報道機関向け教員一覧

センシングデバイス

検索キーワード:「センシングデバイス」 2件見つかりました。

研究室ナビ

工学部 電子情報システム工学科

小池 一歩 (コイケ カズト)

教授 博士(工学)

半導体、酸化物、薄膜成長、材料物性評価、センシングデバイス

工学部付設のナノ材料マイクロデバイス研究センターに設置されている結晶製造装置、光学測定装置、電気測定装置、微細加工装置、デバイス評価装置を用いて、スパッタ法,分子線エピタキシー法,溶液塗布熱分解法などの様々な方法で酸化物薄膜の結晶成長を行い、新規物性の探索と機能デバイスへの応用に向けて研究を行っています。企業への学術指導も行っています。
科研費の実績(https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000040351457/)

キーワード:半導体、分子線エピタキシー、薄膜成長技術、バイオセンサー、ガスセンサー、生体モニタリング、環境モニタリング、センシングデバイス、スマートウィンドウ、パワーデバイス

【過去のコメント実績】
地域産業支援プラットホーム:http://www.oit.ac.jp/oitp/introduction/
【YouTube】
時代を加速させる革新をめざして

研究室ナビ

工学部 電子情報システム工学科

廣芝 伸哉 (ヒロシバ ノブヤ)

准教授 博士(工学)

有機半導体,酸化物半導体,デバイス物性,ナノテクノロジー

有機分子や酸化物・ナノ材料を用いた電子デバイスやセンサデバイスの研究を行っています。また,プラスチックの分析,ナノインプリントリソグラフィや原子層堆積法を用いたナノ構造作製も行っていましたので、半導体プロセスや、材料分析,ナノテクノロジーも専門です。最近はテラヘルツ分光法を用いた高分子関連材料の解析にも力を入れて研究しております。

キーワード:半導体デバイス、有機分子,酸化物,ナノ材料、センシングデバイス材料、環境センシング、テラヘルツ分光、ナノインプリントリソグラフィ

研究者情報(研究シーズ)はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学