OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

生命工学科 食品微生物学研究室1


水の沸点である100℃のような高温で生育できる超好熱性菌とそのファージは、茹であがらないタンパク質、脂質、DNAなどを持っています。これらの生体成分がなぜ茹であがらないかを、タンパク質などの構造と機能の特徴から明らかにし、得られた知見を利用して、遺伝子工学的手法を用いて、ヒトや大腸菌のような常温性生物の安定性に欠タンパク質や酵素の安定化や機能の改善を図り、産業に有効利用できる方法を見出します。このように、色々な微生物の働きの特徴を分子レベルで明らかにし、得られた知見に基づき生活、医療、工業、農業などにより役立つ技術の開発を行う研究を進めていきます。


主な研究テーマ

  • 好熱菌由来の耐熱性新規酵素の発見、機能と構造解析、産業利用の開発
  • 極限環境微生物のウイルスの分離、同定と産業利用
  • マツタケの生育と子実体形成の分子生物学的解明
  • 微生物・酵素電池の開発
  • 藍染の生物工学的解析と染色工程の改善

指導教員

大島 敏久 教授 (オオシマ トシヒサ)

専門分野

  • 応用微生物学 (Applied Microbiology)
  • 酵素工学 (Enzyme Technology)
  • ゲノム微生物学 (Genome Microbioloy)
  • タンパク質工学 (Protein Engeneering)

教員メッセージ

多種多様な微生物や酵素の素晴らしい能力を分子レベルで解明し、私たちの生活に活用する研究を行なっています。研究には生物学だけでなく、化学、物理学、語学も必要です。

この研究がかなえる未来

新しい酵素が開発できれば、それを利用した、食品中の有効成分の測定や血液中の成分分析からの病気の診断に利用できる。また、酵素反応を利用して新規な抗がん剤、医薬品原料、藍染染色、発酵食品などの開発を可能にします。キノコの分子生物学的研究により、マツタケなどの増産を可能にします。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content