9月3日up!!

本学大宮キャンパスにて、工学部主催、小学生向けの工作・実験フェア2012を開催しました。
宇宙推進工学研究室からは、ペットボトルロケット製作・打上げ大会、ペットボトルレーシングカー製作・レース大会を
開きました。さらに、キッズルームでは、風船パワー模型ロケット大会、ロケット・人工衛星の模型製作や塗り絵、
月や火星の球形模型製作、コイン落しなどを行いました。晴天酷暑からゲリラ雷雨と、過酷な天候でしたが、
小学生親子に楽しんでもらおうと、田原先生旧友の大阪大・渡辺陽介先生、宮原千春さんの応援のもと、みな奮闘しました。
自分たちの作った、ペットボトルレーシングカーの爆走、ペットボトルロケットの大飛翔を見て小学生がびっくり!!!
親子で仲良く楽しんでいました。風船パワー模型ロケットを追いかける子供たちも印象的でした。
(準備のかいがあったかな。よかった、よかった!)
なお、使用した
1.5リットル・ペットボトルはすべて東洋製缶(株)からのご寄付です。
子供たちが理科、ものづくりに興味を持ってくれることを願って・・・。本当に有難うございました。
201291日、大阪工業大学大宮キャンパス)

スケートボードに乗って綱引き、簡単な「作用反作用の法則」の力学実験のあと、ペットボトルレーシングカーの制作、
東中庭で爆走させました。みなびしょ濡れ!でも楽しく大興奮!!!


午後からはペットボトルロケットの登場です。雨雲を吹っ飛ばし、みなで淀川を超える大飛翔にびっくりしました!

慰労会を開催。ほんとみなお疲れ様でした!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年9月3日up!!

本学大宮キャンパスにて、オープンキャンパスが開かれました。
宇宙推進工学研究室からは、電気推進ロケットエンジンの噴射実験と小型ジェットエンジンの噴射実験を行い、
人工衛星プロジェクトの紹介として、今夏(
99日)打ち上げ予定のプロイテレス衛星の準備状況と
今後の運用計画を説明しました。(
2012825日、大阪工業大学大宮キャンパス)

小惑星探査機「はやぶさ」の主推進エンジン「イオンエンジン」の噴射、航空機に搭載されているジェットエンジンの噴射、
どれも大迫力です!それらの推進の原理も丁寧に説明しました。
超小型衛星としては世界初の電気推進ロケットエンジンの宇宙噴射実験を行う本学プロイテレス衛星、
すでにインド宇宙研究機関・サティシュダワン宇宙センターに運ばれ、打ち上げを待つばかり!応援お願いしますね!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年9月3日up!!

インド宇宙研究機関サティシュ・ダワン宇宙センターにて、プロイテレス衛星1号機がPSLVロケットC-21号機に
搭載されました。インド現地時間
99951分に打ち上げられる予定です。
インド関連の宇宙ミッション
100回目記念の打ち上げであり、インド側も気合が入っています。
Prime Minister
(首相)も打ち上げ見学に来るとか!とにかく成功を祈るだけです!
2012820-24日、インド宇宙研究機関・サティシュダワン宇宙センター

プロイテレス衛星1号機は、インド宇宙研究機関サティシュ・ダワン宇宙センターのクリーンルームSP-2Aにて、
質量測定など最終準備を終え、
PSLVロケットC-21号機の最上部、衛星デッキに運ばれました。
このロケット最上段の衛星搭載部は、現在、クリーンルーム
SP-3になっており、フランスの主衛星「SPOT-6」(地球観測衛星)と共に、
搭載最終作業が行われました。そして
824日夕刻に全ての作業が無事終了し、みな安堵!
(クリーンルーム
SP-3内での作業の写真は、セキュリティチェック後入手しましたら公開しますね!
代わりに宇宙センターゲートでの池田君の写真で我慢してください!)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年8月14日up!!

電気学会プラズマ研究会にて、杉本君が本学ホールスラスタ・シリーズの紹介・研究成果を口頭発表しました。
宇宙推進工学研究室では、3種類のホールスラスタの研究開発を活発に進めています。
それらの用途はそれぞれ異なり、宇宙ミッションに合わせて選定されます。今回のプラズマ研究会では、
「大阪工業大学におけるホールスラスタの研究開発」と題して、これら3種類のホールスラスタの開発状況と
成果を総合的に紹介しました。
201288-10日、岩手大学

発表は手慣れている杉本君、丁寧に本学のホールスラスタ開発の高度技術を紹介しました。さすがです!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年8月14日up!!

八戸工業大学・電気電子システム学科・根城安伯研究室から、2名の学生が参加し、ホールスラスタの共同実験を
行いました。
ホールスラスタは、世界中で精力的な開発が進められ商業化が図られると共に、更なる高性能化が
求められています。本共同研究ではスラスタ内部の物理過程を十分解明すると共に、それらを元にした
高性能スラスタを設計製作、性能測定し、実証しています。
201287-8日、大阪工業大学)

根城研究室と本研究室とは、各種電気推進ロケットエンジンの開発研究に関する共同研究を精力的に進めています。
短い共同実験の期間でしたが、貴重なデータがたくさん取れました。よかった、よかった!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年8月14日up!!

