電気・電子工学、環境に調和した技術開発のできるエンジニアを育成。大阪工業大学電気電子システム工学科

大阪工業大学 電気電子システム工学科では、電気・電子工学の基礎から実践的な応用まで、幅広い知識をもつエンジニアの育成をめざします。

卒業生会(電気クラブ)

HOME > 電気クラブ > 会則

電気クラブ会則

第1章 名称
第1条 
本会は「大阪工業大学 電気クラブ」と称し、事務所を大阪工業大学 工学部 電気電子システム工学科内(〒535-8585 大阪市旭区大宮5-16-1)に置く。
第2章 目的
第2条 
本会は会員相互の親睦を図り、母校の発展向上に寄与するを目的とする。
第3条 
前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 会員の集会及び講演会の開催
  2. 会員名簿の管理
  3. その他
第3章 組織
第4条 
本会の会員は大阪工業大学 工学部 電気工学科および電気電子システム工学科の卒業生ならびに同学科の教員を以て組織する。
第5条 
電気工学科および電気電子システム工学科の元教員を名誉会員とする。
第6条 
本会に次の6ブロックを置く。
 関東(北海道・東北を含む)・中部(北陸を含む)・近畿・中国・四国・九州(沖縄を含む)
第4章 役員
第7条 
本会には次の役員をおく。
  1. 役員:会長1名、副会長2名(但し学外1名、学内1名)、会計2名、庶務 若干名。
  2. 幹事:各ブロックより1名以上
  3. 会計監査:2名
  4. 顧問:若干名
第8条 
本会の役員及び委員の任務は次の通りとする。
  1. 会長は会務を総理し、本会を代表する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは代理する。また、会務を正確に記録し、運営の資料とする。
  3. 会計は金銭の出納を正確に司り、収支決算を総会に報告する。
  4. 幹事は会務の企画運営に参画すると共に、会員相互の連絡を図り、 会務の推進に当たる。
  5. 顧問は本会の運営に当たり適宜助言等を行う。顧問は会長または副会長の経験者から委嘱する。
第9条 
役員の選出は次の通りとする。
  1. 役員及び会計監査は総会において選出し、原則として、任期を2年とし再選を妨げない。
  2. 幹事は各ブロックより選出し、任期を2年とし、再任を妨げない。
  3. 顧問は総会の決議により推載することが出来る。
第5章 会合
第10条 
本会の会合は総会、役員会、ブロック会とする。
第11条 
総会は定期総会と臨時総会に分かれる。定期総会は原則として2年毎に開き、次の事項を行う。
  1. 役員及び会計監査の選出
  2. 会務の報告
  3. 予算決算等会計報告とその承認
  4. その他
    臨時総会は必要ある時に会長がこれを召集する。
第12条 
役員会は随時必要ある時に会長が召集し、会長の諮問に応ずる。ブロック総会は、随時必要があるときにブロック長が召集し、役員は必要に応じ出席することができる。
第13条 
本会の決議は出席人員の過半数を以て決する。
第6章 会計
第14条 
本会の会計は会費(3,000円)と篤志寄付を以てこれに充てる。
第15条 
本会の会計は毎年5月1日に始まり、翌年4月末に終わる。
第7章 附則
第16条 
本会則の変更は総会の決議による。
第17条 
本会則は昭和36年5月27日より発効する。


この改正会則は平成27年10月24日より施行する。

以 上

ページトップ