OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

都市デザイン工学科 水圏環境研究室


河川、湖、内湾等の水域は大都市圏の中にあって、上水道の水源や交通・運輸の手段を提供したり、水辺の景観や貴重な自然を提供していますが、時には、大雨により洪水氾濫や土砂災害をもたらし、我々の生活に脅威を与えることすらあります。水圏環境研究室は河川や湖、内湾などを都市の魅力に欠かせない重要な構成要素として捉え、自然と共生する都市の創造を目指しています。すなわち、都市の防災・減災と両立する自然環境の保全・再生を目標とし、具体的には天然記念物の魚類が生息し、ヨシ原が広がる自然豊かな淀川を再生することに取り組んでいます。


主な研究テーマ

  • 河川の自然環境の再生に関する研究
  • 河川の水生生物の生息場は水と砂の流れにより形成される微地形により生まれます。本テーマは このような微地形の形成と維持について観測と解析を行っています。
  • 代表的な河川植生であるヨシ及びヨシ原の形成に関する研究
  • 河川の水生生物の代表的生息場の一つであるワンドの水理、水質と生息生物の研究
  • 外来魚の生息しにくい水域の形成法に関する研究

指導教員

綾 史郎 教授 (アヤ シロウ)

専門分野

  • 水圏環境
  • 河川水理
  • 河川工学
  • 自然再生

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content