OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

環境工学科 水域環境研究室


渓流水質調査の様子です。.採水した水は、実験室でpH、窒素、リンなどを測定します。
森、川、海をフィールドとした水質調査を行っています、富栄養化の原因となる窒素やリンなどが、雨を通じてどれだけ流域に入り、山林・農地・市街地(ノンポイント汚染源といいます)を経て、河川を通して大阪湾や播磨灘へ流出するプロセスと流出負荷量の評価について研究をします。また、大阪湾や播磨灘の水質は長年の努力によって改善されていますが、汚染の深刻な時代に海底に堆積した窒素やリンは、春季~夏季に水中に溶出し、それが栄養となって赤潮発生と底層の貧酸素化という悪循環を繰り返します。この悪循環を断ち切るために、窒素やリンが底質から溶出している量や水質への影響を調べ、特に汚染のひどい港湾内の底質からの溶出の抑制や貧酸素化を防ぐ方法についての研究もしています。


渓流水質調査の様子です。.採水した水は、実験室でpH、窒素、リンなどを測定します。

主な研究テーマ

  • 渓流水中窒素濃度の広域分布と要因に関する研究
  • 山林小集水域からの窒素とリンの流出特性と負荷量収支に関する研究
  • ノンポイント汚染からみた流域からの窒素・リンの流出機構に関する研究
  • 東瀬戸内海の富栄養化に及ぼす底質からの栄養塩溶出とその制御に関する研究
  • 強閉鎖性水域における貧酸素化と冨栄養化の発生機構と防止に関する研究

指導教員

駒井 幸雄 教授 (コマイ ユキオ)

専門分野

  • 水質化学
  • 水質のモニタリング
  • 陸水に対する大気降下物の影響
  • ノンポイント汚染
  • 底質汚染

教員メッセージ

駒井研は、フィールドワークを中心とした研究室です。環境問題が起こった場合、まずその実態を把握することが大切です。私達の場合、対象とする森や川や海に出かけ、試料の採水や採泥をすることが出発点となります。調査は天気の良い時ばかりではありません。大雨による増水時には、河川水質は大きく変化をしますし、たった数日の洪水期間に1年間に流出する汚濁物質の量(負荷量といいます)の大半が出て行くので、降雨時はビッグチャンスとも言えます。採取した試料は実験室で分析機器を使って化学分析し、その結果に基づいて、水質の評価をし、影響する原因を解明します。

在学生メッセージ

私達の研究室は、水がきれいで水量が豊富で多様な生物が生きることのできる水環境を目指して研究しています。例えば、一般に渓流水の水質はきれいですが、降水よりも高濃度の窒素が流出する渓流水が関東や関西でも見つかっています。森林からの高濃度の窒素流出は、海や湖の富栄養化の原因ともなります。これは、人間活動で排出された多量の窒素化合物が長年森林に沈着し、その森林生態系が言わば”メタボ状態”になっていて、そのまま放置すると山ごと樹木が枯れてしまう“兆し”かもしれません。そこで、まず水質の実態を把握し、その原因を調べて問題の所在を明らかにし、森林と水環境を保全する方法を考え提案します。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content