本学大宮キャンパスにて、オープンキャンパスが開かれました。
宇宙推進工学研究室からは、電気推進ロケットエンジンの噴射実験と小型ジェットエンジンの噴射実験を行い
人工衛星プロジェクトの紹介として、今夏打ち上げ予定のプロイテレス衛星の準備状況と今後の運用計画を説明しました。
2012
85日、大阪工業大学大宮キャンパス)

小惑星探査機「はやぶさ」の主推進エンジン「イオンエンジン」の噴射、航空機に搭載されているジェットエンジンの噴射、
どれも大迫力です!それらの推進の原理も丁寧に説明しました。
超小型衛星としては世界初の電気推進ロケットエンジンの宇宙噴射実験を行う本学プロイテレス衛星、
すでにインド宇宙研究機関・サティシュダワン宇宙センターに運ばれ、打ち上げに向けた最終作動チェックを行っています。
こちらも応援お願いしますね!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年8月14日up!!

インド宇宙研究機関・サティシュダワン宇宙センター(ロケット打ち上げセンター)にて、プロイテレス衛星1号機の
最終動作チェックを行いました。プロイテレス衛星は、チェンナイ国際空港到着後、通関業務を済ませ、
陸路にてサティシュダワン宇宙センターに運ばれました。そして、宇宙センター内のクリーンルームにて、
池田君、井上君、恵上君、小林裕之先生(ロボット工学科・准教授)、田原先生によって、通信テスト、
電気機器動作チェック、磁気トルカ動作チェック、姿勢制御プログラムのチェック、キルスイッチの動作チェックなどが
なされました。すべて問題なく、大阪工業大学出発直前の状態が維持されていることを確認しました。
また、日本からの学生、研究者は珍しいらしく、我々は大歓待を受け、副センター長・
MYS PRASAD
氏のサポートにより、
すでに
PSLV
ロケットC21号機の第1段目の準備に入っており、決して外部の者を近づけさせない、ロケットパッドを
まじかで見学、ミッションコトロールセンター内の管制室を見学、その中の大型スクリーンでロケット打ち上げの
ビデオ上映など、体験させていただきました。大迫力!感動と驚きの連続でした。本当に有難うございました!!!
なお、ロケットの打ち上げ予定日は、9月9日(日)です。
主衛星である、フランス・アストリューム社製地球観測衛星
SPOT-6
の準備の遅れで少し延びました。
2012
723-27日、インド宇宙研究機関・サティシュダワン宇宙センター(チェンナイ市の北100km

723日、チェンナイ空港近くの物品輸入センターにて通関業務を済ませ、田原先生立ち会いのもと、
プロイテレス衛星は陸路にて
サティシュダワン宇宙センターに輸送されました。最高速度を40km以下に押さえてもらい慎重に運転、
5時間をかけ、チェンナイ市の北
100kmにあるスリハリコタ島、ロケット打ち上げセンターに夕刻到着しました。
田原先生、さすがに疲れたとか!

725日、池田君、井上君、恵上君、小林先生、田原先生、全員集合で、プロイテレス衛星のコンテナを開封しました。
中で壊れてないか少しヒヤヒヤ!

金属コンテナを開封!大丈夫、プロイテレス衛星はがっちり固定されたままでした!
まずは、衛星とインド側が用意した衛星分離装置、そのインターフェイスリングの機械的な
噛み合わせのチェックを行いました。
インド宇宙研究機関(
ISRO/Antrixの多くの技術者との共同作業です。
学生諸君は英語でコミュニケーションを十分取りながら進めていきました。問題なく合格!
また、5月末にプロイテレス衛星最終打ち合わせのために来日した、
ISRO/Antrixの技術者、Roy氏とRao氏に再会し、
みなで盛り上がりました(もう親しい仲間です!)。

726, 27日、インド側の技術者が見守る中、プロイテレス衛星の最終動作チェックを行いました。
我々が予定していた作業はすべて順調に進みましたが、いくつかインド側からの依頼や意見の相違もあり、
夜遅くまで議論は尽きませんでした。さすがにロケットによる衛星打ち上げ実務ともなると、インド側も一歩も引きません!
最終的には次回の衛星搭載作業時に確認テストを行うことで納得してもらいましたが。以上、ハードスケジュールでしたが、
プロイテレス衛星が無事、健全な状態であったことがとにかく何よりでした!みな本当にお疲れ様!!!

