1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 2021年度後期 国際交流プログラム実施の判断基準について

地域連携

2021年度後期 国際交流プログラム実施の判断基準について

2021年6月30日

学生・保護者の皆さまへ
                                       

国際交流センター長


 本学学生の海外渡航および海外からの交換留学生等の受入の方針については、2021年3月4日に大学ホームページ等で公表したとおりですが、9月以降の方針について判断期日を迎えましたので、改めて国際交流プログラムの一部の中止決定をお知らせします。
 政府は現在、精力的に新型コロナウイルスワクチンの接種を進めており、一部の大学では条件付で長期留学を許可するところも出てきましたが、世界のほとんどの国・地域の感染症危険状況は今なお「レベル2以上」であり、本学では判断基準日時点で諸条件がそろわない限り、学生の海外渡航を認めておりません。
 特に海外研究支援プログラムによる留学に向けて準備を進めてこられた学生諸君には誠に残念な決定となりますが、今般の状況に鑑み何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

1.本学学生の海外渡航について
(1) 夏期休暇期間中を含め9月中の全派遣プログラムを中止します。
(2) 海外研究支援プログラムによる派遣は2022年3月末まで中止します。
(3) 国際PBLをはじめ10月以降に想定される短期プログラムについては、開始予定日の3カ月前
  (但し春期語学研修は10月末時点)に以下の条件がすべてそろう場合、渡航を認めるものとします。
 対象国・地域における出入国制限および隔離措置が解除され、ビザ取得が可能となる
 対象国・地域における外務省海外安全情報(感染症含む)の危険レベルが1以下になる
 受入機関において対面授業(プログラム)が実施されサポート体制が保証されている
(4) 個人手配の渡航(休学含む)についても、上述(3) 許可条件に従ってください。

2.海外から日本への新規入国について
(1) 後期セメスター単位の授業履修を伴う交換留学生の受入を中止します。
(2) 研究活動のみの交換留学生や短期研修生、研究者を受入れる場合は、プログラム開始の3カ月以上前に
  上記1(3)の条件がすべてそろうことを前提とします。

3.その他
(1) 一部の学生に限り、2022年度長期派遣プログラムの募集日程を前倒しできるよう再考中です。
  詳細は追ってお知らせします。
(2) 来る日に備え、本学が推奨するオンラインプログラムに積極的に参加してください。
                                     
以上


                                               


一覧はこちら

Follow @OIT_INTL

ページの上部へ

大阪工業大学