1. トップページ
  2. トピックス
  3. 緊急事態宣言解除にあたり学生諸君へ(学長 益山 新樹)

トピックスTOPICS

緊急事態宣言解除にあたり学生諸君へ(学長 益山 新樹)

2020.05.29

“感染らない 感染さない(うつらない うつさない)”

 大阪府に対する緊急事態宣言が解除され、本学において実験・実習など一部の対面授業、ならびに、卒業研究・大学院研究活動が開始されますが、学生諸君には常にこの言葉を胸に刻んで学生生活を送って下さい。

 諸君も十分に認識している通り、この憎くたらしい新型コロナウイルスとヒトとの闘いは今も続いています。世界中の英知を結集して特効薬や有効なワクチンが開発され広く社会に供給されるまで、このウイルスと共存した生活を続けなければなりません。新型コロナウイルスは感染力が強く、体力のある若者は感染しても無症状の場合が多いようですが、抵抗力が低下している人や高齢者が感染すると、生命に危険が及ぶことも少なくないようです。

 緊急事態宣言による各種活動に対する自粛要請が解除されても、この「コロナ禍」以前の日常が戻ってくることは当分ありません。一人一人に対して、「密閉空間・密集場所・密接場面」を避け、「手洗い・うがい・咳エチケット」を習慣づけ、マスクを着用して、「新しい生活様式」を実践しながら社会生活を送ることが求められます。

 しかしながら、ウイルスと共存する中では、本学においても感染者が発生してしまう可能性はあります。学内が感染源となった場合は、国や大阪府からのガイドラインに基づいてキャンパスを一時閉鎖し、感染拡大防止の対応策を講じることになるでしょう。その時のことも想定しておかなければなりません。

 諸君には、社会の一員として「自分は感染しない」「自分はまわりの人に感染させない」という意識をもって、大学への通学、学内での学修・研究、ならびに、解禁後の課外活動を行って下さい。結果的にウイルスに感染してしまっても、決して他人から非難されることではありませんが、できる限りの感染防止の意識は持ち続けましょう。

 外出自粛が要請され、国際交流が閉ざされ、経済活動が停止してしまう、という未曾有の状況を、今年のお正月に予想した人が我が国にいたでしょうか? おそらくこの先も、思ってもみなかった事態に直面することがあるでしょう。諸君には、ピンチをチャンスと捉えて自ら活路を開き、困難を突破する力量が求められます。そのために、危機管理意識を高め、自らを律するような「行動変容」が必要となるでしょう。そして「予測不可能な時代」に敢然と立ち向かって下さい。

 最後にもう一度繰り返します。“感染らない 感染さない”節度のある行動を!

ページの上部へ

大阪工業大学