ニュース&トピックス

2017.12.15 空間デザイン学科「新梅田食道街看板デザイン発表会」を開催

 空間デザイン学科3年「総合デザイン演習Ⅱ」の授業で、新梅田食道街の看板デザイン発表会を12月8日、梅田キャンパスのラーニング・コモンズで実施しました。新梅田食道街は、JR大阪駅東側と阪急梅田駅の間のガード下にあり、そこに約100店の飲食店が立ち並んでいます。今回、新梅田食道街の看板のリニューアルに伴い、本学部へデザイン案の依頼がありました。
 発表会は、コンペ形式で行われ、空間デザイン学科の中でも厳選された18名がプレゼンテーションを行いました。クライアントからの鋭い質問等もあり、白熱したものとなりました。発表会の後、最優秀作品(1名)、優秀作品(1名)、佳作(2名)が選ばれました。また、作品を提案した学生全員に参加賞が贈られました。なお最優秀作品は、実際の看板に正式採用される予定です。クライアントより、「学生のみなさんが新梅田食道街をどのように見ているかとても参考になった。プロのデザイナーに依頼することもできたが、今回のオファーは大変収穫があった。」とのお言葉をいただきました。
 今回の授業は、学内だけにとどまることなく実際の社会を感じることができる産学連携実践であり、学生にとって貴重な体験となりました。

 

 

 

一覧へ戻る