電気・電子工学、環境に調和した技術開発のできるエンジニアを育成。大阪工業大学電気電子システム工学科

大阪工業大学 電気電子システム工学科では、電気・電子工学の基礎から実践的な応用まで、幅広い知識をもつエンジニアの育成をめざします。

卒業生会(電気クラブ)

HOME > 電気クラブ > 過去の報告

過去の報告内容

電気クラブ 2011年度総会 報告

 去る、6月16日(土)13:30から大宮キャンパス1号館121教室にて、電気電子システム工学科(旧電気工学科)の同窓会である「電気クラブ」の総会が開催され、1期生の大先輩から先日卒業したばかりの大学院生まで、現役の教員を含め61名の参加がありました。井上正一会長による開会の辞があり、次いで2009年度から2011年度の事業報告、会計報告、ならびに会計監査報告があり、これを了承しました。議題については、まず新役員・幹事が選出され、2012年度から2014年度の事業計画および予算案が了承されました。最後に「今後も卒業生や専任教員には是非電気クラブへの協力を賜りたい」との井上会長の挨拶があり、円滑に総会を終えることができました。

 工大校友会も60周年を迎えられることもあって、今回は講演会・懇親会を合同でさせて頂く事になり、14:30から1号館多目的室で工大校友会総会が開催された後、ハードロック工業株式会社代表取締役社長の若林克彦氏を迎え、「絶対にゆるまないナットで世界制覇」と題して講演会が開催されました。オンリーワン技術を駆使した同社の主力商品「ハードロックナット」の開発秘話や、さまざまなアイデア商品を生み出す同氏の経営哲学やエンジニアとしての経験談などをご講演頂きました。約350名の聴講者があったそうで、学生や卒業生の皆さんの熱気を感じた講演会となりました。

 懇親会は場所を移して、17:00から研修センター(旧学園創立60周年記念館)で実施されました。工大校友会の60周年記念祝賀会とあって、約300名(うちE科の関係者は約70名)もの参加者があり盛会となりました。工大校友会北條勝彦会長、来賓の井上正崇工大学長の挨拶があり、卒業生の皆さんとの連携によってグローバル時代を生き抜く力強い学生を育てたいとの内容で、今後の卒業生の活躍が重要と感じました。2時間ほどの懇親でしたが卒業年に関わらず様々な卒業生たちが交流し、最後には校友会の歌を合唱し、また母校で出会えることを信じて帰途に着きました。

 電気クラブ(電気電子システム工学科卒業生会)では、卒業生、在学生、教員との絆がより深まる様、今後も様々なことに取り組んで行きますのでご協力のほど宜しくお願いします。

(報告者:前元 利彦)

2011年度 学位授与式および卒業レセプションが開催されました

 

 2011年度ご卒業の皆さんおめでとうございます.また電気クラブご入会いただきありがとうございます.OB/OGの皆さんの力強いサポートを受けつつ,今後卒業する在学生へのご協力よろしくお願いします.
 去る3月23日に学部卒業式・大学院終了式が執り行われ,その後学科レセプションが開催されました.卒業生の皆さんは今春一旦学舎を去ることになりますが,いつかまた「大きく」なって本学に来られること教職員一同楽しみにしています.なお懇親会開催にあたり,例年電気クラブからは多くの寄付をいただいております.この場を借りてお礼申し上げます.当日の様子はこちらをご覧ください.

ページトップ