OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

電子情報システム工学科 光エレクトロニクス研究室


低コヒーレンス干渉計による光計測の実験
光学とエレクトロニクスの両方にまたがる分野の研究をしています。理論計算をもとに研究に必要な装置・電子回路・ソフトウエアなどは自作する方針をとっています。光ファイバ通信で使用される光ファイバ型デバイスや、微小形状を測定する光計測技術、光センシングおよび画像計測などが主な研究テーマです。光ファイバ型デバイスでは長周期のファイバグレーティングに関する研究、光計測技術においては共焦点光学系やOCT光学系の研究、光センシングでは光学式ギターピックアップの開発、画像計測では全焦点画像解析技術の研究など幅広く行っています。


低コヒーレンス干渉計による光計測の実験

主な研究テーマ

  • 光ファイバ型デバイスに関する研究
  • VCSELを用いた共焦点光学系に関する研究
  • 光学式ギターピックアップに関する研究
  • 全焦点画像解析に関する研究

指導教員

西 壽巳 教授 (ニシ ヒサミ)

専門分野

  • 光エレクトロニクス
  • 光学評価
  • 光学設計

教員メッセージ

光は目に見える最も身近な「電磁波」の一種ですが、その特徴を生かしていろんな分野で応用されています。エレクトロニクス(電子工学)と融合した光エレクトロニクスの分野はますます発展していく可能性に満ちた領域です。実験を通して現象が目に見える面白い世界ですので、興味があれば研究室を覗きに来て下さい。新しい発見を行うには、数学などの基礎的学力も必要ですが、「面白そうだ」と興味をもったら、「何故、そうなるのだろう?」と現象を解き明かす熱意も必要です。
努力と熱意そして夢を持って!

在学生メッセージ

就職戦線を勝ち抜くには
 1. 努力と改善
 2. 熱意と志し
 3. 可能性と夢
が備わっていれば無敵です。  数学・英語などの基礎学力は勿論必要条件ですが

この研究がかなえる未来

電気信号から光信号へ置き換わり、より高速、より高精度、そしてより安全な世界へ

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content