ニュース

2019.10.31 学部1期生、企業の採用担当者と懇談会

 ロボティクス&デザイン工学部の1期生が本格的な就職活動を開始する直前のタイミングに合わせ、企業の採用担当者との懇談会を10月28日、梅田キャンパスのラーニングコモンズなどで開催しました。メカトロニクス、IT、建築設計などの各業界から、70社99名の採用担当者の参加があり、3学科の1期生103名や就職担当などの教職員と情報交換をまじえて懇談しました。
 冒頭、西村学長の挨拶、大須賀学部長の学部学科概要説明があった後、ロボティクス&デザイン工学部を代表する学科横断科目の「ものづくりデザイン思考実践演習I」の成果発表や研究エリアを中心とした施設見学ツアーを1期生自らが担当し、採用担当者を応接しました。
 その後の懇親会では、業界や学科を問わず、会場の至る所で採用担当者と学生の内容の濃い交流が繰り広げられ、参加した教員が間に入っていけないほどの盛況ぶりでした。出席企業を代表して挨拶に立った株式会社毎日放送の礒澤亮祐人事局長は「学生発表では海外や企業などとの有意義な活動を簡潔で分かりやすい資料にまとめられていて、その質の高さに驚きました。情報交換会では企業の採用担当者と堂々と会話を楽しんでいる学生を見て、デザイン思考を含めた学部教育の成果を肌で感じました」と感想を述べられました。

終始賑やかな雰囲気で行われた懇談会 終始賑やかな雰囲気で行われた懇談会

学科横断科目の成果発表会 学科横断科目の成果発表会

企業採用者と活発に意見交換する学生 企業採用者と活発に意見交換する学生

一覧へ戻る