報道機関向け教員一覧

高分子材料

検索キーワード:「高分子材料」 2件見つかりました。

研究室ナビ

工学部 応用化学科

中村 吉伸 (ナカムラ ヨシノブ)

教授 学術博士

高分子物性、高分子界面化学、高分子複合材料

1)粒子充てん高分子複合材料の接着技術
パソコンの中で使われているICは黒いプラスチックで覆われています。これは無機材料の微粒子をプラスチックに混ぜた「粒子充てん複合材料」でできており、ICチップを守っています。居酒屋のビール瓶のケースも「粒子充てん複合材料」です。強くて長持ちする「粒子充てん複合材料」はどのように作ったらいいか? この目的の研究を行っています。特に「シランカップリング剤」による無機粒子とプラスチックの接着技術がポイントです。
2)粘着テープはなぜくっつくのか? 
これを解明する研究を行っています。接着剤と違って粘着剤は軟らかいので、剥がれるときに大きく変形します。この変形の観察を行うことから、強くくっつく粘着剤や簡単に剥がれる粘着剤の研究を行っています。

キーワード:高分子材料、接着、粘着、シランカップリング剤、粒子充てん高分子複合材料

【過去のコメント実績】
2008年3月6日 日刊工業新聞 「シランカップリング剤による表面処理と接着」
2014年4月28日 NHK Eテレビ 天才てれびくん  セロハンテープで車を動かせるか?

研究室ナビ

工学部 応用化学科

森内 隆代 (モリウチ タカヨ)

教授 博士(工学)

認識化学、化学センサー、ケミカルセンシング、物性評価

体内では、人間が生きていくうえで欠かすことのできない重要な役割を、金属イオンが果たしています。例えば、亜鉛イオンは、蛋白質の構造保持や、神経伝達や記憶に関する部分と密接に関係しています。そのため、金属イオンを測定しバランスの崩れを調べて体内の障害を診断することが、生体機能を見守るために重要であると言われるようになってきました。
当研究室では、「目的のイオン・分子だけを認識・識別する化合物」を設計・合成し、その認識応答性を蛍光発光や電位応答で評価しています。つまり、化学センサーとしての性能評価を行っています。この化学センサーの研究は、生体細胞内のイオンのリアルタイム測定へと展開でき、将来的にはまだ明らかになっていない生体機能の解明に繋がってゆくと期待されています。
さらに、実用的な化学センサーとしての活用を目指し、実際に用いられているイオン選択性電極の物性評価法の開発もを行っています。現在、この物性評価法の高分子材料や食品への応用についても検討しています。

キーワード:認識化学、化学センサー、ケミカルセンシング、物性評価

研究者情報(研究シーズ)はこちら

ページの上部へ

大阪工業大学