小林先生、井上君、惠上君は7月末に帰国しましたが、池田君と田原先生はそのまま残り、
8月上旬、インド宇宙関連事業コンサルティング会社
E2OMohanty Susmita CEOと人工衛星打ち上げに関する打ち合わせ、
マドラス大学の訪問などを行いました。それらの合間には、チェンナイ市郊外のマハーバリプラムやカーチーンプラムなど観光し、
南インドの遺跡や寺院を堪能しました。池田君は本場インドのカリーが大好きになりました!羨ましい!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年8月14日up!!

超小型人工衛星プロイテレス1号機をインドへ輸出しました。
長期の総合環境試験、動作チェックが終わったプロイテレス衛星は、通関業者「近鉄ワールドエクスプレス」により、
インド・チェンナイ国際空港に無事空輸されました。(
2012
720日、大阪工業大学)

完成したプロイテレス衛星を囲み、みなで記念撮影です。4年の開発期間をかけ、やっとここまで来ました。皆の努力と技術の結晶です!

輸送中壊れないように慎重に梱包してもらい、関西国際空港に運ばれました。
無事にインド宇宙研究機関の
サティシュダワン宇宙センター(ロケット打ち上げセンター)に到着することを祈っています!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年8月14日up!!

機械工学科3年生のPBL授業「エンジニアリングプラクティスI」の期末報告会を開催しました。
田原先生が担当する「電気自動車の設計製作と競技レース」では、3つの班が互いの自動車の特徴と予想される成果を
アピールしました。後期は、実際の製作、競技レースです。これからが大変です!
宇宙推進工学研究室をあげて応援しています。頑張ってください。(
2012
717日、大阪工業大学)

まだまだ不慣れなパワーポイントによる発表であり、先生方から多くの厳しい質問を受けましたが、みな立派に応えていました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年8月14日up!!

常翔学園高校の2年生に、田原先生が宇宙工学に関する特別授業を行いました。
ロケットの開発史のビデオ上映の後、ロケット・飛行機の原理から、最新の宇宙開発の話、
小惑星探査機「はやぶさ」の開発秘話、本学プロイテレス衛星開発・打ち上げの近況情報まで盛りだくさんで紹介しました。
2012
712日、大阪工業大学)

25名の高校生には興味津津、熱心に聞き入っていました。そうです、もう宇宙は決して夢ではないのです!
誰でも努力すれば手が届きます!高校生の皆にはどんどんチャレンジングに自分の夢の実現を目指してほしいと思います(田原先生談)。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年8月14日up!!

アーストラック・コーポレーションとの共同研究である、国際宇宙ステーション廃棄水を用いた
アークジェットロケットシステムの開発に関する打ち合わせ会議を開きました。
アーストラック・コーポレーションの野川雄一郎さん、宇宙推進工学研究室アークジェットエンジン研究班の
藤田、松本、杉村君、田原先生が現状の研究結果と今後の計画について検討しました。
3年後を目処にロケットエンジンシステムを完成させ宇宙実験を行う方針を全員で確認しました。
大忙しですが、世界初、人類の宇宙開拓(?)を目指して頑張ります!!!(
2012
710日、大阪工業大学)

野川さんにご参加頂き、アークジェットエンジンの推力測定実験を行いました。
実験後は、千林商店街の中華料理屋で親睦を深めました。
野川さんは大阪の商店街の活気にビックリ!みなで飲みまくり、楽しみました!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年7月6日up!!

機械工学科1年生対象の授業「基礎ゼミナール」最終日に、宇宙推進工学研究室の学生が1年生を応援するパーティーを開きました。
そろそろ大学にも馴染んできた1年生、でも授業のこと、期末試験のこと、将来に進路のこと、
たくさんの不安と期待、希望を持っています。宇宙推進工学研究室の4年生、松岡君、村岡君、湖山君が中心になり、
先輩として、1年生を応援するパーティーを開催しました。(2012年6月22日、大阪工業大学)

夕食がてら、焼き焼きパーティーです。焼きそば、チャーハン、餃子、ハンバーグなど、みなでホットプレートを囲み楽しみました。
1年生同士の打ち解けた会話、研究室の4年生は1年生からたくさん質問され楽しく答えていました。盛り上がり、最高!
1年生は充実した大学生活を送り、しっかり勉強し、将来立派なエンジニアになってもらいたいと切に思います(田原先生談)。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年7月6日up!!

京都府立西城陽高校にて、田原先生が宇宙工学に関する特別講演を行いました。
将来の宇宙開発、小惑星探査機「はやぶさ」の開発秘話、大阪工大人工衛星プロジェクトなど盛りだくさんで講演、
ジェットエンジンの噴射実験も行いました。(2012年6月20日、西城陽高校)

参加した高校生は普段聞けない宇宙の話にビックリ!興味津津で耳を傾けていました。
ジェットエンジンの噴射実験も大迫力!!!だったとか???(残念ながら写真を撮り忘れ高校校舎のみです、すみません!)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年7月6日up!!

