学科紹介

ロボティクス&デザイン工学部の学びと研究領域

ロボティクス&デザイン工学部ではロボットやシステム、
空間デザインやプロダクトなど幅広い領域が学びと研究の対象です。
それぞれの分野が密接に関連する各学科の研究事例を紹介します。

ロボット工学科 ROBOTICS

近年のロボット技術、認知科学分野の発展により、人の行動や意思を推測し、人とともに働くようなロボットの開発が可能な時代となってきました。ロボット工学科では、最先端の科学技術とデザイン思考を取り入れたカリキュラムを編成。機械・電気電子・情報を融合したメカトロニクス技術とデザイン思考を活用し、人々の暮らしに目を向けられるエンジニアを育成します。

ロボット工学科

システムデザイン工学科 SYSTEM DESIGN

人間中心の視点から、社会や人々の生活をより良くするため、IoT※1 や AI※2 を活用したものづくりやサービスの創出をリードする次世代エンジニアを育成します。電気電子、機械、情報工学を基盤として、「デザイン思考」をコアとした演習や産学連携プロジェクトを通じてものづくりを行い、工学の楽しさを学びながら、同時に専門知識の重要性を理解します。
※1:モノのインターネット ※2:人工知能

システムデザイン工学科

空間デザイン学科 DESIGN&ARCHITECTURE

工学的技術を基礎に、デザインの本質的価値と意義を理解し、人間のための「もの」と空間の関わりを深く掘り下げる点が、空間デザイン学科の魅力です。豊富な実習、演習を通して、洗練された居住空間や使いやすい製品、空間イメージを表現する CG に至るまで、工学的思考を持ち優れたデザインを開発・創出できるデザイナーを育成します。

空間デザイン学科