1. トップページ
  2. 産官学連携・研究支援
  3. 工学部生命工学科の長森准教授が国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトに参画することが決定しました

産官学連携・研究支援

工学部生命工学科の長森准教授が国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトに参画することが決定しました

2020年7月2日

工学部生命工学科の長森英二准教授が国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクト「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発」に参画することが決定しました。

バイオによるものづくりは、化学プロセスと比較して省エネルギーでの物質生産が可能であるとともに、原料を化石資源に依存しないバイオマスからの物質生産も可能であり、炭素循環型社会実現、持続的経済成長に資するものづくりへの変革が期待できます。 このプロジェクトでは、新たなバイオ資源の拡充や工業化に向けたバイオ生産プロセスを開発や生産プロセス条件と育種の関連付けが可能となる統合解析システムの開発も行います。これらの技術によって実生産への橋渡しを効果的に行うバイオファウンドリ基盤を整備し、バイオ由来製品の社会実装の加速とバイオエコノミーの活性化に貢献します。

詳細はこちらからご覧ください。

一覧はこちら

  • 研究者総覧
  • 技術シーズ集
  • 学園の公開特許一覧
  • 研究支援推進センターパンフレット
  • 研究員制度
  • 学術研究倫理の係る取り組み
  • クリエイション・コア東大阪
  • けいはんな新産業創出・交流センター
  • 教職員の情報発信スペース 研究室VOICE!

ページの上部へ

大阪工業大学