学科紹介

システムデザイン学科

人間中心の視点から、社会や人々の生活をより良くするため、IoT※1 や AI※2 を活用したものづくりやサービスの創出をリードする次世代エンジニアを育成します。電気電子、機械、情報工学を基盤として、「デザイン思考」をコアとした演習や産学連携プロジェクトを通じてものづくりを行い、工学の楽しさを学びながら、同時に専門知識の重要性を理解します。
※1:モノのインターネット ※2:人工知能

学科の概要

学びの分野

情報工学、機械工学、システム・制御工学、通信工学、電気工学、電子工学、画像・音響工学、デザイン思考 など

めざす資格

情報処理技術者、技術士、技術士補、CAD利用技術者、高等学校教諭一種免許状(工業)

めざすキャリア

ユーザの視点でデザインできるエンジニアとして、幅広い分野で活躍。

IT機器・通信家電・自動車・自動車部品・医療機器メーカ等の製品開発・製品企画設計技術者、システムインテグレーター など

教員紹介

教授
  • 松井 謙二/音声・音響工学/マルチモーダルUIデザイン研究室
  • 井上 明/教育工学/情報システム学研究室
  • 上田 悦子/ロボット工学・コンピュータビジョン/ヒューマンモデリング研究室
  • 小林 裕之/知能ロボット/知能ロボティクス研究室
  • 鳥居 隆/宇宙物理学
  • 脇田 由実/知能情報処理/ナチュラルインタラクション研究室
  • 中山 学之/ロボット工学・脳科学/バイオミメティックロボティクス研究室
准教授
  • 吉川 雅博/福祉工学・ロボット工学/アシスティブデバイス研究室
  • 井上 剛/ヒューマンインタフェース・生体計測工学/ヒューマンセンシング研究室
講師
  • 横山 広充/環境デザイン学、景観工学/イノベーションデザイン工学研究室
客員教授
  • 大松 繁
  • 入交 英雄
  • 新山 剛司
  • CARLETON, Tamara(タマラ カールトン)
  • COCKAYNE, William(ウイリアム コケイン)
  • PATTERSON, Marymoore(マリモア パターソン)

2018年4月1日現在

カリキュラムは必修科目

共通教養科目

人文社会科学
  • 文章表現基礎Ⅰa
  • 文章表現基礎Ⅰb
  • 文章表現基礎Ⅱa
  • 文章表現基礎Ⅱb
  • 哲学
  • 倫理学
  • 美術史
  • 日本語の歴史
  • 憲法a
  • 憲法b
  • 経済学
  • 歴史学
  • 心理学
  • 日本の文化と社会
  • 人文社会特殊講義
体育(大宮キャンパスで開講)
  • 健康体育Ⅰ
  • 健康体育Ⅱ
外国語
  • プラクティカル・イングリッシュa
  • プラクティカル・イングリッシュb
  • アカデミック・イングリッシュa
  • アカデミック・イングリッシュb
  • オーラル・イングリッシュa
  • オーラル・イングリッシュb
  • ベーシック・プレゼンテーション
  • ビジネス・イングリッシュa
  • ビジネス・イングリッシュb
  • アカデミック・プレゼンテーション
  • プロフェッショナル・イングリッシュ
  • 海外語学研修
  • 日本語Ⅰa
  • 日本語Ⅰb
  • 日本語Ⅱa
  • 日本語Ⅱb
キャリア形成
  • キャリアデザイン
  • インターンシップ

工学関連科目

数理科目
  • 解析学Ⅰ
  • 解析学Ⅱ
  • 解析学Ⅲ
  • 線形代数学Ⅰ
  • 線形代数学Ⅱ
  • 確率・統計学
  • 物理数学Ⅰ
  • 物理数学Ⅱ
  • 物理学Ⅰ
  • 物理学Ⅱ
  • 物理学実験
工学マネジメント科目
  • 工学倫理
  • 知的財産法概論
  • ものづくりマネジメント(技術を生かす経営)
その他連携科目
  • グローバルテクノロジ-論a
  • グローバルテクノロジ-論b
  • OIT概論

