報道機関向け教員一覧

景観

検索キーワード:「景観」 4件見つかりました。

研究室ナビ

工学部 都市デザイン工学科

田中 一成 (タナカ カズナリ)

教授 博士(デザイン学)

環境デザイン、都市計画、景観、CAD/CG、世界遺産

環境デザインは、さまざまなものの関係をデザインします。たとえば道路設計において交通量や鋪装材、街路樹だけでなく、道路とは全く異なりデザインされる自転車、車の音や鳥の声、近くの海の香、さらに利用者の服装、近辺に住む人々の心理、周辺の建物や公園などの施設形状など、これらの関係を考えて道路をつくる、あるいは街灯や縁石などの道路のディテールをつくることで、もしかしたらこれまでにない新たな未来をつくることができるはずです。それぞれの技術・技術者は、もちろん重要です。ここでは、それぞれの考えを広く浅く知り、調整し、新たな提案をしていくことで、これまでになかった街をつくることをめざしています。

キーワード:環境デザイン、時間性、トポロジー、ランドスケープ、GIS、認知空間、空間情報、ユニバーサルデザイン、世界遺産、バッファーゾーン

【過去のコメント実績】
・公園設計
・公園内の事故(遊具のデザインと設置方法)

研究室ナビ

工学部 都市デザイン工学科

吉川 眞 (ヨシカワ シン)

教授 工学博士

環境デザイン、景観工学、空間情報学、GIS、CAD/CG

一般社団法人地理情報システム学会の元会長で、現在、同学会の関西支部長を務めています。また、地理空間情報活用推進に関する近畿地区産学官連携協議会の会長も務めています。したがって、地理空間情報の利活用などについてコメントできます。一方、都市デザイン・景観デザインといった環境デザイン分野を専門にしてきましたので、実際の計画・設計についてもコメントできます。現在、大阪府下の衛星都市において、都市計画審議会や景観審議会などの会長も務めています。
2015年7月には、「地理空間情報技術と地理空間データの活用による歴史的景観の保全と復元」というテーマのもと、高槻市教育委員会と協働して「AR(Augmented Reality)高槻城」アプリを開発しリリースしています。しろあと地区を訪れた人がスマートフォンやタブレット端末を用いて、かつて存在した高槻城を体感できます。

キーワード:地理空間情報技術、景観工学、都市デザイン、景観デザイン、環境デザイン、歴史的景観、緑景観、GIS、CAD/CG、VR・AR

【過去のコメント実績】
2010年9月17日、建設通信新聞、「G空間EXPO」の開催に寄せて〜学会創設20周年 祭典に喜び〜
2016年12月1日、高槻市広報誌「たかつきDAYS」、特集「スマホで歴活」のなかで、「リアルな江戸を楽しんで」

研究室ナビ

ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科

宮岸 幸正 (ミヤギシ ユキマサ)

教授 博士(学術)

景観論、店舗デザイン、日本デザイン論、デザイン方法論

これからの時代は、デザインがますます重要になっています。テクノロジーの進展が、価値あるものとなるためには、人間にとって本当に役立つことを目標としたそれらを包み込むデザインの能力が不可欠です。人間中心の工学、環境共生時代に生きる技術、超高齢社会に求められるテクノロジーは、すべて広い意味でのデザイン思考が必要です。デザインは、単なる思いつきや感覚だけの世界ではありません。わが国の伝統的な空間形成やものづくりにおいては、これまであまりシステマティックに捉えられることが少なく、それらのデザイン手法が論理的に明らかにされてきませんでした。 今日、グローバル社会が急進していくなかで、改めて日本独自のものづくり理念やデザイン手法が見直され、エコをベースとした環境共生時代にそれらの価値がいっそう高まりつつあります。そういった観点から、欧米のデザイン方法論とともに日本の独自の美意識ならびにデザイン手法を研究し、これからの未来の社会にデザインの力を生かすことを目指しています。

キーワード:デザイン思考、プロダクトデザイン、景観、空間デザイン

【過去のコメント実績】
2010年11月12日 大阪市旭区主催シンポジウム「みんなで考える商店街を100倍楽しくする方法」基調講演、パネリスト 、2003年10月 京都新聞コラム「町家からの発想」他

研究室ナビ

工学部 環境工学科

髙山 成 (タカヤマ ナル)

准教授 博士(農学)

生物圏気象環境、農業気象学、生物環境科学、地理情報システム(GIS)

これまで気象学をベースとした生物環境科学(生物圏気象環境学)を背景に、農業向け凍霜害予察システムの開発、中国内陸の砂漠化対処、天然記念物鳥取砂丘の景観保全、都市域のヒートアイランドの現状把握と都市緑化による対策など、農業災害や生物環境に関連した環境問題を、研究対象として扱ってきました。

キーワード:ヒートアイランド、地理情報システム、気象環境

研究者情報(研究シーズ)はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学