報道機関向け教員一覧

マイコン

検索キーワード:「マイコン」 3件見つかりました。

研究室ナビ

工学部 電子情報システム工学科

淀 徳男 (ヨド トクオ)

教授 博士(理学)

マイコンシステム制御、植物工場の製作、高輝度LED実装技術、植物工場に最適な大豆、水菜、レタス他の水耕栽培技術、光量子密及び、波長分光制御技術

従来の農業は完全な天候まかせですが、「植物工場」は人工的に環境を制御できます。それ故、温暖化の影響で頻発する現在・将来の異常気象のなかでも安定、かつ安全で新鮮な農作物を作り出すことができる唯一の方法です。植物工場を安価に製作、また自作したLED光源の光の波長、光量子密度を計測し、これらの関係に着目してミズナの栽培試験の最適化を模索しています。また、植物で唯一のタンパク質源である大豆に着目し、将来の食物難に備えた穀物類に着目し、植物工場への応用を検討し、水耕栽培を試みています。エレクトロニクス分野で培った光計測技術をフルに農学分野に持ち込むことによって、植物栽培過程における光合成プロセス中の光量子が及ぼす役割を学術的に明らかとし、技術的には安価・良質、生産効率の増強を目指しています。また、大豆や穀物類に最適な植物工場の設計・製作、最適な光源、最適な波長分布・最適な光量子密度についても幅広く検討し、マイコンによる自動化を目指した植物工場の実用化を進めています。

キーワード:植物工場、光合成、光量子密度、高輝度LED実装技術、マイコンシステム制御、自動化、水耕栽培技術、大豆栽培、レタス・水菜栽培、異常気象による植物栽培への影響

【過去のコメント実績】
①「波長依存光量子束密度スペクトル(WF-PPFD)から分析した完全人工LED光植物工場を用いた水菜の水耕栽培に及ぼすLED光源の影響」、日本生物環境工学会2016年金沢大会講演会要旨、2016年9月13日、金沢工業大学 野々市キャンパス、P51、P.256-257、淀 徳男、谷 和暁、春次克哉、宮本隆史。
②”Proposal of wavelength-dependent photosynthetic photon flux density (WD-PPFD) using Si-photodiode and influences of WD-PPFD on growth of ‘Mizuna’ (Brassica rapa L. Japonica) using high-efficiency power LEDs in plant factory”、国際会議(名称:Plant Factory Conference 2014 (http://www.shita.jp/ICPF2014/)、開催日:2014年11月10日 (金)~12日 (水)、京都大学百周年記念時計台記念館)で論文発表を行った。

研究室ナビ

情報科学部 情報知能学科

中西 知嘉子 (ナカニシ チカコ)

准教授 

コンピュータアーキテクチャ、マイコン設計、画像処理、FPGA

組み込み市場では,運用コストやセキュリティー,リアルタイム性などの問題から,エッジ(端末側)で単独処理できる「エッジAI」が期待されています.各種の端末自体にAIを搭載すれば,その場で複雑な処理を行えるようになります.その実現方法であるFPGAによるエッジAIは根強いニーズがありながら,高価格FPGAデバイスが必要,FPGA専用のネットワークで学習しないとうまく実装できない,量子化による精度劣化という問題点がありました.
画像認識技術は,顔認証,監視などのセキュリティー分野,医療現場での画像診断や工場における不良品は判定や故障予兆など,様々な場面で用いられ始めています.我々は,これらの画像認識に注目し,エッジデバイス(MPSoC)への実装にチャレンジしています.

キーワード:エッジAI、画像系AI、FPGA、高位合成、ソフト・ハード協調設計、人工知能

研究室ナビ

情報科学部 データサイエンス学科

荒木 英夫 (アラキ ヒデオ)

准教授 

IoTシステム、電子回路・論理回路設計

IoTシステムとは、「特定の機能を実現するために構成された通信機能を持つコンピュータシステム」のことを指します。またIoTシステムの多くはパソコンより小さなマイコンと呼ばれるコンピュータが用いられます。本研究室では、このマイコンを利用したシステムの構築方法や、応用について研究を行っています。また、多くのIoTシステムではセンサと共に用いられることが多いため、センサの利用についても研究を行っています。たとえば、圧力センサやジャイロセンサと呼ばれるものを用いて、人間の動きを検知したりしています。これにより、より安全で快適な社会を実現することをめざしています。

キーワード:IoTシステム、マイコン、ハードウエア

【過去のコメント実績】
なし

研究者情報(研究シーズ)はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学