学科紹介

ロボティクス&デザイン工学部の学びと研究領域

ロボティクス&デザイン工学部ではロボットやシステム、
空間デザインやプロダクトなど幅広い領域が学びと研究の対象です。
それぞれの分野が密接に関連する各学科の研究事例を紹介します。

ロボット工学科 ROBOTICS

超高齢社会の中で、今後ロボットの活躍は産業分野にとどまらず、生活支援・医療分野に拡大します。このような世の中の流れを受けて、人にやさしいロボットを開発できる人材を育成します。機械工学と電気・電子工学を融合させたメカトロニクスをベースに、チームでのものづくりを通して、人の暮らしに役立つロボットの設計・開発ができるエンジニアを育てます。

ロボット工学科

システムデザイン工学科 SYSTEM DESIGN

ユーザに寄り添い、人とロボットをつなぐ統合的なシステムがデザインできる人材を育成します。電気・電子工学、機械工学、情報工学を基盤に、「デザイン思考」を演習や実験を通じて深く修得。その上で、ウエアラブル機器や生活アシスト機器などのイノベーションをめざした研究を行います。

システムデザイン工学科

空間デザイン学科 DESIGN&ARCHITECTURE

テクノロジーと文化の両面から、建築・インテリア・プロダクトの各分野における新たなデザインを提案、創出できる人材を育成します。工学技術とデザインの基礎的能力を育む徹底したものづくり教育と、企業や地域と連携してリアルな課題に取り組む実践的デザイントレーニングを特徴とした教育・研究を行います。

空間デザイン学科

PageTop