OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

電子情報システム工学科 波動情報システム研究室


コンクリート壁の反対側に置かれた物体のマイクロ波電波によるレーダ画像
マイクロ波ミリ波帯のレーダセンサー全般について研究を行っています。なかでも、電磁波散乱情報による画像処理、媒質特性計測法を強力に進めています。この応用により壁透過および土中埋設物の探知、生体断層画像、空港等でのセキュリティチェックが可能となります。その他に、近傍の電磁界を計測して遠方に変換処理する新しい理論と実験も行っています。これにより大きなアンテナや物体の放射散乱特性の測定が可能となり、自動車衝突防止レーダなどのシミュレータ開発にも応用できます。また、必要に応じて特殊なマイクロ波デバイス・アンテナを開発し、電波評価ソフトウェア開発のために電磁界の散乱特性の理論解析、コンピュータによる立体画像の取得と編集方法などにも取り組んでいます。


コンクリート壁の反対側に置かれた物体のマイクロ波電波によるレーダ画像

主な研究テーマ

  • 近距離用レーダセンサーのシステム、レーダ信号処理に関する研究
  • レーダ画像生成処理に関する研究
  • 地球環境観測のための森林等の空間分散物体の誘電率など電波計測に関する研究
  • レーダクロスセクション・回折・散乱などの電磁界理論、近傍界遠方界変換、ドップラ波動理論
  • マイクロ波ミリ波帯の特殊なアンテナ、受動回路デバイスの研究開発

指導教員

小林 弘一 教授 (コバヤシ ヒロカズ)

専門分野

  • 電波工学
  • 電磁界理論
  • レーダ工学
  • アンテナ・マイクロ波工学

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content