OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

電子情報システム工学科 創作情報工学研究室


創作物は画像や文字で人の日常や架空の世界のストーリーを表現する感情・行動・状況・情景のパターンの情報が凝縮されたビッグデータと捉えることができ,コンピュータに学習させることができる魅力的な対象です.
本研究室では,小説・漫画・写真などの創作物を創り,読み解く過程のデータを収集し,人工知能分野で拡がる画像処理・自然言語処理・機械学習・人とコンピュータ間の対話的なソフトウェアの開発などに基づき,創ることを支援する研究を進めています.


主な研究テーマ

  • 写真画像のプロ知識に基づく自動評価手法の提案
  • 小説の創作支援のための登場人物情報の自動抽出
  • 4 コマ漫画のストーリー理解を目指したデータセットおよび深層学習フレームワークの構築

指導教員

上野 未貴 講師 (ウエノ ミキ)

専門分野

  • 感性情報処理
  • ヒューマンエージェントインタラクション

教員メッセージ

同じ景色を共に見ても,考え方・感じ方・表し方が違うことを,もどかしいけれど面白いと思いませんか.あらゆる人の思考や感情をどう数値に表せば,人らしさに近づくのでしょうか.プログラミングで実現するには,内部的にはすべて数値で表す必要があります.
人の知的で複雑に見えて単純な部分もある,計り知れないこころを,表しきれると情緒がないようにも思いますが,コンピュータ上で実装し,解析して迫り知りたいという好奇心と葛藤が私の研究の根です.
知識・経験・想像に基づいて誰かが編み上げたストーリーを訪ねることは,思考過程を旅して誰かの内側の世界を訪ねることと似ています.画像や文字の数値計算可能な情報として知ることができるあらゆる世界を,人が多数のパターンから特徴を捉えて学ぶように,コンピュータにも学ばせる独自の方法を考えてみませんか.

この研究がかなえる未来

コンテンツを創るときに情報を提示して助言をするなど人が創る支援するアプリケーションを構築し,誰もが創り手になる可能性を広げます.ある時点の感情・状況・背景知識に基づき,機微を穿ち,人と良い形で協調できる情報システムの構築へつなげます.

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content