電子情報システム工学科は、2023年度に「研究推進クラス」を開設します(再掲)

2022年10月15日

本学科は、2023年度入学生から新たに「研究推進クラス」を設置します。本クラスは入学試験の成績により選抜した少人数で構成し、学士課程から博士前期課程までの6年間の学びを通じて、国際的に活躍できる専門的人材を養成します。

4つのポイント

●マンツーマン指導と大学院進学の支援
●学部低年次より研究室の早期体験
●海外の学生と共同実施の国際PBL(Project Based Learning)への参加
●学部4年次からの大学院先取り授業

内容

本クラスは、入学試験で優秀な成績をおさめた受験生から13人程度を選抜。クラス生全員に専用の部屋とロッカーが与えられます。1年次にはハイレベルの数学を学ぶための授業があり、2年次には国際PBLの参加と研究室の早期体験、3年次には研究室の早期配属があります。更に4年次には、大学院配当科目の授業を先取りできるため、大学院ではゆとりをもって研究活動に取り組むことができます。本クラスの学生全員に返還義務のない学内奨学金を給付するほか、国内外の学会への参加費や旅費などの研究活動費の支援制度を用意しています。

リーフレットのダウンロードはこちらをクリック ( pdf:703.12KB )

ページを閉じる