電気・電子工学、環境に調和した技術開発のできるエンジニアを育成。大阪工業大学電気電子システム工学科

大阪工業大学 電気電子システム工学科では、電気・電子工学の基礎から実践的な応用まで、幅広い知識をもつエンジニアの育成をめざします。

学科紹介

HOME > 学科紹介 > 電気電子システム工学科の教育目標

電気電子システム工学科の教育目標

学士課程

 現代社会のあらゆる分野で必要とされる電気電子工学の分野において『実践して社会貢献できる自立した人材の育成と輩出』を目的とし,以下のような技術者の育成を目指している。

(1) 豊かな人間力を備えたエレクトロニクス分野の技術者を育成
電気電子工学分野の知識の習得に留まらず,地球環境や循環型社会の構築に国際的な視野で貢献できる,豊かな知識と教養を身に付けたエンジニアの育成。

(2) エレクトロニクスの基礎を身につけたエンジニアの育成
物理や数学など自然科学の基礎知識を身につけたうえで,多くの実習・演習を通して電気電子工学の基本的現象を体得するだけでなく,その現象を理解し,他者にも正確に伝えられるコミュニケーション能力をもつエンジニアの育成。

(3) 幅広い知識で課題解決に取り組むエレクトロニクスエンジニアの育成
幅広い電気電子工学分野を “エネルギー・電気機器”, “材料・物性・デバイス”, “システム科学・通信”の3つに分類し,講義だけでなく専門実習・先進の設計ツールの利用などを通じて,これらを体系的に理解し,課題解決能力をもつ技術者を育成。


大学院

 学士課程で習得した専門知識を基盤として,特別研究などを通じて,より高度な専門知識と技術を習得させる。
 本専攻では,「技術革新を先導的立場に立って推進できる高い専門知識と技術を有した電気電子技術者の育成」,と同時に「高度な研究能力と良識ある豊富な学識をもち,先端的な研究活動を積極的に推進できる研究者の育成」を教育目標として,以下のような具体的実施事項を設定した。

(1) 学士課程で習得した幅広い電気電子工学の知識をベースに,先進的なテーマを設定した特別研究などを実施する。設定された目標に対し,自らのもつ専門知識によって課題を発見・分析・評価した上で,それを解決するための研究活動を計画・実施し,得られた成果の発表を通して,自分の考えを伝えるだけでなく,ユニバーサルな視点に立った“ものの見方と考え方”が的確にでき,技術者倫理に基づいて社会的に高く評価される電気電子技術者を育成する。

(2) 高度な研究活動や指導教員との議論を通して研究活動を主導する能力,ならびに目標を達成するための独創的な発想や技術の創造の能力を育成する。また,学会発表などを通して,単に自分の考えを伝えるだけではないコミュニケーション能力を培い,国際的にも活躍できる技術者・研究者を育成する。


ページトップ