第3回大型In-Space Propulsion(深宇宙用電気推進)ワークショップにて、4年生の湖山君が、
大阪工大における大電力電磁加速プラズマエンジンの開発状況を口頭発表しました。
有人火星探査ミッション、月基地建造計画など、これからの日本の宇宙開発、国際協力プロジェクトにとって、
大型大電力の電気推進ロケットは必要不可欠です。宇宙推進工学研究室は昨年度から宇宙航空研究開発機構(JAXA)と
共同で、新型の大電力電気推進ロケットエンジンンの開発研究を行っています。
今回は、昨年度の成果と本年度の開発計画を発表しました。(2012年6月18日、JAXA筑波宇宙センター)

JAXA筑波宇宙センターは日本の宇宙開発の中心、湖山君は初めてで興奮していました。
会議前に、JAXAの見学コースを周り、日本のロケット、人工衛星の歴史から国際宇宙ステーション、
小惑星探査機「はやぶさ」の開発・運用まで、興味深く勉強しました。会議では、発表終了後、参加された大学の先生方、
JAXA研究者の方から多くの質問を受けましたが、堂々と的確に答えました。さすがあ!
如何に興味深い発表であったかがわかります(現状では一番実現性があるエンジン!)。
夕方の懇親会では、東京大学や名古屋大学の学生と打ち解け楽しみました。
最後に、「はやぶさ」のイオンエンジンを開発したJAXA宇宙科学研究所 教授・国中 均先生とツーショットの湖山君、最高の笑み!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年6月15日up!!

アーストラック・コーポレーションとの共同研究である、国際宇宙ステーション廃棄水を用いた電気推進ロケットシステムの開発に関する
打ち合わせ会議を開きました。アーストラック・コーポレーションの野川雄一郎さん、宇宙推進工学研究室アークジェットエンジン研究班の
藤田、松本、杉村君、田原先生が現状の研究結果と今後の計画について検討しました。
3年後を目処にロケットエンジンシステムを完成させ宇宙実験を行う方針を全員で確認しました。
大忙しですが、世界初を目指して頑張ります!!!(2012年5月29日、大阪工業大学)

野川さんとアークジェットエンジンの構造について議論する様子。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年6月15日up!!

田原先生と機械工学科学科長・井原先生が応用化学科1年生のオリエンテーションにゲスト参加し、
奈良県川上村に行きました。川上村は本学と環境教育・研究の発展に関する協定を結んでおり、
建築学科、空間デザイン学科など、多くの学科・組織が活発に村活動の支援、情報交換に参加しています。
そうした中、このオリエンテーションは応用化学科1年生の環境・エネルギーに関する教育の一環として行われました。
2012
527, 28日、ホテル杉の湯(奈良県川上村))

応用科学科の1年生130名と教員10名、バス4台に分乗し出発、約2時間半で到着。
早速、村の公共ホールで棚橋応用化学科学科長の挨拶、オリエンテーションの目的の説明、
その後、益山先生による自校教育プレゼンテーションが行われました。ホテルに到着、夕食後、各班に分かれてミーティング。
井原先生と田原先生は立派な部屋、夕食、めちゃ快適な温泉・露天風呂を堪能されたそうです。うらやましい!!!
二日目午前は村独自の木工細工や焼き物などの教室に全員参加、午後は村立公共センター、大滝ダムセンターでの
自然環境と自然エネルギーの重要性について学びました。非常にタイトなスケジュールでしたが、みな思いっきり自然に触れ、
のびのび楽しみました。学生はたくさんの友人を作り、盛り上がったのではないかと思います。本当に有意義なイベントでした!
以上田原先生より報告!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年6月15日up!!

インド宇宙研究機関(Indian Space Research Organization: ISRO)の技術研究者2名・Roy氏とRao氏をお迎えし、
プロイテレス衛星1号機の打ち上げに関する最終ミーティングを開きました。
インド
PSLV
ロケットから人工衛星を放出するための装置「衛星分離装置」とプロイテレス衛星との機械的インターフェイスの
チェック、キルスイッチのオン・オフのチェックのほか、大まかな打ち上げスケジュールの確認などが行われました。
チェック試験ではすべて合格点を頂きました。ほんと、よかった!!!
2012
522-26日、大阪工業大学)

523日は終日、本学人工衛星プロジェクト室にてプロイテレス衛星1号機のチェックを念入りに受け、
衛星分離装置やインターフェイスリングの実装など宇宙推進工学研究室・衛星開発班の池田君、井上君、恵上君と田原先生が対応しました。
インド衛星打ち上げコンサルティング会社
E2OCEO・サスミタ女史も本学の応援に駆けつけ、川田裕工学部長と会談を楽しんでいました。
とにかくプロイテレス衛星は合格点を頂き、これで打ち上げが決定しました。みな本当にほっとしました!

