報道機関向け教員一覧

運動

検索キーワード:「運動」 3件見つかりました。

工学部 総合人間学系教室〔健康体育〕

中村 友浩 (ナカムラ トモヒロ)

教授 博士(理学)

運動生理学、スポーツ生理学、筋生物学、大学体育学

培養筋モデルを利用して、スポーツやトレーニングに伴う筋細胞の役割について分子生理学視点から研究を行っています。また、大学生に対する体育教育の効果についても研究を行っています。

キーワード:骨格筋、培養筋モデル、筋肥大、筋萎縮、筋再生、マイオカイン、大学体育

【過去のコメント実績】
2010年10月19日:朝日小学生新聞、スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲームについて
2014年9月9日:日本テレビ トリックハンター 人の筋肉の能力限界について

工学部 総合人間学系教室〔健康体育〕

石道 峰典 (イシドウ ミネノリ)

講師 博士(スポーツ科学)

運動生理学、スポーツ健康科学

スポーツを通じたパフォーマンスの向上や健康の維持増進に関心があり、特にスポーツによって生じる骨格筋の形態変化の研究を行っています。

キーワード:スポーツ、健康科学、トレーニング、筋肉

工学部 総合人間学系教室〔健康体育〕

西脇 雅人 (ニシワキ マサト)

講師 博士(体育学)

体育学、運動生理学、トレーニング科学、健康スポーツ科学、体力科学

1つ目のテーマとしては、低酸素(高地)トレーニングが生活習慣病の危険因子、特に、動脈壁の硬化度に与える影響について検討しています。2つ目のテーマとしては、運動時の酸素摂取量や心拍数の変化、運動トレーニングの効果などについて検討しています。また、体の硬さと動脈壁の硬さに関連性があるか、ストレッチトレーニングをすると動脈壁の硬化度は柔わらぐのか、検討しています。3つ目のテーマとしては、日本人の身体活動量(体を動かす量)の変化について検討しています。近年、日本人の歩数が特に減少してきている理由を検討したり、インターネットの依存度と歩数の程度に関連性のあることを見出したり、活動量計(歩数計)の利用方法を工夫して、より効果的に健康になる方法を模索しています。

キーワード:健康、運動、身体活動、動脈スティフネス、低酸素トレーニング

【過去のコメント実績】
2014年8月23日 朝日新聞 「元気のひけつ」欄で活動量計とTwitterを利用した研究内容・結果の紹介
2014年10月12日 大阪日日新聞にて「健康」に関する市民公開講座の実施とその講演内容の紹介

研究者情報(研究シーズ)はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学