OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

応用化学科 エネルギー・ナノ材料研究室


セミの翅を基板に用いて作製したAgナノ粒子
 蓄電装置の果たす役割は、ICT、IoT社会において益々大きくなっています。特に、モバイル機器やハイブリッドカーに用いられている2次電池や電気二重層キャパシタ等の高性能化や低コストが急務であります。本研究室では、高性能なキャパシタを開発するために新規な炭素材料を開発し、産業や社会に貢献することを目的としています。 
 また、金属ナノ粒子は、通常の金属には見られない様々な性質を示すため、電子デバイス、新規な塗料あるいは高性能な分析用センサーとして応用されています。本研究室では、金や銀のナノ粒子をガラスや昆虫の翅を基板に用いて作製し、微量成分分析用センサー等の開発に取り組んでいます。


セミの翅を基板に用いて作製したAgナノ粒子

主な研究テーマ

  • 金属ナノ粒子の作製と応用
  • 電気二重層キャパシタ・電気化学キャパシタの開発

指導教員

棚橋 一郎 教授 (タナハシ イチロウ)

専門分野

  • 無機材料化学

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content