524日は衛星打ち上げに関するミーティングの後、大阪観光に出かけました。案内役は4年生の湖山君と松本君です。
2人共、慣れない英語を駆使し頑張りました。大阪城、海遊館、道頓堀・心斎橋界隈を周り、

Roy
氏とRaoは初めての日本、大阪を堪能し、とても楽しそうでした。よかった、よかった!湖山君、松本君、ほんとお疲れ様!!!

525日最終日の夕食は、池田君と田原先生がRoy氏とRaoを梅田で有名なインド料理店に連れて行きました。
そろそろ故郷のインドが恋しくなったようで、「日本のインド料理」(?)を食べたいとリクエストがあったためです。
レストランのシェフはインド人だったのですぐに打ち解け、ヒンディー語で楽しく会話、好きな料理を注文していました。
ヒンディー語はさすがの田原先生でも意味不明!まっ、シェフと地元インドの話に盛り上がっていたようで、
我々も何かわからないけど騒ぎ楽しみました。
最後にインド・ロケット打ち上げセンターでの再会とプロイテレス衛星の打ち上げ成功を祈念しみなで乾杯しました。
必ず成功させるぞ!!!頑張るぞ!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年6月15日up!!

大阪工業大学 ものづくりセンター主催の「第8回キッズものづくり道場」にて、
ペットボトルレーシングカー製作・爆走大会を開催しました。たくさんの小学生親子が集まり、
宇宙推進工学研究室の4年生、修士課程1年生全員で対応しました。
圧縮空気で水を噴射させ走行するロケットカー、その製作を助けるお父さん、お母さん、親子で仲良く取り組んでいました。
2012
519日、大阪工業大学)

午前中、親子で仲良く工作。午後から、天候に恵まれ暖かく10号館前の芝生で製作したロケットカーを走らせました。
水しぶきを上げ爆走するロケットカーの迫力にみなびっくり!

最後に宮原千春さんからキッズマイスター認定書を受け取り喜ぶ小学生!

羽賀研究室(羽賀俊雄先生)と合同で慰労会、みなご苦労様でした!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年6月15日up!!

号外!!!今春、研究室を卒業した岡町悠介君と真希さんのご結婚お祝いの会が開かれました。
宇宙推進工学研究室の同窓会みたい!田中君、中野さん、尾崎君ほか、みな全員集合!岡町君・真紀さん、本当におめでとう!
2012
512日、ARTERIA

お二人の入場の後、田原先生の乾杯の音頭でパーティー開始。二人ともほんと幸せそう!羨ましい!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年6月15日up!!

機械工学科新入生オリエンテーションの一環で、「大阪ガス ガス科学館」を見学しました。
午前中、本学にて機械工学科各先生方による研究紹介の後、午後から「ガス科学館」に出かけました。
1年生全員
150
名と引率の機械工学科教員10名で、バス4台のツアーでした。
科学館では、都市ガスのこと、エネルギー・地球環境の重要性など多くの体験コーナーを通して学ぶことができました。
岸壁に横付けされた大型タンカー、超大型
LNG
タンクを実際に目にして1年生もびっくり!興味津々!
2012
512日、大阪ガス ガス科学館)

機械工学科・桑原先生よる、ガソリンエンジン内部の物理現象に関する興味深い話に聞き入る1年生!
ガス科学館では、身近な都市ガスの製法、輸送方法を学び、地球規模でのエネルギーと環境問題について考えさせられました。
こうして、1年生は皆、丸一日の充実したオリエンテーションに満足していました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年6月15日up!!

電気学会プラズマ研究会にて、三藤君(大学院1年)と松本君(学部4年)が、大電力ホールスラスタの性能特性、
クリーン推進剤を用いたアークジェットロケットの開発に関する成果をそれぞれ口頭発表しました。
2012
510, 11日、豊橋技術科学大学 ベンチャービジネスラボラトリー

豊橋技術科学大学は東海地方に位置し、工学実利用、工業技術力の高い大学であり、世話役・安井利明先生の研究室見学会では、
その材料加工における最先端技術を見ることができました(大阪工大も負けてはいませんが!)。
緊張の中、三藤君、松本君の発表が無事終わり、特に松本君は初陣、頑張りました。帰りに名古屋に立ち寄り、
名物の「味噌カツ」をあてに、乾杯!ほんとご苦労様でした。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年6月15日up!!

大阪中之島祭りにて、宇宙推進工学研究室の活動、本学人工衛星プロジェクトを紹介しました。
NPO法人 関西宇宙イニシアティブ主催のイベント「中之島 宇宙時空間−明日は君も宇宙に−」に参加し、
プロイテレス衛星シリーズの紹介、電気推進ロケットエンジンの展示などを行いました。
その他、小惑星探査機はやぶさの模型展示、宇宙服を着て記念写真などのコーナーもあり盛り上がりました。
(2012年5月3-5日、中之島図書館大阪府立大学中之島サテライト)

親子でたくさんの皆さんが遊びに来てくれました。大学で人工衛星を開発・打ち上げる?「はやぶさ」と同じ、
電気推進ロケットを積んでいる?これにみなビックリ!!!やっぱり宇宙には夢があります。みな楽しんでくれたようです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年5月1日up!!

