報道機関向け教員一覧

機械工学

研究室ナビ

工学部 機械工学科

井原 之敏 (イハラ ユキトシ)

教授 博士(工学)

加工学、工作機械

機械はさまざまな部品を使って組み立てられています。それらの部品はどのようにして加工するのか?どんな機械を使って加工するのか?どうやって組み立てるのか?といったことについて研究・調査をしています。
また、以前鉄道会社に在籍していましたので、特に鉄道車両については興味を持って、機械工学、機械設計はもちろん、工学全般との関連について考えています。

キーワード:切削加工、工作機械、機械設計、鉄道車両、産業用ロボット

【過去のコメント実績】
東洋ゴム工業の鉄道用防振ゴム製品に関する安全性について

研究室ナビ

工学部 機械工学科

西川 出 (ニシカワ イズル)

教授 博士(工学)

材料強度学、実験力学、破壊力学

材料強度、特に疲労破壊を中心に研究しています。損傷検出手法の開発も行っています。

キーワード:疲労、破壊、き裂、デジタル画像相関、レーザ

研究室ナビ

工学部 機械工学科

羽賀 俊雄 (ハガ トシオ)

教授 博士(工学)

溶融加工学、省エネプロセス工学、リサイクル工学、半凝固加工学、ロールキャスティング

アルミニウム合金などの非鉄金属用のロールキャスティングと半凝固加工についてはコメント可能です。

キーワード:双ロールキャスター、リサイクル、省工程プロセス、無害化、循環型社会、半凝固

研究室ナビ

工学部 機械工学科

加藤 誠 (カトウ マコト)

教授 

制御工学、知能システム、最適化

成熟してきた現代社会において求められているものは幸福かつ快適で安全かつ安心な持続可能な経済的社会の構築です。最近の本研究室ではそのためにさまざまな取り組みを行っています。例えば、環境改善のための安全で安心な物質の低コスト生産の研究、ビルの免振装置と振動抑制の研究、ECO-Vehicleの開発と継続的な安全運転・制御とレスキューの研究、風力発電の研究, 安全・安心な簡易ロバスト制御の研究などを中心に行っております。また、それらの研究を高度に展開していく上で、必要なさまざまな技術(計測・制御, 最適化, 信号処理, データ処理, モデリングとシミュレーション, 診断, 実験計画, 電気磁気利用)の開発や知能化(Fuzzy,AI, Neuro, Petri-Net, 待ち行列, ゲーム理論)にも必要に応じて取り組んでいます。

キーワード:モデリング・計測・制御、免震ビル、小型電動牽引カート、低コスト尿素水生産、係留気球風力発電

研究室ナビ

ロボティクス&デザイン工学部 ロボット工学科

本位田 光重 (ホンイデン テルシゲ)

教授 博士(工学)

生産システム工学、生産管理、ものづくり人材育成

生産システムの中でも、長年セル生産方式の研究をしていますので、この分野に関する領域でしたらコメント可能です。
また大企業、中小企業の製造業における現場改善人材育成のプログラムを大学として実施しています。インダストリアル・エンジニアリング(IE)を中心とした人材育成教育に関してコメント可能です。

キーワード:セル生産方式、製造中核人材育成、現場改善

研究室ナビ

ロボティクス&デザイン工学部 ロボット工学科

河合 俊和 (カワイ トシカズ)

教授 博士(工学)

メカトロニクス、人間機械システム、医療ロボティクス

医療ロボット(特に手術支援ロボット)について、基礎から応用までの研究・実用開発・製品化・事業化、医工・産学官の連携、患者目線での少子高齢化社会を支える工学技術、に関するコメントを、大学人および企業経験者(日立製作所)の視点から可能です。

【研究概要】消化器や脳を中心とした外科手術支援ロボットシステムの基礎から応用研究、実用開発、製品化、事業化
【医療系の連携実績】がん研究センタ東病院大腸外科、香川大学消化器外科、京都大学再生医科学研究所、慶應義塾大学外科領域、東京女子医科大学脳神経外科、信州大学脳神経外科
【工学系の連携実績】東京大学工学部、大阪大学基礎工学部、信州大学繊維学部、慶應義塾大学理工学部、同志社大学生命医科学部、千葉大学工学部
【産業界との連携実績】日立製作所(機械研究所に9年間所属)、東芝、NHK、他
【国家プロジェクト実績】NEDO、文科省

キーワード:医療ロボット、手術ロボット、医工連携、産学官連携、少子高齢化

【過去のコメント実績】
News Media
「単孔式」手術難度、ロボットで軽減,信濃毎日新聞 朝刊1面,2014年10月22日
ABCラジオ「おは​ようパーソナリティ道​上洋三です」,健康道場に生で電話出演,2013年10月23日
内視鏡手術 撮影お任せロボ,記事コメント,信濃毎日新聞 朝刊・社会面,2013年2月25日
医療用「ロデム」開発 大阪工大 河合俊和・准教授,読売新聞 朝刊12面,2011年12月26日

Lectures
ニューテクノロジー「ロボティクス」,ヤンセンファーマ,2015年12月7日
ロボット工学(1)基礎「ロボットの基本を学ぶ」ロボット工学における機構・計測・制御系の基礎,香川大・健康関連短期集中コース,2013年10月12日
ロボット工学(2)応用「ロボットの医療応用を学ぶ」医療ロボットの製品例と研究開発,香川大・健康関連短期集中コース,2013年12月7日
日本製手術ロボットの普及に向けて「ローカル操作による第三の手」:メカトロニクス特論,信州大学繊維学部機械・ロボット学系,2012年12月12日
ソロサージェリー支援ローカル操作型ロボット,先端医療技術と外科手技の将来像を考える会,香川大学医学部消化器外科,2012年9月11日
西澤祐吏,河合俊和:鏡視下手術における助手ロボットLODEMの開発と臨床応用に向けた研究 -より精度の高い鏡視下手術を行うために-,大阪商工会議所,2011年度定例会第7回,2012年1月19日

研究室ナビ

ロボティクス&デザイン工学部 ロボット工学科

廣井 富 (ヒロイ ユタカ)

准教授 博士(工学)

生活支援ロボット

生活支援ロボットおよび、ロボットコンテストに関するコメントが可能です。

キーワード:生活支援ロボット、ロボットコンテスト

【YouTube】
人とロボットとの関係をデザインする

研究者情報(研究シーズ)はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学