不確実性環境下の意思決定モデリング研究部会

日本オペレーションズ・リサーチ学会
不確実性環境下の意思決定モデリング研究部会

不確実性環境下の意思決定に関する方法(確率・統計,ファジー,ゲーム,DP等)と対象(待ち行列,信頼性,生産・在庫,金融工学,マーケティング,SCM等)について,最新の情報を交換する場を提供します.

次回開催予定

第13回研究会開催

日 時 2017年8月25日(金)13:15-17:30(13:00開場)
場 所 大阪工業大学梅田キャンパス204セミナー室
大阪市北区茶屋町1番45号
https://www.oit.ac.jp/rd/access/index.html

講演題目1 On Bivariate Software Reliability Assessment Technologies
講 師 井上 真二 氏(関西大学)
概 要 ソフトウェアの信頼性を定量的に計測・評価するためのソフトウェア信頼性モデルの多くは,テスト時間のみに依存したソフトウェア故障発生現象に基づいた信頼度   成長過程を記述している.本講演では,信頼度成長要因として,従来のテスト時間要因に加え,テスト網羅度などのテスト労力要因に依存したソフトウェア信頼度成長現象を記述する2変量ソフトウェア信頼性モデルについて,2つの数理モデルとそれらの実データに対する適合性評価結果を述べる.

講演題目2 確率的ジョブショップスケジューリング問題の近似解法
講 師 吉冨 康成 氏(京都府立大学)
概 要 (1)不確定環境型遺伝的アルゴリズム(GAUCE)、(2)GAUCEとモンテカルロ法を組み合わせたアルゴリズム、(3)粒子群最適化にGAの機能を援用し、モンテカルロ法を組み合わせたアルゴリズム、と進歩してきた、確率的ジョブショップスケジューリング問題の近似解法についての著者らの研究をレビューする。

講演題目3 lead time quotation model の解析
講 師 中出 康一 氏(名古屋工業大学)
概 要 生産者は,顧客に対し現時点での生産指示量をもとに納品に必要なリードタイムを示す.顧客は自身の待ち時間の効用をもとに実際に購入するかどうかを決める.適切なリードタイムについて,生産時間が指数分布の場合の解析とともに,一般分布に従う場合についてMn/G/1の解析結果を用いた数値実験を行う.その際必要となる残余時間分布に関する計算法について述べる.

講演題目2 多目的最適化問題のパレートフロンティア探索法と金融工学等への応用
講 師 花田 良子 氏(関西大学),仲川 勇二 氏(発表者,関西大学)
概 要 多目的非線形ナップザック(分離形離散最適化)問題の全ての有効解(パレートフロンティア)を探索するユニークな列挙解法について報告する。この列挙法は改良代理制約法(Management Science 2014)に基づいた方法で、対象とする領域の実行可能解を全て列挙することで有効解の部分集合を求める。目的関数空間上で探索領域を再帰的に分割しつつ、その領域に含まれる有効解を全列挙することで、最終的に全ての有効解が列挙される。他の代表的解法として、IBM CPLEXを用いたSayin等(Managemet Science 2005)と動的計画法を用いたBazgan等(Computer & Operations Research 2009)がある。これらの解法との比較実験の結果とともに、金融工学等への応用について報告する。

懇親会会場

開催場所 現在,調整中
7月上旬にご案内します.
開催時刻 17:50から2時間
費用 6,500円程度