本学学生プロジェクト報告会にて、松岡君が人工衛星プロジェクトの成果と今年度の計画を紹介しました。
プロイテレス衛星1号機の打ち上げ・運用計画、衛星2号機、3号機の開発状況、
低学年生対象のカンサット製作・実験状況などが丁寧に説明されました。(2012年4月26日、大阪工業大学)

川田工学部長のご臨席のもと、各学生プロジェクト、ロボットプロジェクト、ソーラーカープロジェクトなどの成果と今年度の計画が発表されました。
松岡君、今年度の人工衛星プロジェクトリーダーとして責任重大、緊張しながらも積極的な開発計画をアピールしました。さすがあ!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年5月1日up!!

本学機械工学科・計測工学研究室OBの皆さん8名が宇宙推進工学研究室を見学されました。
人工衛星プロジェクトやJAXAとの共同研究であるプラズマロケットエンジンの開発状況を松本君が紹介しました。
(2012年4月21日、大阪工業大学)

松本君、大先輩の方々とあって緊張しましたが、丁寧に説明できました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年5月1日up!!

日本航空宇宙学会関西支部の総会、特別講演、懇親会が開催されました。住友精密工業(株)田岡良夫氏による、
航空機の着陸装置に関する開発の世界的な動向、苦労話など講演がなされました。
(2012年4月20日、阪急ターミナルビル14F・島津製作所関西支社マルチホール)

特別講演で盛り上がった後は、懇親会、みなリラックスして楽しみました。
阪急ターミナルビル最上階レストランからの眺めは最高!
田原先生は一人で爆発だったそうです!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年5月1日up!!

2012年度第1回の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と宇宙推進工学研究室との共同研究、

低毒性推進剤アークジェットロケット開発に関する打合せ会議が開かれました。JAXAの技術研究者の方4名をお迎えし、

松本君、杉村君、田原先生が共同研究の進捗状況を説明し、今年度の方針・計画を議論しました。(2012年4月17日、大阪工業大学)




松本君と杉村君による実験装置の説明の様子。これからの宇宙開発には宇宙環境の維持も重要になってきました。
今まで使われてきたロケット推進剤は毒性が高く、これを宇宙にばらまくと環境破壊につながります。
世界的な動向としてクリーンな新しい推進剤が望まれ、その積極的な開発が行われています。
本共同研究はその一端を担う重要な研究として世界中から注目されています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年5月1日up!!

宇宙推進工学研究室にて、お花見大会を開きました。新年度になって研究室のメンバーが入れ替わり、研究課題そのものも
新旧で大きく発展します。生憎の雨で急遽、研究室での飲み会になりましたが、皆の盛り上がりは相変わらずで大爆発でした。
(2012年4月13日、城北公園?)

みなで満開の桜を妄想し大宴会になりました。もう先輩後輩仲良く何でも話せるところが、研究室の一番いい所です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年5月1日up!!

本学大学院内部進学試験が行われ、宇宙推進工学研究室からは4年生の湖山、松本、陳君の3名が受験しました。
(2012年4月7日、大阪工業大学)

面接試験の緊張から解放され、晴々した4年生3人です。全員合格でしょう!7月に一般入試を受ける村岡君、頑張ってくださいね。
これで今年度の研究室の体制がほぼ決まりました。博士後期課程2年生の池田君を中心にみな頑張ってほしいと思います(田原先生談)。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年5月1日up!!

2012年度本学入学宣誓式が開催されました。また 入学式の後、機械工学科新入生のご父母の皆さんが研究室見学され、
4年生の湖山君、松岡君が電気推進ロケットエンジン実験装置を説明、衛星プロジェクトを 紹介しました。さらにさらに、
昨年度の中野さんに引き続き、湖山君が機械工学科の優秀模範学生として特待生に選ばれました。さっすがー!
(2012年4月5日、大阪工業大学体育館アリーナ)

入学式の後、井原学科長により機械工学科の紹介が行われました。さらに、ものづくりセンターの最新鋭の工作設備の見学、
湖山君と松岡君の「大学生の手による宇宙開発」の説明がなされ、ご父兄の皆さん感心していました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と宇宙推進工学研究室との共同研究、低毒性推進剤アークジェットロケット開発に関する
打合せ会議が開かれました。JAXAの技術研究者の方2名をお迎えし、藤田君、松本君、杉村君、田原先生が
共同研究の進捗状況を説明し、来年度の方針・計画を議論しました。(2012年3月30日、大阪工業大学)

研究室アークジェットグループにより設計された新型アークジェット推進機の部品を手に取り議論しました。
この新ロケットエンジンは、低毒性ですが、酸性の特性を持つ推進剤を長時間安定に作動させるために、多くの工夫がなされています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