専門科目

機電系科目
  • 計測工学
  • 材料力学
  • センサ工学
  • 電気回路Ⅰ
  • 電気回路Ⅱ
  • 電磁気学
  • ディジタル電子回路
  • 基礎機械力学
  • アナログ電子回路
システム系科目
  • 形式言語とオートマトン
  • 離散数学
  • 計算機アーキテクチャ
  • 制御工学Ⅰ
  • 制御工学Ⅱ
  • 信号処理
  • メカトロニクス
  • 統計解析
  • 画像工学
  • 数値計算法
  • システム工学
  • ヒューマンインタフェース
  • ラピッドプロトタイピング
実験・演習科目
  • システムデザイン工学実験Ⅰa
  • システムデザイン工学実験Ⅰb
  • システムデザイン工学実験Ⅱa
  • システムデザイン工学実験Ⅱb
  • 電気CAD演習
  • 機械CAD演習
IoTものづくり系科目
  • データ構造とアルゴリズム
  • オブジェクト指向プログラミング
  • ソフトウェア設計
  • 組み込みシステム
  • 人工知能概論
  • クラウドコンピューティング
  • 映像・音響工学
  • マルチモーダル対話システム
  • 現代デザイン史
  • デザイン工学概論
  • ユーザビリティエンジニアリング
卒業研究
  • 卒業研究

専門横断科目

デザイン思考関連科目
  • デザイン思考工学概論
  • デザイン思考実践演習
  • ものづくりデザイン演習
  • ものづくりデザイン思考実践演習Ⅰ
  • ものづくりデザイン思考実践演習Ⅱ
計算機技術演習科目
  • 基礎情報演習
  • プログラミング演習Ⅰ
  • プログラミング演習Ⅱ
  • プログラミング演習Ⅲ
  • プログラミング演習Ⅳ
  • プログラミング特別演習

講義Pickup

人工知能概論
スマートフォンに搭載される人工知能やコミュニケーションロボットなどの知的システムの実現に必要な機械学習の手法について、広く学びます。学習する対象はニューラルネット、サポートベクトルマシンなどの識別手法、回帰、クラスタリング、強化学習や深層学習などです。様々な機械学習のツールを使いこなすための基礎を習得します。
センサ工学
本講義では、自動車やロボットなどの機器に搭載されている様々なセンサのしくみおよびセンサを用いたアプリケーションについて、人の感覚器と対比させながら学ぶことを基本としています。その中で、IoTやICTなどを利用した最近のネットサービスを積極的に紹介しています。これらのサービスにおいてセンサがどのように用いられているか、どんな条件のセンサが優位か、センシングサービスとしての課題は何か、などを考え議論する時間を設けることで、未来のセンサの方向性を探りセンサ技術の習得を深めています。

研究Pickup

  • 思わず見とれるほど
    優美にロボットを動かす。
    人間に好感と安心感をもってもらえるロボットにするため、人間の動作を計測・解析。例えば踊りの動きや女性の所作を読み解き「優美な動作」を数値化。データをもとにロボットを動かすことで、人間のようになめらかなダンスや、思わず見とれるような優美な動きを実現できるようになります。
  • 機能と使いやすさを両立させる機器のユーザインタフェースを。
    機器がどれだけ発達しても、操作が複雑であれば使える人は限られます。ユーザインタフェースは人が機器をどう使うのかを考えられた仕組み。簡単に、複数の機器を同時に操作できるようになることが期待されます。ものとインターネットがつながるIoTについても理解を深め、人々の快適な暮らしを考えていきます。
  • 3Dプリンタで一人ひとりに
    ぴったりな電動義手。
    3Dプリンタを駆使して、本物の腕のような見た目と動作を実現する電動義手を研究。3Dプリンタを使用することで一人ひとりの体格にあった大きさを作ることが可能に。また、義手を実際に使用するシーンや使いやすい機能を追求することで、障がい者のより豊かな生活を支えます。

学科紹介へ戻る