OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

ロボティクス&デザイン工学部

空間デザイン学科 プロダクトデザイン研究室1


当研究室での卒業研究作品 : mokunone ―木琴を活用した呼び鈴―
本研究室では、私たちの生活全般に関わる様々なモノ(道具)のデザインについて研究します。
このような研究を行うためには、人とモノとの関係~モノと空間の関係~人とモノと空間の関係を考えなければなりません。その基本となるのは、我々の生活の「豊かさ」とは何かについて思考していくことが何よりも大切だと考えています。
「豊かさ」を実現するために必要なモノや空間とはどのようなものか、それは誰のためのデザインなのか、デザインが私たちの生活にどのように貢献できるのかを模索し、デザイン活動を通じて社会に対して新しい提案を行うことを目標にしています。


当研究室での卒業研究作品 : mokunone ―木琴を活用した呼び鈴―

主な研究テーマ

  • 人とモノ(道具)との関係に関する研究

指導教員

木村 元彦 准教授 (キムラ モトヒコ)

専門分野

  • プロダクトデザイン
  • 環境デザイン

教員メッセージ

プロダクトデザインは、私たちが日々使う様々なものをデザインします。ものの色や形はもちろん、機能性やユーザビリティ(使いやすさ)、いつどこで誰が使うのか等、考えなければならないことはたくさんありますが、デザイナーは常に自分ではない誰かのために提案する人たちです。
その提案を通じて、私たちの生活がどのように変わるのか、どのように良くなるのか、多くの人々の生活を考え、想像し、デザインすることの楽しさや歓びを感じてみませんか?

在学生メッセージ

プロダクトデザイン研究室1では幅広く様々なモノのデザインに触れ、関心を持つことができる研究室です。プロダクトデザイン研究室2との交流も活発で、学生同士でデザインについての考えや意見も積極的に話し合います。先生方とも気軽に課題や進路の相談や時には他愛もない雑談もでき、研究室全体がコミュニケーションをとりやすい環境にあります。また、研究室内には多数の書籍があり、自分の研究テーマに関して調べたりする際に活用できるのも魅力です。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content