三菱プレシジョン(株)鎌倉事業所・宇宙機器部にて、プロイテレス衛星1号機の最終衝撃試験を行いました。
これは今夏打ち上げが決定した衛星1号機の最終試験です。池田、尾崎、西澤、井上君と田原先生が参加しました。
(2012年3月27-29日、三菱プレシジョン(株)鎌倉事業所)

完成した人工衛星プロイテレス1号機を囲み、みなで記念撮影、入試部の荒木さんと平沼さんにも集まって頂きました。
その後、田原先生の自動車に人工衛星とそのマスダミーを載せ、鎌倉に全員で直行!高速道路のサービスエリアで休みながら10時間をかけ到着、
三菱プレシジョンの多くの社員の皆さんに大変お世話になり、無事、試験をやり終え、また夜中、車を走らせ帰阪。
強攻スケジュールでしたが、試験結果はまったく問題なく、完璧な人工衛星であることが証明されました。万歳、万歳!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

研究室追い出しコンパを開きました。いつも応援頂いている渡辺陽介先生、今年も卒業論文や発表原稿のチェックを
念入りにして頂いた宮原千春さんをお招きし盛り上がりました。4年生、修士課程2年生の皆さん、
社会に出ても持ち前のガッツで頑張ってくださいね!(2012年3月25日、かごの屋守口太子橋店)

いつものしゃぶしゃぶ食べ放題、飲み放題でしたが、時間がたつにつれてみなが暴走し始め、最後は4年生の中野さん、渡辺先生、宮原さんもビックリ!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

関西宇宙フォーラム2012パネルディスカッション「超小型衛星の開発と教育−関西発宇宙プロジェクトの発展をめざして−」にて、
田原先生が本学宇宙工学教育プロジェクトを紹介しました。(2012年3月24日、大阪府立大学中之島サテライト)

大阪の中心、中ノ島はまだ寒々としていましたが、講演会は宇宙への熱い思いで熱気に満ち溢れていました。
株式会社アクセルスペースの中村友哉社長に超小型衛星を用いたビジネスに関する御講演を頂いた後、
田原先生が今夏打ち上げ予定のプロイテレス衛星1号機の準備状況、それによる実践教育について講演し、関係者によるパネルディスカッションが行われました。
高校の先生、東大阪などの民間企業の方々と白熱した議論がなされました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

本学卒業式・大学院修了式と機械工学科修了・卒業記念パーティーが開催されました。
学部4年生、大学院修士課程2年生が晴れて卒業式、修了式を迎えることができました。皆さんおめでとうございます。
ほんとよく頑張ったね!また、本学機械工学科は永遠に不滅です!パーティーは大いに盛り上がりました。
(2012年3月23日、大阪工業大学・ANAクラウンプラザ大阪)

あいにくの雨でしたが、皆の顔は卒業・修了の喜びで晴々していました。川田工学部長、井原学科長にご祝辞を頂戴しパーティーが開始され、
就職活動でお世話になった市冨晶子さんほかたくさんの皆さんが駆けつけてくれました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と宇宙推進工学研究室との共同研究、将来の大型大電力電気推として有望視されている、
電磁加速プラズマロケットエンジン開発の打合せ会議が開かれました。JAXAから3名の技術研究者の方をお迎えし、
研究室の電磁加速プラズマエンジンとアークジェットエンジン研究開発グループ学生3名、湖山、井端、藤田君と田原先生が
共同研究の進捗状況を説明し、今後の方針を議論しました。(2012年3月21日、大阪工業大学)

機械科会議室と電気推進ロケットエンジン実験室での議論中の様子。
将来の月基地建造物資の輸送用や火星有人探査用の主推進ロケットエンジンとして期待される、
30kWクラス定常作動型電磁加速プラズマエンジンに関する研究は世界初の試みです。みな頑張って!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

日本機械学会 関西学生会平成23年度学生員卒業研究発表講演会、関西支部第87期定時総会講演会にて、
三宅君、林君がそれぞれ研究成果を口頭発表しました。JAXAと共同で進めている新しいクリーン推進剤を用いた
電気推進エンジンの性能特性、プロイテレス衛星3号機月探査衛星搭載ホール型イオンエンジンに関する研究の成果を
発表しました。(2012年3月15-17日、関西大学千里丘キャンパス)

2人とも学会発表は慣れたものです。緊張することなく、丁寧に発表できました。発表後の昼食は田原先生のおごりで食べまくり飲みまくり!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

大阪電気通信大学高校の学生8名と教員3名が宇宙推進工学研究室を見学しました。
田原先生のショート講演の後、大型電気推進実験設備、人工衛星環境試験設備などを見学し、
余りの規模の大きさにビックリ、感嘆していました。(2012年3月14日、大阪工業大学)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

