OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報システム学科 認知工学研究室


提示する情報,情報の提示の仕方を工夫して,ユーザに新たな行動を創出する.
認知工学とは、認知科学や心理学の知見に基づき、人の認知や行動の特性を考慮してモノの設計を試みる研究分野です。本研究室では、人と人、人とモノ、人と計算機のインタラクションを考え、コミュニケーションや行動を支援することを考えます。人に特定の行動を促したり、行動の支援したり、また人に嬉しい、楽しいなどの感情を与えるようなインタフェースに関する研究を行っています。


提示する情報,情報の提示の仕方を工夫して,ユーザに新たな行動を創出する.

主な研究テーマ

  • 推薦スポットの情報提示法が観光経験の印象に与える影響の検証
  • 多様なユーザを想定した被害状況・避難状況の共有システム
  • 地図情報の隠ぺいが観光行動に与える影響の検証
  • 思い出共有によるコミュニケーション支援システム
  • 無言語化による避難行動支援システムのユニバーサルデザイン化

指導教員

泉 朋子 講師 (イズミ トモコ)

専門分野

  • ヒューマンインタフェース
  • 観光行動支援
  • 防災分野の行動支援
  • 思い出工学
  • 分散アルゴリズム

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content