OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

環境工学科 マイクロエネルギー研究室


リチウム二次電池等を研究するためのバキュームグローブボックス及び電池特性評価装置
低炭素社会の実現に向けて燃料電池・太陽電池・蓄電池などの電池技術の発展が期待されています。これらのエネルギーデバイスには高性能化はもとより、高い安全性・低コスト化、さらに環境システムへの対応が求められています。当研究室では、希少資源の有効利用、環境負荷の低減を目指し、導電性高分子材料、イオン液体などの高機能性新素材の有機エレクトロニクス分野及び電池技術への展開、さらにグリーンマテリアルを視野に入れた資源・エネルギー有効利用技術の開発に取り組んでいます。


リチウム二次電池等を研究するためのバキュームグローブボックス及び電池特性評価装置

主な研究テーマ

  • ポリマー/リチウム二次電池の研究
  • イオン液体の利用技術に関する研究
  • 導電性高分子のエネルギー変換材料への応用
  • バイオマスからの有効成分の抽出技術の開発
  • 天然高分子のエネルギー変換材料への応用

指導教員

大澤 利幸 教授 (オオサワ トシユキ)

専門分野

  • エネルギー変換材料
  • 電池材料
  • 有機エレクトロニクス材料
  • 高分子電子物性
  • 有機電気化学

教員メッセージ

私たちの生活・社会活動は、地球環境に大きな影響を及ぼしています。大気・土壌・水質の改善はもとより、資源のリサイクル、生物資源の積極的な活用、新エネルギーへの転換は、解決すべき最も重要なテーマといえます。身近な生活空間を環境空間として科学的に捉え、未来の環境・エネルギーについて一緒に考え、皆さんがグローバル人材へと成長していくことを願っています。

在学生メッセージ

私たちの研究室では地球環境を考える上で、エネルギーについて研究しています。私たちの研究テーマはリチウム二次電池です。電気を通すプラスチックを電極に使ったり、燃えにくいイオン液体と呼ばれる塩などの新素材を使い実験しています。研究ができるし、学生生活を楽しむこともできる研究室です。是非見学に来てください。 (里見、小林、森島)

この研究がかなえる未来

電気エネルギーは私たちの生活にとって欠かすことのできない、便利なエネルギー形態です。身近なエネルギーの電気エネルギーへの変換技術を科学的に理解し、新素材・バイオ技術を屈指した新しい電気エネルギーデバイス技術を構築し、地球の限られた資源を有効に活用して持続可能な社会に貢献できる未来の環境・エネルギー技術にチャレンジします。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content