プラズマ応用科学会 第19回年会/第5回国際ワークショップにて、田原先生が超音速プラズマジェットの工業応用に関する研究成果を
口頭発表しました。この国際会議、今回は田原先生が実行委員長を務め、電気推進プラズマを含む幅広いプラズマ応用に関する
会議です。世界中から新進気鋭の研究者が集まりました。
(2012年3月9-12日、Howard International House・National Taiwan University(台湾・台北))

世界中を飛び回っている田原先生ですが、なんと台湾は初めてだったそうです。
衝撃波シンポジウム(東京大学)に参加後、東京・羽田の新しい国際線ターミナルから全日空便で一気に台北(タイペイ)へ!
予想に反して台北も結構寒い!無事ホテルに到着、バイクが多くビックリしたそうです。

初日の夕食は仲間と一緒に、日本人好みで穴場の台湾風(?)中華料理を堪能!ヌードルも餃子もさっぱり味だけど非常に美味しい、
いくらでも食べれる!感激!(「餃子の王将」の餃子より上(?))もちろん、ビールは台湾ビア!



国際会議が始まりました。実行委員長の田原先生は受付係からオープニングの挨拶、特別講演の司会、自分の研究発表まで大忙し!
疲れから爆睡状態(気持良さそう!)を盗撮され、ほんと忙しい一日だったそうです。

会議2日目は会議の合間に、東京都市大学の桃沢愛先生、西日本工業大学の鷹尾良行先生と一緒に、
総統府、台北賓館、国立故宮博物院、夜市など観光しました。台湾の深い歴史に感動しました。
しかし観光後は、会議バンケット夕食会の司会をちゃんと務め、委員長の役目をちゃんとこなしていたようです。
(遊びすぎと言われないように!)

会議3日目、会議主催の遠足では、日本で開発・輸出された台湾新幹線で高尾(カオシュン)観光。時速300km近くでも安定走行の新幹線、
日本の高い技術は台湾では有名だとか、うれしい限りです。
高尾では、国立高尾大学(National University Kaohsiung)のWei-Ping Huang(黄維彬)先生のサポートを受け、
観光ボートに乗船、港町市場、前英国領事館官邸などを観光したそうです。昼食は港町高尾ならではの新鮮な海産物料理、
何を食べても美味しくみな感激しました。
海の向こうは中華人民共和国だとか、またまた両国の歴史を考えると複雑な気持ちになってしまいます。

最終日は帰国の途に、全日空便で東京羽田に到着、さらに大阪へ。ほんとお疲れ様でした。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

平成23年度衝撃波シンポジウムにて、田原先生が探査機火星・金星大気突入シミュレーション実験用プラズマジェット装置の
開発に関する研究成果を口頭発表しました。火星と金星の大気の主成分は二酸化炭素です。
この大気中に高速で突入する探査機は大気摩擦により高温化に曝されます。これを地上で実現するには、
本研究室が開発・所有する超高性能の大型装置が必要なのです。(2012年3月7-9日、東京大学柏キャンパス)

衝撃波シンポジウムが開かれた東京大学柏キャンパスには、いつもお世話になっている新領域創成科学研究科 教授・小紫公也先生の研究室があります。
早速、講演の合間に佐宗章弘先生(名古屋大学・教授)と一緒に見学させていただきました。先端宇宙推進の研究装置がびっしり!さっすがあ!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年4月6日up!!

Asian Joint Conference on Propulsion and Power 2012(AJCPP2012)(日本航空宇宙学会 第52回航空原動機・宇宙推進講演会)
にて、池田、井上、藤田君の3名が研究成果を口頭発表しました。また中国、韓国、日本の最先端の航空宇宙推進に関する研究が
たくさん報告されました。(2012年3月1-4日、Grand New World Hotel(中国・西安))

中国南方航空にて西安、唐の都にひとっ飛び!会議の開始前に緊張している?もう開き直っている?今回は、田原先生はいません!
自力で切り抜けるしかないと、みな気合いを入れたそうです。

3人共発表はまずまずの出来!中国の研究者からたくさんの質問を頂きましたが、何とか全部答えました。

研究発表が無事終わり、初日の夜はバンケット、中国側による大接待を受けました。ニーハオ!美しいダンス、美味しい中国料理、うらやましい!!!

ホテルの部屋は広い3人部屋。西安市街はスモッグがかかり、あまり環境はよくありませんが、近くのスーパーで買い物をしたり、
まるで修学旅行のように楽しみました。

西安と言えば昔の唐の都、その歴史的な建物にみなビックリ!何と言っても始皇帝陵、兵馬俑が有名!タクシーをチャーターし観光、うらやましい!

最終日の夜はみなで青島(チンタオ)ビアで乾杯!翌日無事、関西国際空港に到着!(田原先生より)ハードスケジュールでしたが、
この貴重な経験と大きな感動はみなを更に大きく成長させることを疑いません。本当にお疲れ様でした。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最新の記事

2013年度の記事

2011年度の記事

2010年度の記事

2009年度の記事

top